店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 21日

ニジマス好き

 ここひと月ほどご無沙汰だが、店主はもともと渓流釣りが大好き。 子供の頃から父に連れられ、あちこちの川へ出掛け、渓流魚たちと戯れていた。 後にルアー釣りやフライ釣りを始めると、ますます渓流釣りに傾倒していき、現在に至る。 そんな店主だが、渓流魚と呼ばれる鱒属の中でずっと憧れ続けているのは、ヤマメでもイワナでもなく、「野生のニジマス」なのだ。
 中学生の時、近所のスーパーの雑誌コーナーで立ち読みした鍛治 英介氏の好著、「北海道の湖と渓流」のカラーグラビアのニジマスの写真を見た時の衝撃は、今でも忘れることが出来ない。それまで放流ニジマスしか見たことがなかった店主は、フェンウィックのフライロッドと共に並べられたこの写真のニジマスの美しさと迫力に、ただただ感服したものだ。 それまで見ていた、肌ツヤの悪い、尻尾の丸い放流ニジマスとは、「まるで別の魚」に思えたものだ。
 日常的に釣っていたヤマメやイワナより、なかなかめぐり合うことができない「野生のニジマス」を釣ってみたいという思いは、いまの店主の釣りに大きく影響していると思う。

b0193874_15152281.jpg

 画像は、今年の北海道釣行の時に釣った小型のニジマスだが、この姿態から大自然の中で生まれ育ったことは一目瞭然。この一尾を見たとき、あまりの美しさに時を忘れた。

 その鱒をリリースしたそのすぐあとに、大人の鱒が掛かった。 3Xのティペットでも「ヤバイ」と思わせるそのダッシュ力は脱帽もの。 延々と続くやりとりの末、ようやく我が手中に宝石が・・・。

b0193874_152237100.jpg

 美しさはもちろんだが、その猛々しいファイトと立派な体躯に、今度はしばし言葉を失った。 

 ヤマメやイワナに比べて、ニジマスのことを低く見ている釣り人が時々見受けられます。 釣りなんて遊びの一環だから、自分の好きな魚を追い求めればいいのだし、他人からとやかく言われる筋合いはありません。ニジマスの事をどう思おうと個人の勝手ではあります。でも店主からすると、ニジマスの本当の素晴らしさを知らないなんて「もったいない!」と思うのです。 そこで渓流釣り師の一人として、お節介を承知で一言。 
「一度腰をすえて、本物の野生のニジマスと対峙してみてください。」


 
[PR]

# by ccacc99 | 2010-08-21 15:57 | 鱒・鮭
2010年 08月 20日

釣れない釣りでも楽しい!?

 先週・今週と二週続けて休日に雷魚釣りへ行ったが、まるで釣れない。 先週は台風直撃の日の釣行だったので諦めもついたが、満を持して挑んだ今週もまるでダメダメ。一日中いくつかの池を回ったのだが、行く先々で雷魚のアタックはあるものの、全くフックアップしない。たまにフックに乗っても、しばらくすると全部バラしてしまう。 まったく下手ですね~。もう、まるで釣れる気がしない。

b0193874_18261547.jpg

 でも、こんな感じの池で釣りをしているせいか、様々な生物に出会えるので、生物大好きな店主としては、釣れなくても雷魚釣りは楽しいのだ(ちょっと、負け惜しみ・・・)。  カエルやカメはおなじみだが、トンボなどの昆虫の多さに改めて驚いたりする。

b0193874_18344450.jpg

 このトンボ、コシアキトンボという。 頭と尾の先の黒色に対して、腰のあたりが白く「色が空いている」からこの名前が付いたのだろうか?その配色の妙は、バスプラグのカラーリングを彷彿とさせる。この個体はオスのようで、同種のトンボが近くを通る度に飛び立っては、なわばりから追い払っていた。
 この池には、このコシアキトンボの他に、ギンヤンマ、シオカラトンボ、ナツアカネ、イトトンボの類などが確認できた。店主のつたない知識でも、これだけの種類を確認できたのだから、トンボのマニアだったらもっと沢山の種の判別ができるだろう。  そういえば釣りの最中、雷魚がトンボを捕食する場面にちょくちょく出くわす。初夏のチョウトンボに始まり秋のアキアカネまで、雷魚にとってもトンボは重要な餌なのだ。 カエルもカメもフナも雷魚も、これらトンボなどの昆虫に支えられて生きているのだ。
 
 雷魚がよく釣れるフィールドは、トンボなどの昆虫をはじめとした小動物たちの宝庫なのです。
[PR]

