店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 02日

マックビッカー

 もともと、釣道具が大好きで釣具屋を始めたという経緯がある。 ルアーならABUやHeddon やPhillipson、フライならHardyやLeonard、Payneなどの王道と呼ばれるタックル類は、それぞれに熱狂的なコレクターや研究者が居て、それぞれの方々がホームページやブログ上で歴史的考察などあまたの論文(?)を発表されている。そんな王道のタックルについて、ここで僕が論じたところで面白くもなんとも無いと思うので、今回は僕の所有する道具のうちで、「一般的に認知度は低いが、店主的に気に入っている道具」を紹介したいと思う。
 ヴィンテージフライリールというと、まず筆頭にくるのは、やはりHardyやVom Hofeだろう。でも、いろいろ調べてみると、有名ではなかったけど味のあるリールを作っていたメーカーも結構あるもの。 今回ご登場願ったのは、アメリカはニューヨークに工房を構えていた、McVICKAR & SON社のBUSHKILL TROUT REELだ。このリールについての数少ない文献には、1946~1953年の7年間製造されていたとある。また、開発にはJim Payneも関わっていたということだ。
b0193874_12145930.jpg

 僕が所有するこの2台は、3インチのトラウトサイズで全く同じモデル。だが、塗装や刻印などの違いが見られ、ちょっと見ると別のリールのような印象だ。 刻印などから考えると、多分、左上のリールの方が古いモデル。このグレー系の塗装のものは、僕が所有するこのリール以外に見たことがない (ちょっと自慢)。 右下のモデルはよく見る (と言っても、このリール自体あまり見かけないのだが:笑) タイプ。濃いブラック塗装。
 スプール中央の大きなラッチカバーには、クリックのテンションの強弱を調節するためのアルミ製のツマミがある。これにより、リールの背面は刻印以外何も無いプレーンなデザインとなっている。あまりにもカッコよく、独創的なデザイン! このアルミ製のツマミは小さくて使いにくい・・・といった欠点もあるのだが、「カッコ良さ」を道具選びの基準と考える僕にとっては「アバタもエクボ」。 ハンドルまでアルミの削り出しで作ってしまうところは、さすがアメリカ製。常識に縛られてないね~。

b0193874_124213100.jpg

b0193874_12425917.jpg


上の画像がグレーの(多分)初期型の背面の刻印。下が後期型の刻印。
どちらにも ” BUSHKILL TROUT REEL McVICKAR & SON TUXEDO,NY ”とサークル状の刻印があるが、初期型には、サークルの中に、更に ” PAT. PEND ” と ” MADE BY ”の刻印がなされている。 この刻印の違いと塗装色の違いのために、僕は同じリールを2台も所有しなければならなくなった (まるで、そんな必要はないけど・・・) のだ。
 僕の知るところでは、この3インチ他に、3.5インチ、更にサーモンサイズの4.5インチもあるようだ。 使っているうちにドラグが緩みやすいとか、ワンピースのアルミ製のリールフットの素材が脆く、すぐに欠けてしまう(僕のリールたちは、オリジナルの形状で製作した高強度のフットに交換してある)という欠点はあるのだが、そんなことは関係ない! こうなったら、全サイズをコンプリートしたいなぁ~なんて思ってます。
[PR]

# by ccacc99 | 2010-08-02 13:20 | 古典的釣道具
2010年 08月 01日

コンサート

 昨日はお店を早仕舞いして、渋川市民会館へ岩崎宏美のコンサートへ行ってきた。 彼女のコンサートにははじめて行ったけど、すばらしい歌唱力に脱帽!
b0193874_1153946.jpg


 初めてカーティスクリークに来られたお客さんから「何の釣りがメインのお店ですか」とよく聞かれる。店主に対しても「バス派ですか、それともトラウト派ですか?」「ルアー釣りですか、それともフライですか?」などとよく質問される。 しかし、このような質問をされると答えに窮してしまう。 道具などの進歩により釣りのジャンル分けが進んだせいなのか、そのジャンルのどこかに属していないといけない (というより、どこかに属しているのが普通) というのが、一般的な認識なのかもしれない。 でも、釣りは遊びだから、ジャンル分けにとらわれる必要など、まるでないのだ。その時「楽しそう」と思う釣りをすればいいと僕は思う。今週は渓流でフライフィッシング、来週はリザーバーでのバス釣り、その次は海に行ってハゼ釣り・・・みたいな感じで。 好きな音楽も同じで、ロックもJ-ポップも演歌もクラシックも、邦楽も洋楽も、僕には関係ないのだ。心に響いた音楽が自分にとっての「いい音楽」なのだから。

 テレビやCDで何度となく聴いてはいたが、生で聴く岩崎宏美の歌声は、より深く僕の心に響いてきました。また、彼女の歌声を聴きに行きたいと思います。このブログ、彼女は絶対に見てないと思うけど(笑)、一言だけ言わせていただきます。「いい時間をありがとう!」
[PR]

