人気ブログランキング |

店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 21日

ルアーマンのためのバスバギングロッド キャスティング動画公開!

前回のLM70TPに引き続き、今回はルアーマンや初心者にも投げやすくデザインされたバスバギング用フライロッド、MD76Bのキャスティング動画です。
とかく難しいと言われるフライキャスティングですが、今回のシリーズはカーティスクリークとOutdoor Division ESTさんとの共同開発のAGL(Advanced Guide Layout)を採用し、多くの方により簡単にフライキャスティングを体験していただけるように設計しております。
では、まずは動画をご覧ください!


片手でのキャスティング
ラインを持つ左手(左利きの場合は右手)不要。スピニングみたいにキャストできます。フライラインの勢いにご注目! フライキャスティングが初めての方にオススメのキャストです。


ピックアップ&シュート
何回も竿を振らずに一回のキャストで飛ばしています。今度は左手にフライラインを持って投げています。初めての方でも少し慣れればこの投げ方も可能になると思います。


デタラメなフォルスキャスト
旗振りの要領でわざとデタラメに竿を振っています。前後に出来るフライラインのループにご注目ください。「竿先を直線的になるように前後に動かす」というフライキャスティングの常識を逸脱し、竿先が半円を描くような感じの投げ方でもループが落ちにくくデザインされています。


通常のフライキャスティング
最後の通常のフライキャスティングを撮ってみました。フライラインはさらに鋭いループとなり、力強く飛んでいきます。


ボートやフローターからのバスバギングは通常、何度もフォルスキャストせず、できれば一振りで空気抵抗の大きいなバスバグ(バス用の大型フライ)を岸際のポイントへ投げていきます。こうすることでテンポを保って効率よく、できるだけ安全に釣り続けることができます。
今回のシリーズ(MD76BとMS80B)はそんなバスバギングをより快適にするため、キャスティング性能を追求していった結果たどり着いた私たちのひとつの結論です。

これらのロッドを開発していて分かったことは、初心者にとって「投げやすい」ロッドは、ベテランのフライマンにとっては更にキャストしやすいロッドだったということです。 初心者の方もベテランの方も、是非バスバギングに挑戦してみてください!




by ccacc99 | 2019-01-21 16:49 | タックル


<< フライタイイングへの誘い      ルアーマンのためのフライロッド... >>