<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 29日

雷魚通信2012 今年はおしまい・・・の巻

 もう9月も終盤。こないだの休みは今年最後のライギョ釣りへいってきた。
 朝早く出かけたけど、もう肌寒いくらいの気温。釣り始めてもフィールドは沈黙を通したまま、すでにお昼近い。

 店主には全くライギョの気配すらないけど、オープンウォーターをクルージングしていた良型ライギョを友人Hが見つけ、すかさずゲット!
b0193874_14475810.jpg

 75クラス。最終日に良い出会いがあって羨ましい~~~! ロッドは雷魚専用六角竹竿 アルガスティック・ケーン の7フィート。良い仕事をしてくれました。

 それにひきかえ、店主はまるで釣れる気がしない。


 時折、店主の頭上の柳の木を何かがつついている音が聞こえる。
b0193874_14482537.jpg

 キツツキの仲間だよね。逆光で細部は見えないけど、大きさやシルエットから察するにコゲラかな?

b0193874_14483855.jpg

 アッ、逃げちゃった。


 そんなことばかりしているうちに、お日様も傾き一日の終わりももうすぐ。
 「今シーズンの最後のライギョ釣りはボウズ決定かな・・・。どうせ釣れないのなら、封印していた究極奥義を最後に試そう!」・・・ってことで、自作フロッグ、名付けて”水影心”を取り出す。 その第一投目、菱藻のポケットでステイさせ数十秒待ち、次のワンアクションを与えた瞬間、水しぶきとともに水影心が消える。 
b0193874_1448564.jpg

 大きくアワセると、そのまま店主の足元まで飛んできたのは、今まで釣った中では最小のライギョ(笑)。 尺あるか、ないか。多分、こないだ渓流で釣ったイワナより小さいね。 それでも、今シーズンの最後の最後を飾ってくれたので、敬意を表してそっとリリース。 ありがとうチビライギョ、ありがとう水影心!

 最後は店主らしい幕引きでしたが、今年もずいぶん楽しませていただきました。 来年もヨロシク!
[PR]

by ccacc99 | 2012-09-29 17:43 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2012年 09月 25日

禁漁間近

 群馬県の渓流は9/20でクローズとなりました。ほかの地域の渓流も、9/30でお終いというのが通常だと思います。 今シーズン、皆さんは良い釣りになりましたか?


b0193874_1312719.jpg

 画像は新潟県のお客様Fさんが最近釣られた尺を超すヤマメです。 婚姻色を身にまとい、すごい迫力ですね。 ちらっと見えるダーデブルのアクセサリーやワインブレナーのウェーディングシューズも、Fさんの釣りを物語っていて、とても良い雰囲気を醸し出しています。

 Fさん、画像ありがとうございました。 よい釣りをされたら、またご連絡をお願いいたします!

 本州では一部の河川を除いて、いよいよトラウトフィッシングはクローズとなりますが、湖沼の釣りやサーモンフィッシングなどはまだまだこれからですね! 北海道へ行く・・・なんてのも、楽しいかも!


 
[PR]

by ccacc99 | 2012-09-25 13:14 | 鱒・鮭
2012年 09月 21日

禁漁前日

 群馬県の渓流の漁期は3月1日から9月20日まで。 つまり、今日9月21日より禁漁期に入ったことになる。
 昨日の定休日はライギョ釣りをお休みにして、今季の最終日に渓流へフライフィッシングへ。 この日の目標は「一匹でいいから、大人のイワナと出会う」。日照りが続いている昨今、川はどうなっているだろう?

 雨量が少ないせいか、渇水でチョロチョロの流れになっている川を何本か横目で見ながら車を走らせる。 ちょっと心配したが、昨日の夕立が良かったのか、お目当ての川に着くと水位はOK!
b0193874_10564553.jpg

 久しぶりの渓流、気持ちいいね~。
 
 車を停めたすぐ前のポイント。対岸の岩の前の流れがとても気になる。 さっそくフライを流すが無反応。「いないのかな?」 何度か同じコースを流すとフライの下でキラッと魚影が光った。「やっぱり、いたね」と再度フライを流すとバシャッと出る。
b0193874_10571983.jpg