# by ccacc99 | 2010-08-20 20:07 | 生物
2010年 08月 18日

新東亜交易

 タイトルを見てピンと来たりニヤッとした方々は、アラフォー以上の完璧なオッサンです(笑)。
 新東亜交易・・・三平・開高世代にはなんと懐かしい響きでしょう! ルアーやフライフィッシングがまだまだ神秘のベールに包まれていた時代、僕等はとにかく情報に飢えていた。「つり人」誌や「フィッシング」誌のルアーやフライの記事を穴が開くほど読みふけっていた。釣具店で時折もらえる、各社のカタログなども貴重な情報源。とても大切にしていた。 
 物持ちの良い店主は、当時のカタログや雑誌などを、いまだに結構所有していたりする。 
 そんななかの一冊がコレ。新東亜交易 '83/'84 のカタログ。

b0193874_19211472.jpg

 表紙に写るのは、中禅寺湖の生き字引(当時)、伊藤翁であります。伊藤翁は、中禅寺湖畔にあった東京アングリング&カンツリー倶楽部の・・・と書き出すとキリがないので割愛するが、日本のルアーフライ創世記からの生き証人(当時)だったのである。 話は変わるが、向かって左に写っている少年、現在では完璧なオッサンに違いない(笑)。今でも釣りをしているのだろうか?
 そんなことより、チラッと中身を見ると・・・

b0193874_19282188.jpg

 Bomber社のページ。カラーチャートには、憧れの「ホネホネ・カラーのスピードシャッド」が・・・。このホネホネ・カラー(当時はそう呼んでいた)の一部は新東亜交易の特注カラーなので、本国のアメリカ市場では存在しないカラーなのだ。 こんなことなら、当時、借金をしてでも買っとけばよかったなぁ~。
 他のページをもういっちょ。

b0193874_1933586.jpg

 悪魔印、ご存知ダーデブル! 現在は群馬県渋川市の怪しい釣具店 (あっ、カーティスクリークだっけ?) が細々と輸入しているに過ぎないが、当時、ダーデブルのスプーンは全国の釣具店で取り扱われていたものだ。 少年時代の店主は、あの悪魔マークにシビレていたが、当時の少年にとって、価格があまりにも高価 (一個¥700~¥800はしたかな) だったので、1個か2個しか持ってなかった。
 今でも、当時とほとんど同じ仕様でルアーを製造しているエッピンガ-社(ダーデブルはブランド名)には、本当に頭が下がります。 だてに100年もルアー作ってないね!

 当時の新東亜交易が扱っていたルアーメーカーは、ラパラ、ダーデブル、アーボガスト、ボーマー、スティングジルダ、ルブレックス、メップス、ミッチェル、ガルシアなど。 カタログからは、当時のメーカーや釣り人たちのルアーフィッシングにかける「アツさ」が伝わってきて、今見ても十分に楽しい一冊です。
 こういう、夢のあるカタログって、最近見てないなぁ~。
[PR]

# by ccacc99 | 2010-08-18 20:02 | マニアック
2010年 08月 17日

酷暑の休日の過ごし方

 今年の夏は猛暑というより酷暑。前橋付近では気温35℃はあたりまえになってきた。天気予報で、「今日の気温は30℃」なんて言われると、「少し涼しいかな・・・」なんて思ってしまう。 夕方の豪雨も含め異常気象という言葉で片付けるのは簡単だが、年々ヒートアップするこの現象を見ていると、この地球に生きる一生物としても、一釣り師としても、この先がちょっと心配だ。
 そんなこんなで最近の傾向として、酷暑、豪雨、お盆の混雑、渇水・・・などの渓流釣りに良くない条件が勢ぞろい。こんなときは、無理せずに他の楽しみを見つけるのも、また一興。 まぁ、「他の楽しみ」と言っても、店主の場合はやっぱり魚釣りなのだが・・・。

b0193874_1318248.jpg

 画像の鯰は、昨夜Wさんがキャッチしたもの。ヘルレイザーなんかで釣っているところがシブい。 渓流釣りの帰りに鯰の夜釣り。こんな夏の一日のすごし方も素敵だ。
 店主はというと、渓流釣りはしばらくお休みモード。次の休日の雷魚釣りに向けて現在フロッグをチューニング中。 ヒヤッと涼しい秋風が吹き始めたら、渓流釣りを再開しようと思います。

b0193874_13312053.jpg

[PR]

# by ccacc99 | 2010-08-17 13:33 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2010年 08月 15日

今日の利根川

 先ほど、常連のT君から連絡が入った。何でも、彼の弟が利根漁協区内の本流で40オーバーのヤマメを仕留めたらしい。彼自身も、今朝、当店の近くのポイントで40弱のキレイなニジマスをキャッチしている。 今頃から禁漁になる9月20日にかけて、毎年大型のヤマメが釣られている。早朝や曇りの日が狙い目でしょう。
[PR]

# by ccacc99 | 2010-08-15 15:01 | 今日の利根川