店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 10日

いただき物

 最近、相次いですばらしい「いただき物」をした。とても嬉しいことが連続で起こったのだ。
 
 まずはじめは・・・。
 家族で海水浴へ行ってきたという、当店のお客さんである「恐怖のおまんじゅう屋・Fさん」から、素敵なお土産をいただいた。

b0193874_1722282.jpg

 アメリカはロスに本拠地を構えるH&H社というマイナーなメーカーの'Killer Frog'というプラグだ。 このプラグ、ボディはホワイトシダー(杉材?)製だが、後半は柔軟性のあるラバーレッグとなっている。どんな動きをするのか泳がせてみたいが、パッケージから出してしまうのも惜しい気がする。雷魚に使ってみたいなぁ~。でも、レッグが切れたり、木製のボディが雷魚の歯形でぐちゃぐちゃになっちゃうかも。悩むね~。 このルアー、フロッグルアー大好きの僕にはたまらない魅力を備えている。
 何でも、釣具店とも民家とも区別のつかないような、海岸沿いの「お店?」で購入したそうだ。それにしても、Fさんは事あるごとに店主の「心臓を鷲摑み」にするようなお土産を持ってきてくれるのだ。今回はこのルアーのほかにも、いくつかの「心臓鷲摑みルアー」をいただいたが、その話はまた今度。

 もうひとつのいただき物、まずは画像をご覧あれ。
b0193874_17223317.jpg

 この刻印にピンときた人は、ヴィンテージ・フライタックルのマニアの方にちがいない。 そう、このロッドは伝説のH.L.Leonard社のTow Handed Salmon Bamboo Fly Rodだ。 オールコルクのリールシートやジャスパースレッドの段巻きなど、オールド・テイストがプンプンのスリーピース/スリーティップ。 多分、1940年代頃の一本だと思う。 大先輩の釣り師でありお客さんであるYさんから戴いた。「もう使わないから、お店のディスプレイにでもしてよ!」・・・と、こんな貴重なロッドを惜しげもなく持ってきてくれたのだ。 チョー嬉しい!!! ありがとうございます!!  もちろん、近いうちにお店のフライコーナーにディスプレイさせていただきます! ・・・が、コツコツとレストアして、いつか北海道のイトウ釣りにもご同伴願おうかと思っております。

 それにしても、釣具屋の店主がお客さんたちから釣具を戴いて喜んでいる図って、どうなのよ? ・・・と、自分でも思いますが、嬉しいものは嬉しいのだから、仕方ないのだ!

 Fさん、Yさん。貴重な貴重なタックルを本当にありがとうございました。 足腰立たなくなり、釣りに行けなくなるその日まで大事にしていく所存でございます。 この場を借りて厚くお礼を申し上げます。



 
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-10 18:01 | 古典的釣道具


<< ニホントカゲ      Bomber なのに・・・?! >>