店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フライフィッシング ( 118 ) タグの人気記事


2017年 09月 01日

My Favorite Tackle


店主のお気に入り。渓流のフライフィッシング用として所有しているフルーガー社製ホークアイ(Hawkeye)80ヤードモデル。1920年頃の製品と思われます。

b0193874_17471585.jpg

ハードラバーのサイドプレートを持った両軸受けフライリール。いわゆるボンホフ・タイプと言われるアメリカンフライリールの伝統的なデザインです。


b0193874_17472530.jpg

ハードラバー製のサイドプレートには初期のフルーガー製品の証、ブルドッグマークが刻印されています。


b0193874_17473331.jpg

フットの裏には「80」の刻印。80ヤードサイズという意味で、このリールのサイズ(ラインキャパ)を示しています。今のフライラインだとDT4に少々のバッキングラインが収納可能です。 60ヤードサイズより、店主にはこちらの80ヤードサイズの方が使いやすいです。


b0193874_17474061.jpg

裏面のサイドプレートには、クリックのオン/オフが切り替えられるツマミが装備されています。


b0193874_17474686.jpg

リールの径は約62ミリと小ぶりですが、ワイドスプールが採用されているので、渓流用フライリールとしてラインキャパもOKです。


それにしても、もうすぐこのリールも100歳。そろそろ付喪神になる年齢です(笑)。フィッシング界では店主の大先輩にあたるんですね! 大切にいたわりながら使いたいと思います!!


[PR]

by ccacc99 | 2017-09-01 18:38 | タックル
2017年 03月 06日

Fly Reel & Spinning Reels

カーティスクリークヤフー店に往年のトーマス&トーマスのフライリールミッチェル308、408を追加しました。

b0193874_18394698.jpg
b0193874_18400946.jpg

是非ご覧になってください!



[PR]

by ccacc99 | 2017-03-06 18:41 | 入荷
2017年 01月 20日

NCA Fly Rods

カーティスクリークヤフー店にノースカントリーアングラー製フライロッドを追加しました。

b0193874_12173724.jpg
b0193874_12172441.jpg
これらの商品は送料無料にてご注文を承っております。是非ご覧ください!




[PR]

by ccacc99 | 2017-01-20 12:23 | 入荷
2017年 01月 14日

My Favorite

トラウトシーズン開幕まであと少し。そろそろ手入れでもしようかなぁ~とタックル一式を引っ張り出してきました。 その中にあったのが、店主のお気に入りのランディングネット。

b0193874_14385373.jpg
多分、50年くらい前のアメリカ製。ニュージャージー州はヒルサイドにあった「H.K. MFG CO.」という会社の製品。


b0193874_14390747.jpg
「STOAWAY」という商品名でしょうか。ウッドとアルミ素材で作られた折り畳み式。

b0193874_14392442.jpg
ひろげてみると、日本の渓流魚にちょうど良いサイズ。 折り畳み式という利便性よりも、店主的には4分割のアルミフレームが、ヒンジを介してコンパクトに折りたたまるというギミックのほうにやられてしまいますね(笑)。 今後、こういう手の込んだ製品、製造されることはないのだろうなぁ~。




[PR]

by ccacc99 | 2017-01-14 15:05 | タックル
2016年 11月 30日

Hardy Featherweight Fly Reel

英国はハーディー社のライトライン用フライリールの名機、フェザーウェイト。日本の渓流釣りで使う#3~4ラインに最適のサイズなので、多くのフライフィッシャーに愛好されていると思います。 店主の手元には、製造年代が違う2台のフェザーウェイトがあります。一見、まるで同じに見えますが、年代により多少のマイナーチェンジが繰り返されているようです。

b0193874_17062232.jpg
この角度から見ると、全く同じ仕様に見えますが、各部の詳細を見てみると・・・

b0193874_17071785.jpg
裏面の刻印。リールフットを上にして並べています。刻印の方向が全く逆になっています。ちなみに、左のリールはアメリカのアウトドア用品店の老舗・アバクロンビー&フィッチを経由して販売さてたもののようで、そのように刻印にも記されています。 また、よく見てみると。リールのセンターにあるスプールシャフトの取り付け方も違うようです。 製造年代的には左のリールのほうが古いようです。

b0193874_17063727.jpg
外観上での一目で分かる大きな違いはラインガード。左の古い方はいわゆるL型ラインガードと呼ばれる初期のもの。フレームに2個のリベットで止まっています。一方の右側のリールはH型の大型ラインガードのもの。2本のマイナスネジでフレームに止まっていることから、マニアの間では2スクリューラインガードと呼ばれています。 このあと、1970年代くらいからは、小型のラインガードを1本のマイナスネジで固定する方法に変わっていきます。

b0193874_17070072.jpg
外観だけでなく、内部構造も時代とともに変化します。初期型ともいえるL型ラインガードの左のリールは、クリックとスプリングの形状が通称「マークIIチェック」と呼ばれる形状で、ラチェットのツメとスプリングが上下に分かれています。古いハーディー社のリールによくみられるシステムで、下部のラチェットのツメとスプリングは基本的にスペアと考えられているようです。 一方、右の2スクリューラインガードの中期型リールは現代のそれとほとんど変わりがない内部構造で、ドラグ調整スクリューによって正転・逆転の両方のテンションを調整できるように進化しています。


