<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 30日

Building

暦はもうすぐ二月。 3月の渓流解禁に向けてトラウトアングラーやフライマンはソワソワしだす頃。バスフィッシャーだってそろそろ準備に入る人も多いでしょう。ライギョ釣り師はもうちょっと先かな(笑)。

 シーズンまでに仕上げなければならないロッドたちが待っているので、店主はここのところ工房CCWSにての作業が多いですね。

b0193874_12462484.jpg

 グランジャーグリーンという名のシルクスレッドで巻き上げたガイド部。ベルマータイプのガイドがシブイでしょ? グリップ部の細工にちょっと(かなり?)時間が掛かっちゃったけど、サーフェスゲーム用バンブーベイトロッド ”プラグキャスター改”、あともう少しで完成します。 KJM様、大変長らくお待たせしております。いましばしのご猶予を!


b0193874_12463866.jpg

 こちらは最強のトラウト&サーモン用ベイトロッドのグリップ部。最終のコーティング作業に入っております。このロッドでメーター級の鱒や10kgオーバーの鮭をキャッチして、みんなでチャンチャン焼きしましょうね、Moro君!


 ご来店のお客様へ。  お店に店主がいないときは、向かって左側の工房で作業していることがほとんどです。「店、開けろ~!」と一声お掛け願います!
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-30 13:07 | マニアック
2013年 01月 29日

Fiberglass Fly Rod Vol.3

 ここのところグラスロッドのことを続けて書いていたら、何だか自分的に盛り上がってきちゃいました・・・ので、第三弾(笑)。

 今回はFenwick(フェンウィック)のことを少し。 長年フライフィッシングを楽しんでいる人はみんなあの”イーグルマーク”にはお世話になりましたね。フライ釣り師だけでなくルアーマンにも人気の有名メーカーですね。
 
  
b0193874_14114693.jpg

 店主が所有するフェンウィック2本。画像上はかなり初期のモデル。画像下は70年代と思われるモデル。なじみ深いヤツです。 一目でブランクカラーの違いが分かります。


               ズームアップして良く見てみると・・・(上下逆になっちゃったけど)
b0193874_14122120.jpg

 上が若いヤツで、下がオールドマン。70年代頃の若いヤツは良く見るブラウンカラーのブランクですね。 でも、下の年代モノはちょっと珍しいかも。オレンジ色に見えるブランクは、よくよく見るとグラス繊維を編みこんだブランク。この製法のグラスロッドは、フィリップソンなどでは ”タバコグラス” なんて呼ばれてたりしますね。グラスロッドの初期の作品によく見られる製法です。

 ロッドのモデル名やスペックの表示も、若いヤツはシールになっていますが、年代モノはインクで手書きされてます。バットワインドも柄が違いますね。


b0193874_1412426.jpg

 名ロッドデザイナーのジム・グリーンが考案したフェラライト・フェルールの表示。若いヤツは白文字だけど、年代モノは黒文字。年代モノのロッドは、フェンウィックがフェラライト・フェルールを採用し始めた頃のごく初期のモデルと思われます。


b0193874_1413593.jpg

 ラッピングも年代モノはひと手間加えられています。ブラウンのスレッドでガイドを止めたあと、シルバーのシール(?)を張り、その上にスパイラルラッピング! ユーザーにとっては、この「ひと手間」が嬉しいんです。


b0193874_14131980.jpg

 リールシートの比較。上が70’sで下が年代モノ。多分、バーマック社製と思われるオールアルミシート。 今度は70’sのほうに「ひと手間」。イーグルマークの刻印が入っています。70’sはオールゴールドのカラーリングに対し、年代モノはリールフットを受けるポケット金具とナットのみゴールドで、リールシート本体はダークブラウンのツートーン。リールシートの全長も年代モノのほうがちょっぴり短め。 両者とも形状はそっくりですが、外観から受ける印象はずいぶん異なります。


 今回は、たまたま店主が所有するフェンウィックの新旧比較とあいなりましたが、こんな細かい「どーでもいい」ところに拘るのもマニア道たる所以。どちらが優れているというのではなく、これはもう「好きかキライか」の領域。個人個人の判断に委ねます。 店主はどっちも好きだから、両方持ってるのですけどね(笑)。

 それぞれの時代背景などを思い浮かべながらロッドを肴に一杯やるなんてぇのもオツなものですな。
 *第四弾につづく・・・かな?
 


