2010年 11月 01日

日本一の雷魚のサイズって・・・

 先日、書庫を整理していたら懐かしい雑誌「フィッシング」が出てきた。ちょっと読んでみると今でも十分に楽しい内容に、整理する手も止まりがち・・・。 すっかり「読み」の体勢に入った店主は、ふとあることが思い浮かんだ。 「この雑誌の山のどれかに、日本一の雷魚の記事が載っているはずだ・・・」と。

 フィッシング誌の姉妹誌にSports Fishingというのがある。店主はその中の「ライギョゲームの楽しみ方」を今でも大事に所有しているのだが(関連記事: http://www.c-creek.com/tubuyaki2009.htm 参照)、その雑誌に当時盛んに行われていた「ライギョダービー」の記事があった。 その中には、1979年のライギョダービーに121cm(!!)の雷魚を申請してきた少年の直筆の感想文が添えられていた。
b0193874_1685023.jpg

 これがその「ライギョゲームの楽しみ方」だ。 しかしそのライギョダービーの記事には、121cm雷魚の写真は掲載されていなかった。 その巨大な雷魚の写真が見たい! と~~っても、気になっていた。 

 書庫を整理していた店主は、おぼろげな記憶の彼方に、ライギョダービー結果報告という形で、本家フィッシング誌に121cm雷魚の写真が載っていたことをふと思い出したのだ。 とりあえず、書庫の中の79年前後のフィッシング誌の記事を片っ端から調べる・・・と、ありました、ありました!
b0193874_1691212.jpg

 80年1月号。まだ若かりし頃の「辰アニイ」の表紙。ギンガメアジ釣ってる。 


b0193874_1693070.jpg

 ジャジャ~ン! 遂に-1.21mのスーパーライギョ! 写真だけをクローズアップすると・・・


b0193874_1695638.jpg

 記事中の文章には、「体長確認のため、申請写真をスライドに写し出し、1m21cmまで拡大して、エントリーカードを検討したところ、本人の申請通り間違いのないことが判明した。(原文のまま)」とある。 
 漫画「20世紀少年」の話の中でも出てくる巨大ライギョ。昔から雷魚には巨大魚伝説がつきまとうが、実際に確認ができている公認記録としては、この121cm雷魚が最大なのではないだろうか?
 
 それにしても夢がありますね、121cm。 こんな魚がニッポンの淡水に居るのかと思うとワクワクします。
 

b0193874_16101024.jpg

 オマケをもうひとつ。 121cm雷魚の写真を探していると、もうひとつ興味深い記事を発見! 上の写真の魚、ライヒー(タイワンドジョウ)だそうです! 関東甲信越以北に多いカムルチーに比べ、中部以西に生息するライヒーは、一般的に小型(最大でも60~70cm)だと言われている。 しかし、写真下のキャプションを見ると、なんとなんと、84cm! フィッシング誌79年12月号より。 シビレるね~。
[PR]

by ccacc99 | 2010-11-01 17:17 | 大口黒鱒・雷魚・鯰


<< North Creek 始動。      こんなの、いかが? >>