店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

第一回 カーティスクリーク雷魚釣りミーティングの報告

 先週末の土日、かねてから計画をしていた当店主催の「雷魚釣りミーティング」を開催した。 雷魚釣りミーティングといっても、「残暑厳しい真夏の2日間を、雷魚釣り愛好家が一緒に釣りをして親睦を図る」という趣旨なので、釣り大会などではない。
 ここ群馬県では雷魚釣り人口も雷魚釣り場もかなり少ないので、第一回目である今回の参加者はほんの数名。 まぁ、毎年続けていく予定の企画なので、初年度はこんなものかな。 基本的には、雷魚が大好きで、当店にちょくちょく遊びに来てくれている人ならだれでも参加OK。でも、当店のお客さんの中でも、雷魚が大好きという人は今のところほんの数名。かなりの少数派だ。

 初日の夜明けから、早速釣り開始。キャンピングカー班とエルグランド班の二班に分かれて別々の池を探る。店主を含むキャンピングカー班のフィールドは、ここのところたびたび訪れている池。この池は雷魚以外にも多種多用な生物が生息していて、釣れる釣れないはともかく店主のお気に入り。

 釣りを始めて数投目、早くも店主のネズミちゃんにアタックがある。朝から調子いい。同じコースへもう一度ルアーを通すと再度アタックがあるが乗らず。 移動しながらのランガン・スタイルへ釣りを切り替える。
 朝6時頃、ヒシ藻のカバーの先端にネズミちゃんが着水。しばらくポーズのあと、チョンとワンアクション加えたそのとき、「ズバッ」っという感じでルアーが消える。一呼吸置いてから思いっきりアワセるとすごいヘッドシェイクを始める。「これはデカい!」と慎重にファイトするが、問題は手前にある幅約30mの藻のジャングル。これを迂回して取り込むことは、まず不可能だ。 案の定、雷魚が藻の中へ入り、そこからは重労働。 息を切らしつつ、やっとのことで藻の塊ごと雷魚を岸辺に寄せる。 藻の塊の間から、今まで見たことが無いような大きな頭が見えた。 「90cmくらいはありますよ!」対岸で釣っていたWさんに声を掛ける。

b0193874_11263238.jpg


 感動で震える手を騙し騙し、雷魚にまとわり付いている藻の塊を除去する。  「・・・???」 確かに太い。以前に釣った80クラスのヤツより二周りほど太い。今まで見たことないくらいに頭もでかい。 しかし、長さがない。太さに比して長さがそれほどでもない。 試しにメジャーをあててみると80cmにも届かない。 どうやら超肥満(というより筋肉でビルドアップされているような感じだったが・・・)の雷魚だったようだ。

b0193874_11315324.jpg


 胴回りの太さが尾鰭のところまでずっと続いている感じだ。頭の後ろは全部ボディで尻尾部分が無いみたいな体形だった。人間で言えば胴長短足か(笑)? この体に通常の長さの尻尾部分をプラスすれば90クラスだったのに~! それでも、今まで僕が釣った雷魚のなかではカッコよさピカイチ! 素晴らしい魚体、素晴らしい出会いだった。

 その後、エルグランド班と合流して、釣り場の新規開拓をして回る。
 前から僕が目をつけていた場所へ行ってみる。しかし、釣人は皆無。岸際を小バスなどが泳いでいる。雷魚はいるのだろうか?
 日中の猛暑にやられギブアップ寸前、こんどはWさんのロッドが曲がる。

b0193874_11443332.jpg


 ほどよく日焼け(?)した65クラスの立派な雷魚。小魚を追い回していたところを、シルバーブレイド付きのフロッグで仕留めたらしい。さすがだ。

 その後もバラシなど多数あったが、エルグランド班のF君が一本追加して一日が終わる。 店主は朝の一本だけだったが、それで十分! とてもハッピーな一日だった。 
 温泉に入り、ステーキ屋さんで反省会(笑)のあと、二日目に備えて泥のように眠ったのは言うまでもありません。 この疲労感も雷魚釣りの魅力なのです。


 
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-31 12:11 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2010年 08月 30日

Kustom Bait's 'H'

 カスタムベイツ'H'より、更なる新作が入荷してきました。
 今回はちょっと多めに入ってきました。待望の「日本の固有種シリーズ」の第一弾となる「チャーリーキャンベル風ナチュラルヤマカガシ(幼体)カラー」も入荷。

b0193874_17323956.jpg

 詳細は http://www.c-creek.com/kbh.htm をご覧ください!

