店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ロッドビルディング ( 89 ) タグの人気記事


2017年 09月 22日

リザーバー用ロングロッド

過ごしやすい気温となり、いよいよ秋のバス釣りシーズンを迎えますね! みなさん、釣りには行っていますか?

さて、群馬県内のバス釣り事情として、ほとんどの野池が「立ち入り禁止」あるいは「釣り禁止」となってしまった昨今。店主的には自然湖あるいはダム湖といったある程度広さのある「大場所」へ釣行する機会が多くなっています。 そして、それらのフィールドの多くが通常はクリアウォーターである場合がほとんどです。 水が澄んでいて尚且つエレキの音などの影響を考えると、どうしても自然とボートポジションを遠めに(沖めに)とることが多くなります。そこで要求されるのが正確なロングキャスト。 5フィート台、長くても6フィートくらいまでが主流を占めていた店主所有のバスロッドですが、朝から晩まで一日中ロングキャストをキープし続けるのは結構な労力を要します。 「キャスティングがもう少し快適だったら釣りに余裕もでてきて、結果的に釣果に結び付くのでは・・・」 なんて思いが強くなってきました。 高校生の頃、買ったばかりのスーパーストライクGO-102で、軽々とキャスティング繰り返していた友達の姿が脳裏に浮かんできました。

そんなことを考えていた頃、一緒に釣行した同船者が6フィート半のベイトロッドを使っていて、ちょっと投げさせてもらう機会がありました。 キャストに入った途端、バックキャストでロッドが鞭のように撓るのが分かります。フォワードキャストに移ると、今までにないフワっとした投げ心地と思いのほかのロングキャスト性能にビックリ。それまで使っていた6フィートロッドの半分くらいの力でプラグが飛んでいきます。 「友達のGO-102もこんな感じだったのかなぁ~!」「う~ん」と唸りましたね。


・・・ということで現在、ダム湖用のロングロッドを製作中。 お店の隅でずっと売れずに眠っていたスチールヘッドのムーチング用(?)アメリカ製カーボンロッドブランクのティップとバットを「イイ感じ」のところで6フィート半前後にカット。昔のコノロン社のグラスロッドみたいな、ティップ部分が長くバット部がかなり短い変則的な2ピースとなったけど、自分で使うのだからこれでOK!

b0193874_11054792.jpg

ガイドを仮止めして広場でテストキャスト。ガイド位置やガイドの数をいろいろ試行錯誤して、あの「フワっとした投げ心地」にかなり近づきました。 ロングキャスト性も問題なし。



b0193874_11052852.jpg


この秋のシーズンはこのロッドを使い倒したいなぁと思っています。 早く完成させなくちゃ!!



[PR]

by ccacc99 | 2017-09-22 13:37 | タックル
2017年 03月 03日

NCA Kameglass 4pc Fly Rod

岩手のNCAの工房より、カスタムメイドのフライロッドが到着。 早速荷物を開けると、いつも通りの美しい仕上がりのグラスロッドがお目見え。

b0193874_14464297.jpg
NCA Kameglass 693 4pc


b0193874_14460683.jpg
b0193874_14462314.jpg
お客様のご要望で、リールシートのウッドフィラーはトチの木、ストリッピングガイドは往年のパーフェクション社製ホワイトクッションリングのセラミックガイド。ゴールデンエイジのグラスロッドのテイスト満点!

オーナーのH様、とてもカッコよかったので、納品前にブログで発表しちゃいました、スミマセン(汗)!