どちらのリールも現役で渓流釣りに使っていますが、使用感に差は感じられません。 しかし、こういう些細なところに拘ってみるのも、釣りという趣味の悦楽のひとつと言えるのではないでしょうか?


[PR]

by ccacc99 | 2016-11-30 17:49 | タックル
2016年 11月 04日

キャスティング練習


恒例だったキャスティング練習を再開しようと思います。ベイト、スピニング、フライと、何でもありの練習会。毎週土曜日の朝8時半くらいからやりたいと思います。 店主の趣味なので、誰でも参加自由です。明日から始めますので、一緒に練習される方は当店までお電話(027 289 2307)下さい!

b0193874_12245877.jpg


[PR]

by ccacc99 | 2016-11-04 12:26 | 報告
2016年 08月 22日

Abel製品やオールド物をアップしました。


 ヘモスタッド(フォーセップ)などのAbel社製品、オールド物のフライボックス、B級?バスプラグなどををカーティスクリークヤフー店( http://store.shopping.yahoo.co.jp/curtiscreek/ )に追加いたしました。是非ご覧になってください。

b0193874_1292415.jpg
b0193874_1210221.jpg
b0193874_12104816.jpg

 ヤフー店にて商品お買い上げ合計1万円以上の方には送料無料(一部商品に例外はあります)。またヤフー店でのお買い物は全てTポイントの対象となります。 尚、実店舗に直接ご注文の方はメール( curtiscreek99@gmail.com )かお電話( 027-289-2307 )でお願いいたします。
[PR]

by ccacc99 | 2016-08-22 12:33 | 入荷
2016年 08月 08日

バスバグ(ディアヘアポッパー)のタイイング

 こののところ、ブラックバスのトップウォータープラッガーの愛好家の中に「バスバギングで釣ってみたい」という人が増えているような気がします。バスバギングとはフライロッドでのバス釣りのことです。普段のトップウォーター釣りに、バスバグとい呼ばれるフライとフライロッドを持ち込めば、バスロッドで釣るのとはまた違った、新たな楽しみの発見が待っています。

 フライフィッシングというと、ちょっと難しそうな印象がありますが、ちょっとしたコツさえ掴めば誰にでも楽しめるスポーツなのです。 そしてもっと楽しいのは、フライを簡単に自作できるというところです。自分で作ったフライでバスが釣れるなんて、考えただけでもワクワクしますね! そんなバスバグの作り方をちょっとだけご紹介!



b0193874_11284474.jpg

 まずはバスバグ用フライフックの後半部分にスレッドで下巻きして、そこにニワトリの羽根でテールを作ります。ラバースカートなどを代用しても構いません。あまり重くなく、水面でユラユラ動く素材だったら何でも良いと思います。



b0193874_1129753.jpg

 次に、ボディ材となるディアヘア(シカの毛。ここでは黄緑色のシカの毛を使います)を、フックの下巻きしていない部分に一周させて取り付けます。一周させることを、難しい言葉で「フレア」といいますが、ちょっとしたコツがあります。言葉では説明しにくいので、詳しく知りたい人はお店に遊びに来てください。



b0193874_11292731.jpg

 取り付けたシカの毛を、新入荷のファグリーパッカーというツールで後ろへ押し込みます。こうすることで、一周させたシカの毛同士がより密に密着します。より浮力のあるボディを作るのに必要な工程です。



b0193874_11293773.jpg

 黄緑色のシカの毛を取り付けたのと同じ手順で他の色のシカの毛(ここではチャート、黒、チャート、黒、ピンクという順番)で取り付けます。ご自分で製作するときはもちろん、お好みのカラーの組み合わせで結構です。一色だけ、二色だけ・・・で製作するのもありです。ここで重要なのは、シカの毛を取り付けるごとにファグリーパッカーでシカの毛同士を密着させることです