 P.S. 先週末の土日は、お店を休んで「第一回・カーティスクリーク雷魚釣りミーティング」を開催いたしました。 その報告は、次回に・・・。
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-30 17:38 | 入荷
2010年 08月 27日

雷魚釣り

 昨日の休日はまたしても雷魚釣り。
 ここ二週間ばかり魚の顔を見ていないので、今日こそは雷魚に遭いたいと朝から気合十分。 まだほの暗いうちからキャスティングを始める。
 始めて間もなく、ヘビーカバーの上を引いていたスナッグプルーフのネズミちゃんの周囲のヒシモが「モワモワ~」と動く。雷魚が追いたのだ。いつも思うが、この瞬間がドッキドキなのだ。 しばらくポーズしたあと、ネズミちゃんをチョンと動かすと、「バホッ!」という感じで雷魚がバイト。ここのところアワセが早めになっていると自覚していたので、いつもより1~2秒余分にグッと堪えてから大アワセ。

b0193874_1347225.jpg

 キャッチしたのは60クラスの元気な雷魚。 久々のお目見えに、もう嬉しくて嬉しくて・・・。
 早朝から雷魚と対面できて、今日はとても気分がよろしい。 この一尾で、やっと周囲を見渡せる余裕が出てきた。

 猛暑続きの今シーズンだが、今朝はとっても涼しい。風が心地よい。 近くを通りかかった散歩のおじさんと挨拶を交わすと、「昨日から朝夕は涼しくなってきたんだよ」とのこと。 今日はこのまま涼しい一日になりますように・・・との願いもむなしく、朝7時頃になると徐々に厳しい暑さになってきた。

 その後、釣り場を変えて別の池へ。
 しばらくすると、「雷魚釣り2回目・キャッチは未だゼロ」の友人Kのロッドが曲がっている。彼にとって生涯初の雷魚を見事にキャッチ!

b0193874_1405181.jpg

 写真を何枚か撮ってリリース。彼の嬉しそうな顔を見て、僕もなんだか嬉しくなる。
 そのすぐあとに、もう一人の同行者の友人Hも無事に雷魚をキャッチ。 朝のうちに参加者全員が雷魚をキャッチする・・・という、僕らにしてはスバラシイ快挙を成し遂げる。

 お昼近くに、更に別の池へ。
 この池はヒシモが立ってしまっていて、ヘビーカバーの部分が大半をしめている。 店主はスナッグプルーフ社の’フロッゴジラ’をキャスト。このルアーは、'Frogodzila' という名前の通り、その大きさから存在感は絶大。カバーが厚くなるほど雷魚の出は良いが、その大きさが影響するのか店主はフッキングには未だに至っていない。
 多分、フロッゴジラに変えて二投目だったと思う。あと5m巻けばピックアップ・・・というところでポーズを入れた。ルアーはそのまま、友人たちに気を取られ余所見をしていた。10秒くらい経っただろうか。いきなり「バフッ!」という音と共にラインが持っていかれ、ロッドに魚の重さが伝わる。我にかえり、ラインをちょっと送り込んでから思い切りアワセた。藻に潜られながらも強引に岸辺へズリ上げたのは、70クラスのとってもキレイで太った雷魚。フロッゴジラを口いっぱいに頬張っていた。 それにしても美しいね~。

b0193874_14304983.jpg

 その後、自動販売機のジュースまで当たりが出たりして、僕としては「ツキすぎ」の一日だった。もう今日は十分! ・・・でも、その後も暗くなるまでキャストを続けました。往生際が悪いのが僕らの持ち味だからね。
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-27 14:55 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2010年 08月 25日

ジャパニーズ・スネークカラー

 店主の要請で Kustom Bait's 'H' がハンドペイントした日本の固有種シリーズ第二段が仕上がってきた。名付けて「チャーリーキャンベル風ナチュラル・アオダイショウ(幼体)」! まずはご覧あれ!

b0193874_1571745.jpg
b0193874_157513.jpg


 成体のアオダイショウはその名前の通り青灰色の体色をしているが、幼体のうちは鎖状の模様が入っているものが多い。その模様はちょっと見るとマムシのそれに似ている。 今回はその鎖模様の幼体を忠実にペイント。