[PR]

by ccacc99 | 2017-03-03 14:53 | タックル
2017年 01月 22日

Garcia Fiberglass Rod その2

ガルシア製グラスロッドのレストアの続報です。 まずはガイドを外し、まるで紙のように劣化しているスレッドをキレイに剥がしていきます。

b0193874_12195149.jpg
b0193874_12205769.jpg
上画像は、各ガイドを外し、劣化したスレッドを除去した状態。スレッドはなるべく慎重に除去し、ブランクに塗られた白い塗装部分が剥がれないように気を付けます。いつも、このように上手くいくといいのですが・・・。


b0193874_12213090.jpg
そして、再度スレッドでガイドを固定していきます。オリジナルに近いカラー、近い太さのスレッドを使用して、巻き方も元の状態になるべく近づけます。 最後にカラープリザーバーで色止めしてからバーニッシュで仕上げます。


店主、こういう仕事、嫌いじゃありません(笑)。 当店では、ロッドの修理レストアなどいつでも承っております。 まずはメール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(027-289-2307)にてお問合せください。




[PR]

by ccacc99 | 2017-01-22 15:50 | 古典的釣道具
2017年 01月 13日

Garcia Fiberglass Rod

自分のロッドが完成したと思ったら、引き続きオールドロッドのレストアの依頼が入ったので作業してます。

b0193874_12201065.jpg
昔々のガルシア社製スピニングロッド。ブランクはグラスファイバー製。

b0193874_12195149.jpg
レストアのご依頼内容は、各ガイド部のスレッドの劣化がひどいので巻き直してほしいというもの。まずは各ガイドを外し、古いスレッドを除去します。

b0193874_12203242.jpg
ガイドを外した図。これから古いスレッドを除去していきます。 今となっては貴重なロッドなので、なるべくオリジナルに近い感じに仕上げられたらいいなぁ~と思ってます。 *以下、次回に続く。




[PR]

by ccacc99 | 2017-01-13 12:34 | 古典的釣道具
2017年 01月 09日

My Trout Rods Vol.3


またまたトラウトロッドの続きです。もう一本は、カーボン製の渓流用ベイトロッド。
b0193874_14051067.jpg
5ft6inのワンピース、ウルトラライト。グリップは往年のガルシア製はめ殺しタイプを加工して、ブランクを着脱可能にしました。


b0193874_14050056.jpg
b0193874_14055504.jpg
ガイドはFuji社製チタンSicガイド。PEラインの使用も視野に入れています。


b0193874_14054367.jpg
b0193874_14052910.jpg
ラッピングはガイド部はシースルーですが、バット部のみスレッドをカラープリザーバーで色止め。ちょっとだけ、往年のウィンストン・バンブーロッド風のテイストに。


b0193874_14044755.jpg
アベイルのパーツでチューンした1500cと合わせて楽しもうと思います。今シーズンの渓流釣り、今から楽しみです!


カーティスクリークでは、ロッドの製作や修理・レストアも承っております。ご用命はメール( curtiscreek99@gmail.com )またはお電話(027-289-2307)まで。




[PR]

by ccacc99 | 2017-01-09 15:20 | タックル
2017年 01月 07日

My Trout Rods Vol.2


昨日の続きになりますが、自作の渓流用トラウト・スピニングロッドです。ブランクはワンピースのカーボン製ウルトラライトアクション。長さは4ft8in。

b0193874_15463958.jpg
はめ殺し式の往年のFujiラバーグリップは着脱式に改造しています。

b0193874_15471974.jpg
ウィンストン社のフライロッド風に、グリーンとレッドのスレッドでバット部を巻きましたが、やっぱり、カラープリザーバーで色止めしました。この方が、ルアーロッドっぽいですね。

b0193874_15464803.jpg
当店のマスコット、アンクルカーチスのマークをバット部中ほどに。


b0193874_15470001.jpg
b0193874_15471088.jpg
ガイドはFuji社のチタンSic。ガイドのラッピングは色止め無しのシースルー・グリーン。

b0193874_15472907.jpg
ラバーグリップを採用することで、1980年代風のテイストになりました。銘木を使用したリールシートにコルクグリップが定番の現代トラウトロッドですが、こういう異端児がいてもいいですよね?


