<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 30日

仕事納め

 お客様を始め、関係各社の方々、そして友人たち・・・皆々様のおかげで、今年も無事に仕事納めの日となりました。 仕事も釣りも、とても楽しいばかりの一年でした。ほんとうにありがとうございました。


b0193874_22424225.jpg


 来年も、更なる「楽しいこと」を探求していきたいと思っております。 どうか皆様も、良いお年をお迎えください。

 新年は1月3日より営業いたします。来年もよろしくお願い申し上げます。





 
[PR]

by ccacc99 | 2012-12-30 22:50 | 報告
2012年 12月 26日

Daiwa Phantom PCS55UL

 「オイラ~三平~釣りキチ三平~、ンだども~まだまだ未熟者~♪」・・・なんてCMしてた頃のダイワ・ファントムPCS55ULが今回のロッド。 少年だった当時の店主は、前橋ニチイの釣り具売り場に展示されていたこのロッドを見て、激しい「所有欲」にかられたものでした。 それからン十年の月日が流れ、オトナになったある日ある時、とうとう店主のもとへ当時の憧れが嫁いできました。

        まぁ、そんな話は置いといて、当時のDaiwaの製作陣の気合の入りようをとくとご覧ください。

b0193874_13583497.jpg

                  一見、まるでスピニングロッドとは思えないその外観・・・


b0193874_1359117.jpg

b0193874_13585847.jpg

                バット部の飾り巻き。 ラッピングひとつとっても、素晴らしい仕事だね。


b0193874_1402121.jpg

 ガイドまでオリジナル・デザイン。 きっとFujiに作らせたのだろうけど、自分とこのデザインでいくという、その心意気がいいね。


b0193874_1403437.jpg

 こんなところに彫り物調の刻印を入れるのも、一手間だよね。 性能だけでなく、こういうところ、もう一度見直しませんか? メーカーさん。


b0193874_141296.jpg

      さらにさらに、誇らしげなこのマーク、王者の印 ”キー・エナルジー”。 今でもそう呼んでます(笑)。


b0193874_1451268.jpg

           同社のリール、GS-700Xと ”合身!”  あまりのカッコ良さに、今でもシビレちゃう!!


 まぁ、いつも不平不満になっちゃうけど、漁具としての釣り具じゃなくて、遊び道具としての釣り具、どこかのメーカーさんで作ってくれないかしら・・・
 

              ”キー・エナルジー”や”合身”についてこれなかった人、こちらで勉強してね!

              
[PR]

by ccacc99 | 2012-12-26 14:39 | 古典的釣道具
2012年 12月 21日

クリスマス・プレゼント

 世間はもう、クリスマス気分一色って感じでしょうか? 俗世間から隔離されている店主(笑)も、「人並みにクリスマスを楽しみたい!」ってことで、自分で自分にクリスマスプレゼントをあげました(誰もくれないんだもん、仕方ないじゃん:泣)。

              さて、それは何でしょう? 釣り具? いやいや違います。 では、ヒントをチラっと・・・。
b0193874_14471121.jpg

              自転車? それともバイク? それに、このグリップのマークは何でしょう。
 


b0193874_14472458.jpg

              ボディにキラめくエンブレム! もう、お分かりの方も多いかな。


b0193874_14474153.jpg

      そう、月光仮面のオジサンの愛車、富士重工のラビット号!! 最初のルパンで次元も乗ってたね。

    購入先の スカイロード の社長曰く、「お店のディスプレイとしても、こういうバイクが必要だろ?」とのこと。 
    完全に衝動買いです。ハイ。

 
 先ほど納車とあいなりましたが、お店が忙しくてまだ乗ってません。 でも、気分はハイで、引いていた風邪も吹っ飛んでいってしまいました(笑)。 来シーズンは、このラビット号で利根川を監視&巡回に行こうと思います!


                           祝 ・ 初”富士重工製品”オーナー!
[PR]

by ccacc99 | 2012-12-21 15:11 | マニアック
2012年 12月 19日

Old Tackle !!

