店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 11日

Kuramochi rod co. 'Neo Classic' Bait Casting Rod

 クラモチロッド(Kuramochi rod co. )は、フライロッドとバスロッドを製作する一風変わった工房。 そして、製作者の倉持さんはフライフィッシングにもバスフィッシングにも深い愛情を持った類稀なビルダー。 彼のラインナップには、フライロッドにもバスロッドにもバンブー素材とグラファイト素材のシリーズが存在するが、今回は店主のためにカスタムメイドされたサーフェスプラッギング用グラファイト・ベイトロッドをご紹介。
b0193874_1502932.jpg

 ネオ・クラシック50S。
 ブランクは、倉持さんが独自にデザインしたスローテーパーのグラファイト素材。


b0193874_1505081.jpg

  一見、スピニングロッドのように見えるグリップ部は、店主の好みの「トリガー無しのストレートタイプ・グリップ」。 ヘドンやフィリップソンなどの初期のバンブー製ベイトロッドによく見られた、伝統的なアーリーアメリカン・スタイルなのだ。トリガーグリップを見慣れた目には奇異に映るかもしれないが、コレって慣れると結構使いやすいのだ。何より、個性的でカッコイイしね!


b0193874_1511398.jpg

 バット部のインスクリプション。
 ブランクはスローテーパーでありながら十分なトルクがあり、1ozクラスのプラグも無理なくキャストが可能。店主も45クラスのバスを何本か上げていますが、必要にして十分なパワーを備えています。


b0193874_1513131.jpg

 店主の愛竿は、今はなきフェザーウェイト(Feather weight)社製のオールアルミ・リールシートが装着されている。 


b0193874_1514248.jpg

 バットキャップもフェザーウェイト社製。


b0193874_1515760.jpg

 ガイドは昔々のFuji社製SHGレッドリングガイド。これもデッドストック。

 今年もこのロッドにフローターを担ぎ出して、のんびりとしたバス釣りを楽しもうと思っております。

 このロッドは店主のモノでもありますが、当店のデモロッドでもあります。 ご来店されたお客様のなかでご希望の方には、キャスティングプラグを付けて実際にキャストしていただけます。また、似たような仕様のロッドも製作が可能です。
 基本的にクラモチロッドはカスタムオーダーを承ります。グリップやラッピングなど、お客様のお好みのままに製作させていただきます。 クラモチロッド・ネオクラシックへの詳細は こちら をご覧下さい。
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-11 15:50 | 大口黒鱒・雷魚・鯰


<< フロッグカラー      お年玉 >>