 
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-29 15:17
2013年 01月 28日

Dardevle Lures

      新たなシーズンに向けて、米国よりダーデブル製品が入荷してまいりました。
      最小サイズのスキーター(2g)も、最大サイズのハスキーデブル(91g)もラインナップ!

b0193874_1340184.jpg


 お問い合わせいただいておりました皆様、大変お待たせいたしました。
 詳細は 当店のホームページ をご覧ください!


 
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-28 13:47 | 入荷
2013年 01月 22日

Fiberglass Fly Rod Vol.2

                前回に引き続き、NCAのグラスロッドの作品例をもう少しご紹介!

b0193874_1432266.jpg

 やはり、コスメは大事! 中央のロッドの”アングラーマーク”は、なんとなんとビルダーのMakoさんの手描き!! 平面ならともかく、これだけのイラストを曲面に描いちゃうなんて驚愕の仕事です。


b0193874_14323480.jpg

 上から、ペゾン・エ・ミシェルをモチーフにしたParaglass、T&Tの超初期のデザインを再現したカスタムグラスロッド、T&TのKaneglass(ケーングラス)にインスパイアされた新作のKameglass。 どれもこれも、Makoさんの愛情が注がれたロッドたちです。

 最近、グラスロッドが少しブームになっているようですが、グラスロッドなら何でも良い・・・というのではなく、オトナのアングラーなら最愛の一本と共に人生をエンジョイしたいものですね。

 NCAフライロッドの作品群は、NCAのHP当店のHP 上でご覧になれます。


 速報! 1997年にNCAのMakoさんが出演した「素晴らしき地球の旅・アメリカ・森に生きる職人達」がNHKで再放送されるそうです。 再放送予定は以下の通り。
 BSプレミアム「プレミアムアーカイブス」枠内で2013年2月14日(木)午前9:00~と2月21日(金)前1:00~リピート放送とのこと。
 当時、店主はBSが観られない環境だったので、友人の 凡人氏 に録画してもらって、何度も何度も繰り返し観たものです。 もちろん、若き日のMakoさんも観られますし、生前のサム・カールソン(伝説の四面バンブーロッドビルダー)も登場しますよ。 必見!!
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-22 15:07 | 西洋式毛鉤釣
2013年 01月 20日

Fiberglass Fly Rods

 店主がフライフィッシングを始めたのは今からン十年前の中学生のころ。お年玉やお小遣いを貯めて、初めて買ったフライロッドは、7フィート半の#5、ダイコー製グラスロッド。当時はビデオも一般的には普及してなかったので、キャスティングは本を読んだりして”練習あるのみ”。スポコンのノリでした(笑)。
 来る日も来る日も、こうでもない・あーでもないとロッドを振り回しているうちに、グラスファイバーロッドの、あの何とも言えないリズムやトルク感が体に染みついて現在に至ります。 後に、ハイモデュラスカーボンの竿も多数手に入れ、それはそれで楽しかったけど、言葉や数値では表しきれないグラスロッドの「味」を忘れることはすでに不可能です。

 ルアー竿にも言えることですが、グラスファイバー製のロッドは、その振り心地だけでなく、コスメティックも楽しいものが多いですね。ちょっと太目のバットセクション。赤や黄色や茶色といった見た目にも楽しいブランクカラー。キャンバスが大きい(ブランクが太い)ぶん、飾り巻やインスクリプションを工夫する余地が大きくて、とっても個性的な竿が多い。

b0193874_13203977.jpg

 たとえば、こんな感じ。 各メーカーそれぞれにコスメに拘っているところが見て取れますね。キレイとは言い難いけど、味で勝負!・・・ですな。


b0193874_1321488.jpg

 上から、Winston Glass、Scott Brown Glass、Scott Yellow Glass、Walton Powell Glass。たまたまだけど、西海岸のメーカーの竿ばかりになっちゃいました。 店主は利根川などの中流~本流域の釣りが中心のため、#5~6のミドルライン用のロッドが多いですね。


 岩手のNCAのMakoさんも、グラスロッド大好き人間。 アクションや趣の異なる数種類のグラスロッドをラインナップに揃えています。
b0193874_13242513.jpg