 ここのところ、レアなオールドタックルが続々と入荷しております。
 

               こんなのや、
b0193874_1450795.jpg


               こんなのや、
b0193874_14501685.jpg


               こんなの・・・
b0193874_1450588.jpg

               などなど。


ご興味のある方は 当店のHP を是非ご覧になってください!
[PR]

by ccacc99 | 2012-12-19 14:56 | 入荷
2012年 12月 12日

奥日光より

 奥日光の丸沼も、11月いっぱいでクローズしました。 そんな今季最後の丸沼からのレポートがT君から届きました。

b0193874_19131187.jpg

 放流魚と思われますが、とてもコンディションの良い魚体のレインボー。 婚姻色がでてるのかな?


b0193874_19123980.jpg

 こちらは、スチールヘッドばりのレインボー。 スモルト(銀毛)のようなシルバーの肌が眩しい一尾。

 この日使用したロッドは、当店が丸沼のようなレイクフィッシング用にデザインしたハイランド・ケーン(Highland Cane)という新作のバンブースピニングロッド。 T君にはフィールドテスターをしてもらっています。 「バンブー特有のトルクで、大型のトラウトも難なく寄ってきます!」とはT君の弁。そう言ってもらえると、店主も嬉しいな~。 ご希望の方には製作いたしますよ!
[PR]

by ccacc99 | 2012-12-12 19:27 | 鱒・鮭
2012年 12月 03日

Abel Fly Reels & Accessories

 このたび、当店はエーベル社(ABEL AUTOMATICS,INC)のプロダクツを取り扱うこととあいなりました。
 エーベル社は、フライマンならおなじみのフライリールを中心としたアメリカのタックルのメーカーですが、ここ数年は様々な事情で正規ルートで日本に輸入されておりませんでした。 店主も、エーベルのリールは何台か所有してますが、ここ数年の同社の動向はまるで知りませんでした。 そんな空白の間に、エーベル社は大いなる変貌を遂げていました。 先日、正規輸入元のNさんがサンプルを持って来られたので、その一部をご紹介。

                            まずは、フライリール群。
b0193874_20324792.jpg

 ソリッドカラーの種類も豊富だけど、画像のようなカスタムペイントも充実。エレキギターのペイントアートのようなブッ飛んだデザインも多数! でも、ただのカスタムペイントではありません。 詳しくは以下にて。


                        エーベル製ニッパー(ラインクリッパー)。
b0193874_20332580.jpg

 精緻な工作精度。一生もののクォリティーに加え、レインボートラウトのカスタムペイント。なんとなんと、これらのペイントは全てエーベル社の職人によるハンドペイント、つまり手描き! リールの場合は、一台ペイントするのに10時間以上かかるとのこと。 驚愕の仕上がりに脱帽!
b0193874_2034093.jpg

 ハンドペイントつながりということで、カスタムベイツ'H' 製のニジマスカラー(ベースルアーはボーマーのリップシャッド)と並べて。 和洋ハンドペイントの競演!

 この、ナチュラル・フィッシュ・フィニッシュのバリエーションはとても豊富で、レインボーやブラウンに始まり、シイラやマーリンなどの海水魚まで網羅。 日本仕様にはヤマメとシーバスが追加される予定。 もちろんニッパーだけでなく、リールやアクセサリーにも設定されています。

                            プライヤー&ブレイド(ナイフ)
b0193874_20343827.jpg
b0193874_2035106.jpg
b0193874_20354515.jpg

       シース(皮ケース)まで自社製。 画像からも、その工作精度の高さがお分かりいただけるだろうか?

 エーベル社の何よりもスゴイところは、ネジ一本まで完全な自社製、言い換えれば完全なるUSAメイドだという事。  国内外を問わず、タックルメーカー各社が続々とアジアなどの工場に製品の生産を委託している現代において、100%自国(自社)生産に拘ってるってところが店主のハートを鷲掴み! その心意気が素晴らしい。 商売のみに走らず、会社の方針が釣り人の方を向いているってのがニクイね!

  ニッパーやプライヤーなどのアクセサリーは、ルアーファンの方々にも人気が出そう。 このご時世、オーナーひとりひとりのために動いてくれるメーカーなんて、そう無いよね。 どうせ持つなら一生ものを・・・。


                     現在のエーベル社の様子が見られます。



 販売は年明けくらいからになりそうです。 情報が入ったら随時アップしていきますので、乞うご期待!
[PR]

by ccacc99 | 2012-12-03 21:31 | 西洋式毛鉤釣