<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 31日

Walton Powell

 パウェル(Powell)家は、アメリカ西海岸で代々竿作りやプロショップを受け継ぐ家系。 ウォルトン(Walton)の父・エド(E.C.Powell)によるスプリットバンブーの中空化は、現代の釣竿に大きな影響を与えたことで有名な話だ。そんな父を持ったウォルトンは、物心ついた頃からロッドメイキングを手伝い始める。 後に父から独立を果たすが、バンブーロッドメイキング一筋の父とは異なり、グラファイト、グラス、バンブーとウォルトンは様々な素材でロッドを作り続けた。
 ウォルトン亡き今、企業買収により、パウェル家はPowellという商標を剥奪されて久しい。

 ウォルトン・パウェル(Walton Powell)というと、フライロッドの老舗という印象があるが、スピニングやサーモンロッド、各種トーナメントロッドなど、フライロッド以外でも西海岸の釣りに必要な多種類のロッドを製作していた。 今回お出ましのロッドはそんな中の一竿。
b0193874_1662339.jpg

 両軸受リール用7フィートのワンピース・バンブーロッド。 何の釣りに使えるか分らなかったけど、造型があまりにカッコイイので衝動買いしてしまった(笑)。 ガイドは全てハードクロームのブリッジガイド。経年のせいか、所々ラッピングが剥がれてしまっている。
 アクションはかなりハード。多分、結構な負荷のオモリにも耐えられるボートロッドなのだろうが、オープンウォーターでのライギョ釣りに使えそうなのでレストア開始! ラッピングを巻きなおすついでに、すべてのガイドを手持ちのパーフェクション社製のカーボロイに変更。


b0193874_166557.jpg

 普段は滅多に見ることが出来ない、ウォルトン・パウェルの恥ずかしい部分の画像を大公開(笑)。 トップガイドを外すと、バンブーの壁の内側に木材のコアが見える。 多分、これがE.C.パウェル譲りの「シダーコア」と呼ばれるものだろう。 ということは、ティップの先まで完全に中空加工を施したあとに、それぞれ六つの竹のストリップに再度杉材を貼り付け、中空部のダムの加工とテーパー調整をする・・・という途方もない手間を掛けて作られているロッドなのだ。


b0193874_1671557.jpg

 工作室にて、ラッピング完了後にバーニッシュ作業を施す。通常はウレタン塗料でコーティングしたいところだけど、ライギョ釣りに使うことを前提としているので、より厚塗りが可能なエポキシ塗料を使用した。


b0193874_1673143.jpg

 ウォルト・ディズニーじゃないよ、ウォルトン・パウェルだよ(笑)。


b0193874_1675016.jpg

 現在、工作室にてクルクル回転しながら乾燥中! 完成したら、このロッドの全貌を明らかにしようかな。

 それにしても、たかだかボートロッドの、それも外からは全く見えないところにさえも手を抜かないパウェル爺さんの姿勢に、ただただ脱帽いたしました。ますますパウェルロッドのファンになりました。 昔の人って、ほんとにスゴイね~!
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-31 17:31 | 古典的釣道具
2011年 01月 29日

AMAZON!

 1月は店主の誕生月。 ・・・というわけで、Kustom Baits 'H' から素敵なプレゼントをいただいた。

b0193874_18551737.jpg

 いかがでしょう? 超カッコイイでしょ! アマゾンライダーここにあり!


b0193874_18554550.jpg

 反対側もバッチリです!


b0193874_1857116.jpg

 仮面ライダーシリーズのなかでも、店主的に「いちばんカッコイイ!」と思うのがアマゾンなのです。 だってアマゾンって、オオトカゲの化身なんですよ!昆虫じゃないんだもの。 子供心にその造型にシビレたものです。 背ビレが立ったり、敵に噛み付いたり、引っ掻いたりするんですよ! 爬虫類好きの店主としてはもうメロメロでした(ちなみに、敵となる怪人達のデザインは初代ライダーがいちばんですね)。

 ベースはマンズのワンマイナス。目玉や背ビレ、アンコウみたいな額の突起まで再現されています。 マンズのルアーで、背ビレがあるヤツらは「ハックルバック・シリーズ」と呼ばれますが、こいつも仲間に入れてもいいよね!

