店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 29日

究極! ミズタニ タイイングシザーズ Kava(カヴァ) 取扱い開始。

 水谷さんはフライフィッシング愛好家。 水谷さんは理容鋏製造の職人さん。 水谷さんは研究熱心。 ・・・そんな水谷さんがフライタイイング用のシザーズ(鋏)を開発したのは偶然の奇跡のようでもあり必然でもあったのだと思います。

 数年前に当店に遊びに来られた時は、「タイイング用のシザーズを開発中です」なんて話をお聞きしていましたが、ここまで研究して作られていたとは思いませんでした。

b0193874_17475184.jpg

 あまりの美しさに見入ってしまうようなデザイン。このデザインだけでも刃物好きの人たちにはたまらないですよね。

b0193874_17481547.jpg

 カタログ2冊。 手前がタイイング用シザーズKava(カヴァ)のカタログで、後ろが本職の理容用のシザーズのカタログ。 水谷さんの丹精込めた鋏には世界中にファンがいるのですね。店主は今まで何にも知りませんでしたが、その筋ではみんなからリスペクトされている存在みたいです(笑)。

b0193874_17483665.jpg
b0193874_17484475.jpg


 基本的にはセミ・オーダーで生産されるシザーズは、使い手の好みによって刃先の形状やリングのサイズなどを注文可能です。 また、ここでは書ききれませんが、例えば刃の開閉のテンションを自分で好みの堅さに調整可能な機構など、使い手の事を考え抜いた機能がこのシザーズの中に沢山備わっています。これも、水谷さんがフライタイヤーという側面からも考え抜いているからだと思います。

b0193874_17503863.jpg

 肝心の切れ味は、一言で言うと「ヤバい!」って感じです。店主はもうほかのシザーズには戻れないですね。あまたのタイイングマテリアルの切断テストの結果、ナノパウダーメタルという鋼材を採用しているとのことです。上画像はエルクヘアーのカット面の比較です。

 長年の使用により切れ味が鈍ったり、故障した場合は水谷さんが修正後送り返してくれます。いわゆる一生モノ。 コレさえあれば、タイイング用シザーズは一生買い替える必要がありません・・・というのは、言い過ぎかな(笑)。 刃物好き人間でなくても、タイヤーなら用途に応じて何本か注文したくなっちゃいますね。
 気になるお値段はベーシックなもので本体価格¥20,000。左利き仕様は別料金となります。 ここまで作り込まれている物としてみると、店主にはとても安く感じますね。

 近いうちにホームページに詳細をアップしますが、すでに注文も承っております。お問い合わせやご注文、カタログ請求(送料はご負担ください)はお電話(027-289-2307)またはメール(curtiscreek99@gmail.com)にてカーティスクリークまでお願いいたします。 *ホームページに掲載いたしました。

 尚、店頭までお越しいただければ、店主所有のシザーズで ”各種マテリアル切断体験"キャンペーン中です(笑)。是非お越しくださいませ。
[PR]

by ccacc99 | 2015-03-29 18:32 | 入荷


<< Dry Flies      Bass Bugging Pr... >>