 それにしてもキレイだね。22~23cmくらいかな。立派な大人なので、今日のノルマはこれにて達成! フライは定番のエルクヘアーカディス#12。 でも、出方がちょっとシブかったね。何度もフライを見切ったって感じ。


b0193874_10571888.jpg

 この日の相棒はH.L.レオナルドの38。長年連れ添った相棒。 リールはハーディーのフェザーウェイト。こちらも長い付き合いになる。




 「赤い仮面に燃え上がる~正義のこころ~♪」 *ヤッターキング:山本まさゆき 
 ノルマも達成し気分も爽快、とても良い気持ちで鼻歌まじりに釣りあがる。


 少し釣りあがったあるポイントでのこと。 岸よりがちょっとだけ深くなっていて、沈み石もいい具合に入っている。 早速、エルクヘアーカディスをキャストすると、チョンとフライが動く。小さな子供のイワナがつついたんだな~なんて思いつつ、もう一度キャスト。 するとまたしてもフライがチョンと動く。「また、あのチビだな」なんて思いかけたとき、フライの下で黒い影か蠢いた。 「!!!・・・大きい!」  先ほどからフライをつついてたのはチビではなく、コイツだったのだ。 二度もフライを見切ったということは、かなり出来るヤツのはず。 一度冷静になって回りを見回す。大きな虫は見当たらず、多少のユスリカがいるのみ。 ティペットを6Xに落とし、フライを#12のエルクから#18のユスリカ・フローティングピューパに交換する。 フライを替えての第一投目。予想よりかなり下流までフライが流れたとき、ヘッド&テールとともにフライが消えた。「食った!」 数秒待ってスラッグを取りながら軽くラインを張り、ヤツがフライを咥えている重さがティップに伝わってからフッキング。毎週行っていたライギョ釣りのフッキングのタイミングが、この時役立った。
b0193874_10575237.jpg

 産卵を控えたメスかな? 丸々太って肉付きもいいし、何よりいい顔してました!


b0193874_10575942.jpg

 正確な長さは測らなかったけど、尺を超す素晴らしい魚体でした。 こう見ると、ちょっとスリムに見えるね。

 この魚を釣ったすぐあとに突然の雷雨となり、今季の渓流釣りも終了。 最後の釣りを飾ってくれたイワナ達に感謝ですね。
[PR]

by ccacc99 | 2012-09-21 12:17 | 西洋式毛鉤釣
2012年 09月 15日

お客様からの報告

 NCAの人気商品、K-Glass Fly Rod をご購入いただいたお客様方より、次々と釣果報告をいただきました。

b0193874_1433427.jpg

 先日、K-glassをご購入いただいた千葉県のK様。 K-glassでの初めての釣行でヤマメをゲット! これから、ロッドにどんどん魂を入れてくださいね! K-Glass 5923 ココアブラウンにて。



b0193874_143506.jpg

 神奈川県のH様。東北(岩手)遠征で、尺オーバーのイワナをキャッチされたとのこと。岩手と言えば、NCAのMakoさんのお膝元ですね。 遠征のかいがありましたね! K-Glass 7634-4 マルーンカラーにて。


 K様、H様、ご報告ありがとうございました。またのご報告をお待ちしております。 
 渓流シーズンも残すところあとわずか。存分に楽しみたいものですね!
[PR]

by ccacc99 | 2012-09-15 14:41 | 西洋式毛鉤釣
2012年 09月 14日

雷魚通信2012 諦めないで! の巻

 ライギョ釣りシーズンも終盤、ラストスパートって感じになってきましたね。 店主的には9月一杯はライギョ釣りを楽しんで、10月からはバスアングラーに戻ろうか・・・っていう魂胆。

 それはさておき、残り少ない今シーズンのライギョ釣行へ行ってきました。 あれだけジリジリと照らしていた太陽も、どこか和らいだ感じがする昨今、釣り人側からすると、ずいぶんと楽になってきました。 と同時に、終盤に近付いたそこはかとない寂しさも感じますね。

 今日のメンバーは、いつもの友人Hと後輩Rと店主の三人。後輩Rは先々週のライギョ釣りデビューの日に見事71cmの雷魚をゲットしたラッキーマン。今日も釣れるといいね!

 
b0193874_1453784.jpg

 オニバス。この植物を見ると、いつもアマゾン川を思ってしまう店主。 アマゾンには人が乗れるほど大きなオオオニバスってのがあり、両者には葉の表面がワニの背中みたいにトゲトゲしているという共通点がある。いつか見た写真か映像かのオオオニバス。ああ、憧れの大湿原(笑)。

 釣りのほうはというと、お昼ごろにHが小型を一尾キャッチ。後輩Rは、良型と思われる雷魚のアタックに翻弄され、何度も「びっくりアワセ」。いまだキャッチには至っていないがホントに楽しそう。 HやRにはライギョからの反応があるのに、店主にはまるで皆無のまま時間ばかりが過ぎていく。