 以前に納品された「チャーリーキャンベル風ナチュラル・ヤマカガシ(幼体)」と一緒に並べてパチリ。
b0193874_1594633.jpg

 どうです、この質感。

 更にお腹の辺りを拡大すると・・・。

b0193874_1512238.jpg

 どちらも現行のオリジナルザラスプークにハンド・イラストレイティングしたものだが、その細部にまで拘った仕上がりは正に圧巻。 ヘビ嫌いの人が見ていたらゴメンなさい(笑)。

 近いうちに、この「日本の固有種カラー」のルアーも入荷して参ります。 ご期待ください!
 Kustom Bait's 'H' の他の作品や販売品などは http://www.c-creek.com/kbh.htm をご覧ください。
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-25 15:34 | マニアック
2010年 08月 24日

白鯨ならぬ白鯰

 当店の近くのナマズポイントは河川。 異常気象の影響か、今年は水位も水温も一定せずなかなか良い釣りが出来ないでいる。
 そもそも、当店周辺の河川でナマズが釣れると判明したのは、かれこれ10年近く前に、店主が投げたヤマメ狙いのミノープラグにナマズがバイトしたことから。 当店周辺の河川のナマズは、ヤマメと同じ水域に住み、トラウトが好むような瀬の中でもルアーにバイトしてくる。 昼間ヤマメが釣れたポイントを、夕方になったらバスプラグで攻めるのだ。 ちょっと独特な釣りでとても楽しい。

 数年前のある夜、お店を仕舞ったあと、いつものように一人でナマズ釣りへ。 
 ちょうどコイたちの産卵期で、真っ暗な岸辺の水面には、巨大なコイの群れがいて、不意に近づくと「ゴボッ」と音を立てて逃げていく。 そんなことを繰り返し、ほとんどのポイントがつぶれてしまった。
 22時過ぎ。ナマズの気配は全く無いので、今日は諦めることにする。 最後に大ゴイたちが群れていたポイントを覗いて帰ることにした。 ポイントに近づくと、巨大なコイたちが数匹、背中を出して浅瀬でウネウネしている。
 「・・・!」 その中に白い魚を発見した。 でもすぐに「な~んだ、白いニシキゴイか~。」と納得。 もう帰ろうかと思ったが、「もしかして、コイたちが生んだ卵を狙ってナマズが近くにいるかもしれない」と考え直した。 まっ暗闇の中でも標的として見やすかったので、その白いニシキゴイの向こう側へロングA(15A)をキャスト。何気なくリーリングしていると、そのニシキゴイがルアーの方へ反転した。「おっ、コイもロングAに反応するのか~」なんて思った途端、ロッドに衝撃が走る。 「うわ~、コイがスレちゃったのか~?」 先ほどのニシキゴイがグネグネと動いている。 しばしのやりとりの後、浅瀬にズリ上げた魚体をみて超ビックリ! 長いヒゲが生えている~。 ニシキゴイかと思っていたヤツは、見たこともない純白のナマズだった。 ロングAを頭から咥えていた。

b0193874_15334182.jpg


 「主を釣っちゃた! きっと祟りがある!」 瞬時にそう思った。
 早く水へ返さなくちゃ・・・と思い、あわてて写真を数枚。興奮のためかフックを外す指が震える。そしてリリース。もちろん、すぐに釣り場を後にした。

b0193874_15385787.jpg


 アルビノのナマズかと思っていたが、後で冷静になって写真を見てみると目の色が赤くない。アルビノではないようだ。 熱帯魚屋のオネエさんに写真を見てもらったところ、アルビノではなく’白変種’ではないかとのこと。いずれにしても、自然界でよく目立つ白い個体は、捕食者などの目をかいくぐりここまで大きくなるのはかなり稀だそうで、マニアの間ではとてもレアな存在のようだ。
 
 でも、アイツはやっぱり主だったようです。 だって、白ナマズを釣ったその夜から僕は発熱に襲われたのだから・・・。 祟りだったのかな~。 リリースしたから助かったのかも!
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-24 16:04 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2010年 08月 23日

ついに始動! Kustom Bait's 'H' 入荷!