b0193874_11294520.jpg

 スレッド(巻き糸)をアイのところでハーフヒッチ(片結び)したら、シカの毛をハサミで刈り込んでいきます。ボディーの形状も自由ですので、好きなように刈り込んでみてください。色を変えるたびに密着させたシカの毛が「だんだら模様」になってちょっと楽しい見た目になりました。頭のピンクの部分を接着剤などで固めれば、ポップ音が出やすいディアヘアポッパーの出来上がりです。


b0193874_11295449.jpg

 出来上がったディアヘアポッパーとシカの毛、そしてニューツールのファグリーパッカーです。今回はこのほかに巻き糸(スレッド)とニワトリの毛を使いました。 フライショップなどでは完成品のバスバグも売っていますが、自分で作ったフライでバスを釣り上げた時の快感はひとしおのものです。是非皆さんもタイイングにトライしてみてください。


 ニューツールのファグリーパッカーやフライタイイング用の材料などはカーティスクリークヤフー店にてご購入可能です。是非ご覧になってください。 ヤフー店にて商品お買い上げ合計1万円以上の方には送料無料(一部商品に例外はあります)。またヤフー店でのお買い物は全てTポイントの対象となります。 尚、実店舗に直接ご注文の方はメール( curtiscreek99@gmail.com )かお電話( 027-289-2307 )でお願いいたします。
[PR]

by ccacc99 | 2016-08-08 12:15 | 西洋式毛鉤釣
2016年 07月 20日

またまた渓流釣りへ行ってきました!

 こないだの日曜日は恒例のオートバイツーリングの予定でしたが、折からの雨で急きょ中止となってしまいました。 ツーリングは中止になっちゃったけど、「多少の雨なら釣りは大丈夫だろう・・・」ということで、みなかみ方面へ渓流釣りに行ってみました。

 参加者はオジサン5人と、女の子1人の計6人。そう、参加してくれた女の子は前回、日光湯川でみごとフライフィッシング・デビューを果たしたAZちゃん。今回は本格的な渓流釣りに挑戦です。

 フィールドに着くと今までの雨がどこへやら、真夏の太陽が顔を出します。人数が6人もいるので2班に分かれます。 店主は、AZちゃんとY's GearのYさんの三人組で釣り始めます。


b0193874_11472890.jpg

 AZちゃん。フライフィッシングはまだ2回目ですが、キャスティングにも慣れてきたみたいで、結構上手にこなします。


b0193874_11474653.jpg

 Yさんはもちろんルアーフィッシング。それも自作ミノープラグが主体の釣りです。店主はAZちゃんに付きっ切りなので、Yさんはほとんどほったらかしです(笑)。


 しかし、突然晴れあがってムシムシした天気が良くないのか、この日のイワナたちはかなりナーバス。夕方まで三人ともノーフィッシュが続きます。


b0193874_114846.jpg

 夕まずめ、Yさんが自作ミノーでこの日の初イワナをキャッチしました。AZちゃんは初めて見るイワナに興味津々のご様子。「羨ましいなぁ~」って感じかな。


b0193874_11481759.jpg

 「滝の下にライズしてる魚がいますよ」というYさん情報で、さっそく駆けつけます。何匹もの魚がライズを繰り返してますが、フライにはまったく興味を持ってくれません。選手交代で店主もキャストしてみましたが、まったく釣れません! お日様はどんどん傾いていきます。



b0193874_11483173.jpg

 あたりが薄暗くなってもキャスティングを止めないAZちゃん。かなりのガンバリ屋さんです。 「もうフライが見えないから終わりにしよう・・・」と店主が言いかけた正にその時、待望のお魚がAZちゃんのフライを咥えます。 キャッチしたのはイワナではなくウグイでしたが、最後の最後まで諦めなかったAZちゃんにとっては「忘れられない一尾」となったことでしょう。


b0193874_11484241.jpg

 真っ暗な中での記念撮影。 またまた満面の笑顔をお見せできないのが残念ですが、これで本当の「釣り人」誕生だね、AZちゃん! 
[PR]

by ccacc99 | 2016-07-20 12:23 | 鱒・鮭
2016年 07月 06日

マンスリー・フィッシング

 マンスリー・フィッシングと題して、7月より毎月一回、フィールドへ出てお客さんと一緒にさまざまな釣りをするイベントを始めます。 第一回の今月は奥日光の湯川。開催日は7月12日(火)です。釣法はルアーまたはフライ。対象魚はブルックトラウト(カワマス)やニジマスなど。初夏の一日を高原の鱒釣りで楽しみませんか? 参加ご希望の方、お問合せはメール( curtiscreek99@gmail.com )またはお電話( 027-289-2307 )でご連絡をお願いいたします。

b0193874_1655378.jpg

[PR]

by ccacc99 | 2016-07-06 16:56 | 報告