カーティスクリークでは、ロッドの製作や修理・レストアも承っております。メール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(027-289-2307)までお問合せください。



[PR]

by ccacc99 | 2017-01-07 16:07 | タックル
2017年 01月 06日

My Trout Rods

新年を迎え、来たるべきシーズンに向けてタックルの準備に余念のない方も多いかと思いますが、そう言う店主も自分のためのロッドを製作したりして、すでに臨戦態勢です(笑)。

かねてから、このブログでもチラチラお話ししてましたが、トラウト釣り解禁に向けて渓流用のスピニングロッドとベイトロッドを製作してみました。

b0193874_19012189.jpg


b0193874_19013052.jpg

b0193874_19013954.jpg
b0193874_19011441.jpg

どちらもワンピースのウルトラライトロッドですが、店主の拘りで、グリップは着脱式に細工してあります。 次回は細部の画像なども交えながらもう少し詳しくご覧いただこうと思います。




[PR]

by ccacc99 | 2017-01-06 19:11 | タックル
2017年 01月 04日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

ということで、新年からビンテージのバスロッドのレストアを始めています。

b0193874_15170797.jpg

アメリカから来たこのロッドには「MAKIT RODS」というインスクリプションが貼られています。多分、購入した人が自分で組み立てる「キットロッド」として販売されていたものだと思われます。


b0193874_15172441.jpg

b0193874_15164865.jpg

バットフェルールはチャンピオングリップやフェンウィックのラバー/コルクのグリップなどにフィットするものが装着されています。これはそのまま使えそうですが、ガイドラッピングなどは塗装のウレタンが経年による変化でパリパリになって剥がれかけています。


b0193874_15174164.jpg

グラスファイバー製ブランクの表面のクリア塗装(ウレタン)も経年変化でパリパリに乾燥して、全体的に剥がれかけています。


b0193874_15175551.jpg

早速作業開始です。ガイドラッピングを解いていきます。ダブルラッピングになっているので、まずはガイドフットを止めているオーリーブ色のスレッドを除去。すると、ビックリ! オレンジ色だとばかり思っていた下巻きのスレッド、実は赤いスレッドだったのですね~(笑)。 太陽光などで色が褪せてしまったみたいです。


このバスロッド、ヒマに任せて少しづつレストアしていこうと思います。トップウォーターロッドとしてのアクションはかなり良いので、キレイに仕上がったらお店で販売しようかなぁ~。





[PR]

by ccacc99 | 2017-01-04 15:38 | タックル
2016年 12月 27日

オールドロッドの改造 その3

お客様からのご依頼のオールドロッドの改造が終了しました。 作業内容は、ガイドの取り換え。古いカーボロイガイドを外して、Fuji社のSicガイドへ交換します。

b0193874_12003767.jpg

上の画像は、お客様からロッドが送られてきたときのもの。ガイドはダブルフットからワンフットに変更なります。 ソルトのボートシーバス釣りで使用するそうです。


b0193874_14222076.jpg
こちらの画像は作業後のもの。お客様からのご要望で、スレッドは赤からブラウンへ変更。結局、飾り巻きも含めて全てのスレッドを巻き直したので、レストアと同じ作業になりました。でも、シーバス釣りで活躍してもらえれば最高です!

カーティスクリークでは、ルアーロッド、フライロッドなどの修理やレストアを承っております。まずはメール( curtiscreek99@gmail.com )またはお電話(027-289-2307)にてご相談ください。お待ちしております。



[PR]

by ccacc99 | 2016-12-27 14:39 | タックル
2016年 12月 25日

ラッピングスレッド

ノースカントリーアングラー(NCA)のMakoさんから、素敵なクリスマスプレゼントが届きました。

b0193874_13062039.jpg

年代モノのロッドビルディング用ラッピングスレッド! ちょっと太めのDサイズなので、バスロッドやライギョロッドの製作に最適です。

Makoさん、ありがとうございました。良いロッドを作らないと・・・(笑)。

NCA製品は当店でお求めになれます。 フライロッド トラウトロッド




[PR]

by ccacc99 | 2016-12-25 13:23 | マニアック