 当ルアーは個人の持ち物で、販売品ではありません。Kustom Baits 'H' さま、本当にありがとうございました!この場を借りて御礼いたします。 *個人で楽しむだけですので、石ノ森プロの皆様、どうか大目にみてください! 
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-29 19:24 | マニアック
2011年 01月 28日

小物釣りの一日

 昨日は定休日。 NCA群馬ブランチのWさんと小物釣りの旅へ行ってきました。
 狙いはメバル&タナゴ。塩水と淡水の小物たちだ。 まずは大洗港で夜メバルのルアー釣り。明るくなったらタナゴ釣りへ転戦。
 
 タナゴ釣りはずっと憧れていた釣りだが、群馬にはタナゴが棲むようなホソが皆無なので、北浦まで出張。でもその前に、タナゴ釣りの仕掛けを製作しなくちゃね!
b0193874_1839259.jpg

 タナゴ釣りの道具はこんな風。 NCAのMakoさんが作ってくれた六角竹製小物竿と、ティムコから出ている振出し小物竿。

b0193874_18392491.jpg

 自作のタナゴ仕掛け。
 0.3号の道糸に木綿糸を数箇所結び、蛍光塗料で着色。いわゆるシモリの部分で、これを見てアタリを取るんです。ウキの浮力よりほんの少しだけオモリを重くして、仕掛け全体をスローシンキングに調整します。 店主はタナゴ釣りを本格的にやったことがなかったので、今回は「タナゴ大全」という本を参考に仕掛けを製作しました。 はじめてやる事って、何事もワクワクドキドキで楽しいですね。 仕掛けも完成し、いざ出発! 

b0193874_18394251.jpg

 夜中の1時、大洗港着。タナゴの前に、メバルの夜釣りからスタート。 こちらは慣れた釣りだけど、この夜はかなりの不調(不釣?)。 寒波が来ているのに加えて、どうやら水が動かないのが原因らしい。明け方近く、少し風が吹いて水が動いたらやっとアタリがでました。でもキャッチしたのは2匹のみ。同行のWさんは初めてなのに4匹もゲット。サスガですね。

b0193874_18395710.jpg

 日が昇ってからは北浦へ移動してタナゴに挑戦。 はじめは仕掛けのバランス取りなどに四苦八苦したが、どうにか感覚を掴みかけた頃にやっと釣れたのが画像のクチボソ。 本命ではなかったけど、自分にとってははじめての釣法で釣れた魚だけに、とっても嬉しい!

b0193874_18401385.jpg

 クチボソのほかには画像のマブナやタモロコ、小ゴイ、ブルーギルなどが釣れましたが、本命のタナゴ君には一匹も出会えませんでした。でも、実際にタナゴの釣り方が勉強できたので、「こんな感じかなぁ~」というのが少し分りかけてきました。 リベンジを誓いつつ夕方の北浦をあとにしました。

 メバル釣りから考えると実に15時間以上に及ぶ釣りでした。釣りをしている間って、本当に時間が経つのが早いですね。 あっ、途中2時間ばかり寝ましたけどね!
 
