2016年 08月 12日

ライギョ通信 2016

 お盆休み突入ですね。店主は昨日、久しぶりにライギョ釣りに行ってきましたよ。 同行者は当店で取り扱っているハンドメイドミノーメーカー・Y's GearのYさんと、いつもの友人H。

b0193874_17314728.jpg
b0193874_17321348.jpg

 日中はかなりの高気温が予想されます。「涼しいうちになんとかしたいなぁ・・・」ということで、日の出とともに釣り開始です。


 ライギョ初挑戦のYさんに「投げ方」や「合わせ方」などの簡単なレクチャーをしてからの第一投目。店主のフロッグが足元まで来たときに突然水面が大爆発! かなり大きなライギョのアタックだったけど、ビックリ合わせでルアーがすっぽ抜け。 かなり落ち込みますね。


b0193874_17325678.jpg

 先ほどの失敗を引きずる店主をしり目に、ライギョ釣り初挑戦のYさんのロッドが大きく撓ります。緊張のランディングでキャッチしたのは70クラスの立派なライギョ。さすがYさんですね~。出来過ぎです。



 お日様はどんどん上って、予想通りの暑さになってきました。もう、すでに釣れるモードが限りなくゼロに近い状態です。 それでも汗ビッショリで頑張っていると、店主のフロッグに「バフッ!」と突然のアタック! 少し送り込んでから合わせるとズッシリとした重量感。

b0193874_1733941.jpg

 手前の倒木の枝にラインを巻かれたりしてドタバタのランディングでしたが、ようやくキャッチしたのはYさんと同じような70クラスのライギョ! かなり嬉しい!

b0193874_17332261.jpg

 ヒットルアーはラッティーツイスター・ポケットマウスのダーデブルチューン。ヒットした際にポケットマウスの片目が取れちゃいましたが、このダーデブルチューン、店主的にはかなりの実績があります。通常のブレードとは違った、ダーデブルのウォブリングアクションの効果でしょうか? ダーデブルの中でも最小サイズのスキーター(2g)というモデルを使用します。


 一匹釣れるととたんに「今日はもうOK」モードになる店主。このあとも三人で日没まで釣り続けたのは言うまでもありませんが、幸運の女神が再び微笑むことはありませんでした。 でも、一日中釣りを「やり切った」ときの清々しさは他では味わえませんね~。
[PR]

by ccacc99 | 2016-08-12 18:34 | 大口黒鱒・雷魚・鯰


<< Abel製品やオールド物をアッ...      バスバグ(ディアヘアポッパー)... >>