# by ccacc99 | 2010-08-01 12:24 | マニアック
2010年 07月 31日

豪雨の切れ間に・・・

 昨夜は、お店を閉めてから一人で夜の林へ・・・といっても、怪しいことをしているわけではなく (でも、見ようによっては怪しいか・・・?!)、毎夏恒例のクワガタ・カブト虫捕獲へ行った。 今年の渋川周辺は、毎晩決まってゲリラ豪雨が発生し、僕の大好きな夜の虫捕りは中止を余儀なくされていた。 昨夜はたまたま雨が降らなかったので、「この期をのがしてはなるまい!」と閉店後に林へダッシュ!
 期待に胸を膨らませて真っ暗な林の中をウロウロするが、どの木を見ても虫っ気ゼロ。子供たちが夏休みに突入したばかりなので、もしかしたら、夕方あたりに親子連れなどに先行されたのかもしれない。でも、考えようによっては、これは良いこと。IT時代のこのご時世、虫捕りをして遊んでいる子供もいるのかと思うと、なんだか嬉しくなる。 そんなことを考えながら、懐中電灯で木のウロを照らすと、なにやら黒い生物が動いた。すかさず捕獲すると立派なサイズのコクワガタ。
b0193874_12263469.jpg

 僕の生家周辺では、このコクワガタのことを「ナタ」と呼んでいた。角の形が鉈に似ているからだと思われる。ちなみにノコギリクワガタの角の大きいヤツは「アラッパ(意味不明)」、角が短くストレートのヤツは「ノコ」とよばれていた。さらに、超ド級のサイズにまで育った赤いアラッパのことを「アカウシ」と呼ぶ友達もいた。 クワガタの地方名を調べてみると、ちょっと面白い。同じ種類のクワガタでも、町村単位はもちろん、丁目や学区などによって呼び方が違うことが多い。さきほどの「アラッパ」は僕の通っていた小学校の周辺でしか通じない言葉だ。
 昨夜の成果は、ナタが数匹のみの貧果に終わった。原因は先行者の可能性が大きいが、樹液を出している木が例年より少ないような気もした。樹液が出る要因はいくつかあるが、カミキリムシの存在は大きいと思う。
ミヤマカミキリやノコギリカミキリなどが「かじった」産卵用の穴から樹液が染み出すのだ。僕が観察したところでは、カミキリムシが多い林には、クワガタやカブトムシも多い・・・ということが判明している。
b0193874_1247380.jpg

 昨夜キャッチしたクワガタたちは、写真を撮ったあと全てリリースしてきました。子供たちの楽しみを大人が奪ってはいけないものね。次回は本命のヒラタクワガタに出会えたらいいなぁ~。
[PR]

# by ccacc99 | 2010-07-31 12:58 | 生物
2010年 07月 30日

気分爽快!

 北海道釣行時の右手人差し指の怪我(詳しくは http://www.c-creek.com/tubuyaki2010.htm を参照)により、シングルハンドの竿が握れない日々が続いた。でも、ツーハンドロッドは扱えたので、この数週間は大好きな雷魚釣りばかりしていた。 その右手人差し指もようやく癒えてきたので、昨日はリハビリを兼ねて源流域でのイワナのフライフィッシングへ行ってきた。
 源流域と言っても、ザイルで尾根を越え、滝つぼを泳いで渡るような、過激な源流行は、釣りが主体の僕には向いていない。テクテクと林道を歩く程度。 でも、普段から運動不足の僕にとって、汗をかきながら一日中森の中を彷徨う、このテクテクが良いのだ。一日の終わりには心も体もリフレッシュ!爽快な気分だ。
 同行者の友人Fはフライフィッシングを始めたばかり。春先に里川のヤマメとは対面しているが、本格的な渓流釣りは今回がはじめて。目標はもちろん、イワナとの初対面!
b0193874_12565869.jpg

 降りしきる雨の中、早速、第一投。はじめのうちだけ僕はガイドに徹するが、いつもよりかなり水位が低く、イワナたちの反応もイマイチ。それに加え、まだキャスティングに慣れていないFは、木の枝や草などにフライを取られたりティペットが絡まったりで、しばし「釣り中断」が続く。本人もかなり「カーッ」となっていることだろう。でも、これを乗り切らないと本当の渓流釣り師にはなれないのだ。
 そんな困難をいくつか乗り越え、たまにイワナ達もFのフライに反応するようになる。いくつかのイワナのアタリを逃したり、バラしたりしたお昼過ぎ、とうとうFのロッドにも小気味良い引きが・・・。 ついにランディングネットに入ったイワナは16~17cm。でも、サイズなんてどうでもいいこと。がっちりと握手! 勢いに乗った彼は、夕まずめに更に数匹のイワナと対面! 念願の20cmオーバーも出て、満足のうちに真っ暗な林道をテクテクと帰った。
 僕にとっても、一年ぶりの源流釣りだったが、深い森の中のどこまでもクリアな水に棲む、宝石のようなイワナ達と出会えて、改めて日本の自然の素晴らしさを知った。 釣りは何をしても楽しいですね~。
b0193874_13201419.jpg

[PR]

# by ccacc99 | 2010-07-30 13:36 | 西洋式毛鉤釣