店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 21日

片手でフライキャスティング!

動画は「ルアーマンのためのフライロッド」L&Mシリーズの投げ方の一例です。
ルアーのように、片手で、しかもひと振りでキャストができます。


1. フライラインの太い部分を指にかけて握ります。何度か投げているうちに、フライラインのどの辺を指に掛けるのがいちばん良いか分かってきます。 指を掛ける位置が決まったらマーカーペンなどでラインに印を入れるのも良いでしょう。

2. ラインを握ったままバックキャストに入ります。ルアーのキャストの要領で手首を後ろへ振りかぶります。

3. 振りかぶった竿がグーっと重くなったら(フライラインが後ろで伸び切った証拠です)、また手首をもとの位置まで振り戻します。

4. スピニングのキャストの要領で、前方まで竿を振りきる少し手前でフライラインを握った指を緩めます。

5. あとは勝手にラインが飛んでいきます。決して力みすぎず手首を返す感じデリラックスして投げるのがコツです。

今回の動画ではトラウトやブルーギルをターゲットとして開発したLM70TPを使っています。フライラインは6番です。この投げ方で、ごく近距離から約15m前後の距離までのキャスティングが可能です。渓流釣りはもちろん、管理釣り場や野池のギル釣りにも十分対応します。 一般的なフライのキャストのように何度も竿を振る必要がなく、ルアーみたいにひと振りでキャストが可能です。

バスバギング用に開発したMD76BやMS80Bも同様の投げ方で機能するように設計されています。 詳しくは 当店のホームページを御覧ください!
www.c-creek.jp/itemlist.html





by ccacc99 | 2018-12-21 19:00 | タックル


<< ハンドペイント!      「ルアーマンのためのフライロッ... >>