店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 18日

ルアーマンのためのフライロッド LM70TP キャスティング動画

おかげ様でリリース後ご好評をいただいている「ルアーマンのためのフライロッド」L&Mシリーズ。 キャッチコピーの通り、誰にでもフライフィッシングを楽しんでもらいたい一心でESTの大ノ木さんと ’簡単に投げられるロッド’ というテーマで開発いたしました。

当店または大ノ木さんの工房へ来られるお客様は、実際に手に取って、ラインを通して振っていただけるデモロッドがありますが、遠方の方にはなかなか体験していただくことができませんので、今回はキャスティング(投げ方)の動画を撮ってみました。

まずは、渓流や管釣りのトラウト&ブルーギル用のオレンジ色のフライロッド、LM70TP(7フィート #5/6 グラスファイバー製)の投げ方をご覧ください!
ルアーロッドみたいに手首を動かして投げるだけです。釣り人の右側からの撮影です。演者(笑)はEST大ノ木さん、取材協力は宮城アングラーズヴィレッジさんです。



今度は左側からの撮影です。ロッドを前に倒したとき、スピニングみたいにラインを掛けた指を離します。10メートルくらいの距離なら左手(左利きの人は右手)でラインを持たなくてもオーケーです!



最後は引き気味での撮影です。数回の渓流の距離のキャスティングの後に、ラインをリリース(シュート)しています。 近距離でのキャッチボールの手の動きとほぼ同じだと思います。ラインをシュートするタイミングもボールを離すタイミングとほぼ同じです。

いかがでしたか? 分かりやすかったでしょうか? 撮影者としてはちょっと不安です(爆)。 
さらに詳しくは当店のホームページを御覧ください!
http://www.c-creek.jp/itemlist.html

次回はもっとデタラメな投げ方動画や「ルアーマンのためのバスバギングロッド」MD76Bでのキャスティングの動画などをアップしていきますので、どうぞおたのしみに!!




by ccacc99 | 2019-01-18 20:53 | タックル


<< ルアーマンのためのバスバギング...      Anura Flyrod Lures >>