 昔のアメリカ製グラスロッドと比べると(比べちゃいけないけどね:笑)、そのビルディングスキルは雲泥の差。とってもキレイにきっちりと製作されています。


b0193874_13243581.jpg

 やはりコスメは大事。様々な工夫が凝らされています。 上から、Special K-glass、K-glass、Kameglass 。 このほかにイエローベースのブランクのParaglassシリーズなどもラインナップ。隙はありません(笑)。 NCAグラスロッド は一本一本受注生産ですので、レナード風、スコット風、ウィンストン風など、様々なご要望にもお応えしております。

 まだ未体験の方、禁断のグラスロッド・ワールドに片足突っ込んでみませんか? あなたのフライフィッシングの奥行きが広がること間違いなしですよ!
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-20 14:14 | 西洋式毛鉤釣
2013年 01月 18日

ラビット号で偵察!

 昨日は定休日。 愛車ラビット号を駆り、超プチツーリングへ行ってきた。 お正月のインフルエンザ以来、咳が続いたりタミフルの副作用の蕁麻疹がでたりと、どうも体調がすぐれなかったけど、やっと復調の兆し。


b0193874_1928204.jpg

 利根川で開かれている「阪東子持冬季鱒釣り場」へ、解禁へ向けての偵察も兼ねてチョイ乗り。あまりの寒さのせいか、釣り人は皆無でした(笑)。 強風も吹いてるし、道路の一部が凍っていたりで、店主もスゴスゴと退散。

 それにしても、ラビット号、遅いね(笑)。 国道17号では、一般車両に煽られまくり! もう、かなりのご高齢なんだから、ラビット号を見かけたらいたわってくださいね!
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-18 19:41 | マニアック
2013年 01月 13日

たまには良いことしよう!

 「たまには良い事をして、現世で徳を積もう!」・・・ってことで、カスタムベイツ'H'(以下KBH)とカーティスクリーク(以下C.C.)のコラボ企画を実施。ロッドとルアーのセットを格安にて販売します。売り上げはすべて、東日本大震災の義援金として寄付いたします。 さて、その内容は・・・

b0193874_160671.jpg

         C.C.にてロッドを製作し、KBHにてルアーにカスタムペイントを施しました。



b0193874_1602746.jpg

         Set 1。 青いアンサンドフィニッシュのグラスロッド+ビッグラッシュセラフのNFカラー。



b0193874_1603725.jpg

             Set 2。 半透明のエンジ色グラスロッド+ビッグラッシュセラフのJMPカラー。



 価格はどちらのセットも¥10,000ポッキリ。売り上げはすべて寄付しますので、消費税は不要です。

 この企画にご賛同される方のご注文をお待ちしております。 ご注文受付スタートは1月15日(火)のAM11:00より。早いもの勝ちといたします。 ご注文に際しては、必ず 当店のHP をご一読ください。商品の詳細やご注文方法を記載しております。

 皆様からのご注文をお待ちしております。


 *お陰様をもちまして、この企画は終了させていただきました。 義援金寄付の模様は近いうちにこのブログ及び KBHのブログ にてレポートいたします。 皆様のご厚意、まことにありがとうございました。
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-13 16:22 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2013年 01月 08日

最後のアルキュオン

  ひょんなことから、もう完売したと思っていたアルキュオンを発見!
b0193874_1824715.jpg

 レッドカラーのスモールトラウト!  尚、本品はリール本体のみとなり、付属品はございません。一台だけの発掘ですので、早いもの勝ちです。 価格は¥35,700(税込) ( 売り切れ)です。 宣伝でした!
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-08 18:36
2013年 01月 04日

浮世離れの三が日

 あけましておめでとうございます。
 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 新年は3日より平常通りに営業・・・のはずでしたが、大晦日の晩にインフルエンザ隊に入隊。 今日現在までお正月三が日をただただ「寝て過ごす」という、とっても優雅でリッチな生活を楽しんでおります。 熱の影響なのか、自分でも何をやっているのか全く判らないという、忍法「心ここに在らず」を会得。当然、レジなど打てません(笑)。

 ということで、お客様方にはしばらくの間ご不便をお掛けするかと存じますが、どうかひとつ、温かい目で見守っていただきたく存じます。
[PR]

by ccacc99 | 2013-01-04 12:45