店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 02日

Rod Building for Trout Fishing

いよいよ12月。今年もあとわずかですね~。
そんな昨今、途中まで作りかけてそのまま放置してしまった自分用のトラウトスピニングロッドのことを思い出しました。 今年の春に仕上げて、シーズン中は渓流で酷使するはずだったのですが、いろいろ忙しかったせいか、すっかり手付かずのまま忘れ去り、今に至ってしまいました。 これから少しずつ作業を進めて、来シーズンこそは渓流でデビューさせたいですね。
b0193874_12222276.jpg
ロッドの顔と言えるハンドル部には、昔懐かしいFuji社製ラバーグリップを使用します。

b0193874_12221350.jpg
ワンピースのカーボン製ウルトラライト・ブランクは、フェルールを製作してグリップに着脱できるように細工しました。 バス用ベイトロッドにはよく見られるグリップ着脱式ですが、この方法なら、アクションやレングス違いの他のブランクに交換が可能なので、様々なフィールドや状況に対応可能です。

b0193874_12223300.jpg
コルクやウッドのグリップに少し食傷気味だとお嘆きの貴兄(笑)には、このラバーグリップは新鮮に映るかもしれませんね。

あと数セット分の在庫はありますので、もしご希望の方がいらっしゃれば製作可能です。お問合せ、ご注文はメール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(027-289-2307)にてお受けいたしております。 よろしくどうぞ。



[PR]

by ccacc99 | 2016-12-02 12:46 | タックル


<< ストレートハンドル その3      Hardy Featherwe... >>