店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 21日

ウォルトン・パウェル

 冬の間にレストアしていたバンブーロッドをライギョ釣りに投入してみました。 このロッドはフライフィッシャーマンにはおなじみの故ウォルトン・パウェル爺さんがこしらえた「六角竹製ボートロッド(?)」なのですが、訳あって店主のもとへ嫁いで来ました。ライトカバーのライギョ釣りに良さそうな硬さと張りがあります。
b0193874_16354314.jpg

 使い手は釣りが下手なので(笑)、デビュー当日は惜しくもライギョ・キャッチには至りませんでしたが、感触は上々! 暗くなるまで釣りに没頭してしまいました。

 その晩は帰宅が遅かったので、翌朝(昨日)、車の中の釣具を降ろそうとしたとき、パウェルロッドが無いことが発覚! 釣り場へ忘れてきてしまったのです。もちろん顔面蒼白です。 高速で片道約2時間の釣り場へ急行したのは言うまでもありません。でも、ロッドを置き去りにしてから半日以上がたっています。 釣り場までの道中は、ロッドがまだあるかどうかで気が気ではありません。半分は諦め、半分は期待・・・という感じです。

 お昼過ぎ、釣り場へやっと到着。急いで探しますがロッドはどこにも見当たりません。 「やっぱり誰かが拾って行っちゃったかな~。帰りに最寄の警察署に寄って、紛失物の登録をして帰ろう・・・」と、何気なく足元の茂みに目をやると、キラッと何か銀色の光るモノが・・・。 「!!!」 急いで茂みの草を掻き分けると、そこにあったのはパウェルロッドではありませんか!キラッと光ったのは金属製のリールシート部分でした。
 「よかった~~~!」 久々に大声で叫びましたね。
 そういえば、釣りを終えて道具を仕舞うときはすでに薄暗かったので、誤って踏んづけたりしないよう、横の茂みの中にロッドを寝かせておいたのでした! バンブーロッドだったので、枯れた茂みの色と竹の色が上手くマッチして、誰にも見つからなかったものと思われます。 ラッピング(巻き糸)が緑色だったのも功を奏しました。

 やっぱり店主のもとへ帰ってきてくれたパウェルロッド。 近いうちにリベンジマッチへ行こうと思っております。 もう、何があっても君を放さないよ!
[PR]

by ccacc99 | 2011-05-21 17:16 | 大口黒鱒・雷魚・鯰


<< Rattytwister取り扱...      Kustom Baits &#... >>