 
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-28 19:28 | マニアック
2011年 01月 25日

Nostrum Catskill Leather Box

 製品の入荷情報です。
 フィッシング・アクセサリーを製作するちいさな工房・ノストラム(Nostrum)より、新製品がリリースされました。 本皮を使用したフライ&ルアーボックスです。
b0193874_1751692.jpg
b0193874_1753469.jpg
b0193874_1755733.jpg

 詳しくは Curtis Creekのホームページ をご覧下さい。
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-25 17:16 | 入荷
2011年 01月 24日

工作室にて。

 先日お話しした工作室(仮名)にて、ぼちぼち遊んでいます。
 現在取り掛かっているのは、フライロッドの改造。 バットの折れた昔々のヘドンのフライロッドのグリップ部が、あまりにもカッコよく捨てるにはもったいないので、お店に転がっていた中古のグラファイト製のフライブランクを移植中。
b0193874_15365516.jpg

 すでに、グリップにはブランクを装着済み。バット部のラッピングを始めたところ。折れたロッドに残っていたヘドンのトレードマーク ”ジャンピング・バス” のシールを上手く剥がすことに成功。 画像のように、新しいブランクに貼り付ける予定です。

オーナーの承諾があれば、ロッドが完成したあかつきには、このブログでご紹介しようと思っております。

 ご来店される客様へ・・・。
 当店へご来店された際、お店の入り口に鍵が掛かっている場合は、店主は隣で作業中でございます(笑)。 「店、開けろ~」と、向かって左隣の工作室(仮名)へ一声お掛けください。 
 尚、工作室及び店主の作業は自由に見学していただけます。お気軽に遊びにおいでくださいませ!
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-24 15:58 | マニアック
2011年 01月 22日

Kustom Baits 'H' 入荷情報

 少量ですが、カスタムベイツ'H'の作品が入荷してまいりました。
b0193874_15251570.jpg

 詳細は Curtis Creekのホームページ までお願い致します。
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-22 15:29 | 入荷
2011年 01月 21日

竿を作って釣りに行こう!

 店主がロッドビルディングの真似事を始めたのは、たしか高校生の頃。磯竿を改造してフライロッドに仕立てた友人に触発されたのがきっかけだったと思う。  先日、釣具部屋を整理していたら、店主のごく初期の作品(?)が出てきた。 原宿Norieさんから通販で取り寄せたウェルナー(Wellner)のグラファイトブランクから組んだスピニングロッド。 バット部には 1985 March と製作年が書いてある。当時はハンドメイド・ミノーによる湖のトラウトフィッシングが流行っていたので、スペックは7フィートのミディアムライト。 この竿は多分、店主の数本目の自作品で、いちばん最初に組んだのは同じウェルナーのアンサンド・スローというフライロッドだったと思う。
 当時はシーズンオフになるとロッドを作り、シーズンインするとそれを実際にフィールドで使う事が楽しくて楽しくて仕方なかった。

 そんな思いは今でもずっと続いていて、時たまお客さんから竿の注文を受けたり、自分の竿を作ったり、改造したり、修理したり・・・と楽しんでいた。 しかし、商品がいっぱいのお店の中での作業はとても気を使い、限界も感じていた。  そこで思いついたのが、「工作室を作ろう!」ということだった。 当店の隣のテナントがちょうど空いていたので、大家さんと交渉して借り受けることとなった。
b0193874_1235339.jpg

 ワーキングベンチ。 昨日の定休日に運び込んだもの。 今のところ、グラファイトロッドやグラスロッドの組み立てができるように機材を運び入れている最中。 近いうちに、竹竿も削れるように・・・おっと、今日はここまで(笑)。

 釣竿製作を始めたい人、作業スペースがない人、家の中で肩身が狭いお父さん、雨の日の釣り師・・・店主と似た全ての人に使っていただけるよう、只今企画を練っているところです(笑)。 乞うご期待!