 大変長らくお待たせいたしました。少量ですが、ついにカスタムベイツ'H'の作品が入荷して参りました。

b0193874_1323353.jpg

 今回はマスプロルアーにカスタム・イラストレイティングを施した三点。 どれもこれもワンオフ製品のため、同じ製品が今後入荷するかどうかは全くの未定となります。 
 ご興味のある方は http://www.c-creek.com/kbh.htm までお願い致します。
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-23 13:29 | 入荷
2010年 08月 22日

北からの便り

 北の大地・北海道では、ピンクサーモン(カラフトマス)釣りの最盛期を迎えている。 カーティスクリーク・ダーデブル推進課・北海道出張所(笑)では、サーモンフィッシングの試釣を行った。以下は、その報告。

 フィールドは知床の海岸。 事前情報から、14g前後のルアーのみを持参した。 

b0193874_13332569.jpg

 結果は良好で、数本のカラフトマスのキャッチに成功。画像はそのうちの一尾。 銀ピカのフレッシュな魚体は、強い引きを想像させる。

b0193874_13361818.jpg

 ルアーはダーデブルのコピーキャット・インプ14g (品番74336)。 この魚の他にも、かなりの数を掛けたらしい。12ポンドのフロロを使用したが、ラインブレイクや根掛かりなどでロスト多数。次回はラインシステムをしっかりしたものにしたい。
 この日入ったポイントは水深が浅めだったため、もう少し軽い7~9g前後のルアーも持参したほうが良かったとのこと。ダーデブル・スピニー7gやコピーキャット・スキャンプ9gも必携だ。

b0193874_16103110.jpg

 持参したダーデブルをほとんどロスしてしまったため、フライロッドに持ち替えてキャッチした一尾。
 
 今度は、ダーデブルでドッグサーモン(シロザケ)にも挑戦の予定。引き続きレポートいたします!
 
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-22 16:23 | 鱒・鮭
2010年 08月 21日

ニジマス好き

 ここひと月ほどご無沙汰だが、店主はもともと渓流釣りが大好き。 子供の頃から父に連れられ、あちこちの川へ出掛け、渓流魚たちと戯れていた。 後にルアー釣りやフライ釣りを始めると、ますます渓流釣りに傾倒していき、現在に至る。 そんな店主だが、渓流魚と呼ばれる鱒属の中でずっと憧れ続けているのは、ヤマメでもイワナでもなく、「野生のニジマス」なのだ。
 中学生の時、近所のスーパーの雑誌コーナーで立ち読みした鍛治 英介氏の好著、「北海道の湖と渓流」のカラーグラビアのニジマスの写真を見た時の衝撃は、今でも忘れることが出来ない。それまで放流ニジマスしか見たことがなかった店主は、フェンウィックのフライロッドと共に並べられたこの写真のニジマスの美しさと迫力に、ただただ感服したものだ。 それまで見ていた、肌ツヤの悪い、尻尾の丸い放流ニジマスとは、「まるで別の魚」に思えたものだ。
 日常的に釣っていたヤマメやイワナより、なかなかめぐり合うことができない「野生のニジマス」を釣ってみたいという思いは、いまの店主の釣りに大きく影響していると思う。

b0193874_15152281.jpg

 画像は、今年の北海道釣行の時に釣った小型のニジマスだが、この姿態から大自然の中で生まれ育ったことは一目瞭然。この一尾を見たとき、あまりの美しさに時を忘れた。

 その鱒をリリースしたそのすぐあとに、大人の鱒が掛かった。 3Xのティペットでも「ヤバイ」と思わせるそのダッシュ力は脱帽もの。 延々と続くやりとりの末、ようやく我が手中に宝石が・・・。

b0193874_152237100.jpg

 美しさはもちろんだが、その猛々しいファイトと立派な体躯に、今度はしばし言葉を失った。 

 ヤマメやイワナに比べて、ニジマスのことを低く見ている釣り人が時々見受けられます。 釣りなんて遊びの一環だから、自分の好きな魚を追い求めればいいのだし、他人からとやかく言われる筋合いはありません。ニジマスの事をどう思おうと個人の勝手ではあります。でも店主からすると、ニジマスの本当の素晴らしさを知らないなんて「もったいない!」と思うのです。 そこで渓流釣り師の一人として、お節介を承知で一言。 
「一度腰をすえて、本物の野生のニジマスと対峙してみてください。」


 
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-21 15:57 | 鱒・鮭
2010年 08月 20日

釣れない釣りでも楽しい!?