 気が付くと午後4時半。日没まであと2時間もない。 大した盛り上がりもないまま、今日最後のポイントへ。
 やる気満々のHとRは各々お気に入りのポイントへ散っていく。 まるで釣れる気がしない店主は、駐車場の前でしばし水面を眺める。 と、30mくらい前方の比較的大きな藻穴の水面がゆらいだ気がした。 なにげなく、その藻穴目がけてルアーをキャスト。 ネチネチと藻穴でルアーにアクションを与えるが無反応。「やっぱり気のせいかな?」なんて思いながら再び藻の上にルアーが乗る。そのままリトリーブして手前10mくらいまでルアーが来たとき、いきなり「ボフッ!」とルアーが消える。 少し送り込んでから大アワセ・・・したけど、ライギョにフックがかすりもしないどころか、愛用のPenn レベルマチック940のハンドルが取れる(泣)。ハンドルを止めていたネジのネジヤマがナメてしまったみたい。仕方ないので車に戻って予備のリールをロッドに付け替える。 さっきのライギョは、アタックの感じからするとまずまずの型だったみたいなので、現場復帰後にもう一度同じコースをトレースする。 先ほどと同じように、やっぱりルアーは藻穴を通り越す。何の反応のないまま、手前5m前後までリトリーブしてきて、「やっぱりダメか?」なんて思いながらなんとなくポーズ。 数秒後、「バコッ!」と水面が炸裂!
b0193874_14541023.jpg

 今度はフッキングも上手くいって、上がってきたのは丸々と太ったライギョ。75には足りなかったけど、太っているせいかもっと大きく見えた。 今日の相棒も アルガスティック・ケーン の7フィート6インチ。リールはSKPのプレジデント1984B。ルアーはラッティーのオリジナル。

 終わりよければ全て良し。昔の人の言うことは真実だすね(笑)。 日の出から日没までのこの日の労力も、破損したPennのことも、がすべて報われました。 やっぱり釣りは、最後まで「諦めちゃダメ」ですな。
[PR]

by ccacc99 | 2012-09-14 16:26 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2012年 09月 07日

雷魚通信2012 「もう秋だね~」の巻

 いよいよ終盤に差し掛かってきたライギョ釣り。 釣り場には秋を告げる涼しい風とともに、水生植物たちも終焉の予兆がしてきました。
b0193874_12584085.jpg

 ほんと、初秋ですね。


b0193874_12591778.jpg

 朝イチ、店主と遊んでくれたのは、小さいけれどもとっても美しいライギョ。 このデザインを考えた「自然」って、スゴイよね。

 しばらくすると、同行の友人Hにも可愛いヤツが。
b0193874_12594856.jpg

 ロッドは、この日おろしたばかりの アルガスティック・ケーン 。 幸先が良いラッキーロッドになりましたね。


 店主とHのことだから、もちろんまっ暗になるまで頑張ったけど、夕方はライギョの活性も下がり、秋っぽい西日も差してきて、なんだかセンチメンタルな気分(笑)。 
b0193874_1301520.jpg

 足元にいたタニシとドジョウがそんな気分を癒してくれました。

 先週までの暑さがウソのような一日だったけど、初秋のライギョ釣りってのも乙なものですな。
[PR]

by ccacc99 | 2012-09-07 13:20 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2012年 09月 02日

お土産

 今日は「かなりイッちゃってるお客さん」のKJMさんが来店された。彼は基本的にはバスアングラーなのだけど、使っているロッドはR.L. WinstonやE.W. Edwardsといった、フライロッドの老舗が製作していたバンブーベイトロッド。バスアングラーなのに、往年のフライロッドメーカーの歴史などにも非常に詳しい。
 そんなKJMさんが前回来店されたとき、何の拍子か「最近、ツチガエルって見てないなぁ~」とつぶやいた店主の一言を忘れずに覚えていてくれたみたいで・・・
b0193874_17103377.jpg

 今日のご来店の際のお土産はデメタン達と相成りました(笑)。 このカエルたち、ツチガエルじゃなくって、正確にはヌマガエルというみたい。関西方面に棲むツチガエルの近縁種で、トラウトで言えばヤマメとアマゴの関係って感じみたいです。KJMさんの解説を聞いて、店主もひとつ勉強になりました。それにしても、つぶらな瞳がカワユイね! 

 何でも、このカエルたちは近くの田んぼで今朝捕まえた「新鮮捕れたて」だそうで、カエル捕りのついでに一緒に捕まえてきてくれたのは・・・
b0193874_17105835.jpg

 ヒバカリ君です。おもにカエルを餌としているヘビなので、カエルが多い場所にはこのヘビも多いですね。この子も「オミヤゲ」として戴いちゃいました(笑)。 地味だけど愛嬌があり、おとなしくて可愛い小型のヘビです。

 両者とも、しばらくの間は店頭にて「看板娘」を務めてもらおうと思っています(笑)。




 
[PR]

by ccacc99 | 2012-09-02 17:35 | 生物