 
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-21 12:57 | マニアック
2011年 01月 18日

Kustom Baits 'H' サンプル集 その5

 マンズ(Mann's)の’スーパー S 1-’は、全長155mmもあるジャークベイト。 「大きいことはいい事だ!」という単純な発想の店主としては、こういう大きなルアーは大好きなのだが、最近のマンズルアー、カラーリングがイマイチ。アイなんかもシールだったりするし・・・。

 でも、そんな悩みは Kustom Baits 'H' が解決!
b0193874_13234761.jpg

 80年代頃のマンズ純正ナチュラル・シルバーシャッドを手描きでペイント。


b0193874_1324146.jpg

 フォログラムのシールだったアイは、手描きの「赤目」で表情がアップ!


b0193874_13241872.jpg

 こんなルアーが巨大魚に襲われるシーンを想像するだけでワクワクしてきます。

 このルアーはサンプル品で、当店内に展示しております。
 カスタムベイツ'H'の商品は こちら でご購入いただけます。
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-18 14:56 | マニアック
2011年 01月 17日

NCA Sp K-glass Pack Fly Rod

 今日は当店の取り扱い製品のご紹介。
 岩手の工房ノースカントリーアングラー(以下NCA)のMakoさんが製作しているグラスロッドがK-glassシリーズ。 画像は、先日納品になった5フィート9インチ #3/4 4ピースのパックロッド。
b0193874_14294848.jpg

 5フィート9インチの4ピースというスペックは、他のメーカーからは出ていないのではないでしょうか? 仕舞い寸法の短さも売りで、源流釣行に、バイク釣行に、バックパッカーに向けたカスタムメイド。

b0193874_14301156.jpg

 バットキャップはウッドを削りだしたワンオフ。ブランクカラーとマッチして、とても上品な仕上がりです。


b0193874_14302742.jpg

 バット部のアングラーマークはNCAのトレードマーク。 マルーンカラーのブランクはSpecial K-glass。 ココアカラーのスタンダードモデルもあり、お好みのカラーを選択できます。


b0193874_14304051.jpg

 オーナーのAさんが拘ったグリップ部。 ストレートシガー(マックシガー)にアップロックのリールシートで製作。  ジョイント部は往年のウィンストンのような白いスピゴット・フェルールを採用し、ビンテージな雰囲気を演出。

 当店が販売するNCAロッドは、基本的にカスタム・オーダーです。グリップの形状や長さ・太さ、パーツの種類、ラッピングスレッド(巻き糸)のカラーなどを、オーナーのお好みのもので製作しております。 
 当店では、NCAのご好意により、多数のデモロッドをご用意しております。ご来店いただいたお客様には、お店の前で実際にラインを通してテストキャストをしていただけます。
 NCAフライロッドについての更に詳しい情報はコチラをご覧下さい。
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-17 15:00 | 西洋式毛鉤釣
2011年 01月 16日

プレゼント、戴いちゃいました!

 昨日、お客様のFさんから楽しいプレゼントを戴いちゃいました。

b0193874_127474.jpg

 数年前に流行っていた、釣りキチ三平ルアー。それも、「イトウの原野」の話の中で、鳴鶴先生が所蔵していた野ネズミ型特大ルアー! 確か、お菓子のオマケだったと思いますが、オマケのルアーのほうが目立っていて、お菓子のほうがオマケという感じでしたよね(笑)。


b0193874_12720100.jpg

 さらにさらに、鳴鶴先生のルアーをベースに三平君が改良した「改良・野ネズミ型特大ルアー」も戴いてしまいました! トビーのような足と、背中にあるツイストのようなS字の凸が三平君の改良点。 こちらは「シークレットルアー」と裏面に書いてあるので、そう簡単に出てこないオマケだったようです。


b0193874_127354.jpg

 上記ルアーの元ネタは、多分コレ。 ダーデブルのマウスインプ。 現在でも当店で扱っておりますが、姉妹店・ノースクリークのNさんは、このルアーで実際に道北のイトウをキャッチしています。 


b0193874_1275540.jpg

 「北海道釣行の時に是非使ってください!」とFさん。本当にありがとうございました。
 今年の北海道釣行時には必ず持参し、マウスインプと一緒にイトウ釣りに使用したいと思います! 本気ですよ!
[PR]

by ccacc99 | 2011-01-16 12:37 | 古典的釣道具