 先週・今週と二週続けて休日に雷魚釣りへ行ったが、まるで釣れない。 先週は台風直撃の日の釣行だったので諦めもついたが、満を持して挑んだ今週もまるでダメダメ。一日中いくつかの池を回ったのだが、行く先々で雷魚のアタックはあるものの、全くフックアップしない。たまにフックに乗っても、しばらくすると全部バラしてしまう。 まったく下手ですね~。もう、まるで釣れる気がしない。

b0193874_18261547.jpg

 でも、こんな感じの池で釣りをしているせいか、様々な生物に出会えるので、生物大好きな店主としては、釣れなくても雷魚釣りは楽しいのだ(ちょっと、負け惜しみ・・・)。  カエルやカメはおなじみだが、トンボなどの昆虫の多さに改めて驚いたりする。

b0193874_18344450.jpg

 このトンボ、コシアキトンボという。 頭と尾の先の黒色に対して、腰のあたりが白く「色が空いている」からこの名前が付いたのだろうか?その配色の妙は、バスプラグのカラーリングを彷彿とさせる。この個体はオスのようで、同種のトンボが近くを通る度に飛び立っては、なわばりから追い払っていた。
 この池には、このコシアキトンボの他に、ギンヤンマ、シオカラトンボ、ナツアカネ、イトトンボの類などが確認できた。店主のつたない知識でも、これだけの種類を確認できたのだから、トンボのマニアだったらもっと沢山の種の判別ができるだろう。  そういえば釣りの最中、雷魚がトンボを捕食する場面にちょくちょく出くわす。初夏のチョウトンボに始まり秋のアキアカネまで、雷魚にとってもトンボは重要な餌なのだ。 カエルもカメもフナも雷魚も、これらトンボなどの昆虫に支えられて生きているのだ。
 
 雷魚がよく釣れるフィールドは、トンボなどの昆虫をはじめとした小動物たちの宝庫なのです。
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-20 20:07 | 生物
2010年 08月 18日

新東亜交易

 タイトルを見てピンと来たりニヤッとした方々は、アラフォー以上の完璧なオッサンです(笑)。
 新東亜交易・・・三平・開高世代にはなんと懐かしい響きでしょう! ルアーやフライフィッシングがまだまだ神秘のベールに包まれていた時代、僕等はとにかく情報に飢えていた。「つり人」誌や「フィッシング」誌のルアーやフライの記事を穴が開くほど読みふけっていた。釣具店で時折もらえる、各社のカタログなども貴重な情報源。とても大切にしていた。 
 物持ちの良い店主は、当時のカタログや雑誌などを、いまだに結構所有していたりする。 
 そんななかの一冊がコレ。新東亜交易 '83/'84 のカタログ。

b0193874_19211472.jpg

 表紙に写るのは、中禅寺湖の生き字引(当時)、伊藤翁であります。伊藤翁は、中禅寺湖畔にあった東京アングリング&カンツリー倶楽部の・・・と書き出すとキリがないので割愛するが、日本のルアーフライ創世記からの生き証人(当時)だったのである。 話は変わるが、向かって左に写っている少年、現在では完璧なオッサンに違いない(笑)。今でも釣りをしているのだろうか?
 そんなことより、チラッと中身を見ると・・・

b0193874_19282188.jpg

 Bomber社のページ。カラーチャートには、憧れの「ホネホネ・カラーのスピードシャッド」が・・・。このホネホネ・カラー(当時はそう呼んでいた)の一部は新東亜交易の特注カラーなので、本国のアメリカ市場では存在しないカラーなのだ。 こんなことなら、当時、借金をしてでも買っとけばよかったなぁ~。
 他のページをもういっちょ。

b0193874_1933586.jpg

 悪魔印、ご存知ダーデブル! 現在は群馬県渋川市の怪しい釣具店 (あっ、カーティスクリークだっけ?) が細々と輸入しているに過ぎないが、当時、ダーデブルのスプーンは全国の釣具店で取り扱われていたものだ。 少年時代の店主は、あの悪魔マークにシビレていたが、当時の少年にとって、価格があまりにも高価 (一個¥700~¥800はしたかな) だったので、1個か2個しか持ってなかった。
 今でも、当時とほとんど同じ仕様でルアーを製造しているエッピンガ-社(ダーデブルはブランド名)には、本当に頭が下がります。 だてに100年もルアー作ってないね!

 当時の新東亜交易が扱っていたルアーメーカーは、ラパラ、ダーデブル、アーボガスト、ボーマー、スティングジルダ、ルブレックス、メップス、ミッチェル、ガルシアなど。 カタログからは、当時のメーカーや釣り人たちのルアーフィッシングにかける「アツさ」が伝わってきて、今見ても十分に楽しい一冊です。
 こういう、夢のあるカタログって、最近見てないなぁ~。
[PR]

by ccacc99 | 2010-08-18 20:02 | マニアック