人気ブログランキング |

店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大口黒鱒・雷魚・鯰( 166 )


2019年 09月 19日

カーチスクラフト製フライロッドルアー

今日は店主が製作するカーチスクラフト製フライロッドルアーのサンプルを手に、近くの野池へスイムテストへ行ってきましたよ。

b0193874_17474550.jpg
↑ 塗装直後。奥が市販を視野に入れた樹脂製ポッパーのテストサンプル。手前はバルサの切れ端でついでに作ったもの。今のところ市販の予定はありません。アシカラズ(笑)


そもそも、「フライロッドルアーって何???」という方のために少しご説明させていただくと、一言で言えば「フライロッドで投げ(られ)るルアー」という感じでしょうか。素材も、通常のフライ(毛鉤)のような鳥の毛や獣毛というよりは、コルクやバルサ、樹脂やプラスチックなどを成形して使用しています。 昔はヘドンやアーボガストなんかでもフライロッドルアーを盛んに作ってましたが、ルアーとフライのカテゴリー分けが進んだ現在ではフライロッドルアーは釣具界の「絶滅危惧種」っていう感じです(爆)

https://creeknikki.exblog.jp/25247432/

そんな小さくて可愛いフライロッドルアーが大好きな店主は、数年前から自作して楽しんでおりました。 そして、満を持しての市販第一号はカエル型バルサ製フライロッドルアー ”アニューラ" です。
http://www.c-creek.jp/itemlist5.html

ルアー蒐集のように集めるのも楽しく、トップウォーターバス釣りとフライフィッシングを融合したようなフライロッドルアーの世界。皆さんも始めてみませんか?



以下は今日のスイムテストの動画です。是非ご覧ください!

↑ 樹脂製ポッパーのスイムテスト動画


↑ 市販予定の無いバルサポッパーの動画


↑ すでに市販しているカエル型フライロッドルアー "アニューラSH" の動画


樹脂製ポッパーはイイ感じのポッピングをしてましたので、これから実釣テストに移ります。またレポートしたいと思ってますので、よろしくお願いします!




by ccacc99 | 2019-09-19 18:28 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2019年 08月 31日

Flappin' Frog

かねてから企画していたカエル型トップウォータープラグ、いよいよ本格的な市販に向けて動き出しました!

その名もフラッピン・フロッグ(Flappin' Frog)。フラッピンは「バタバタする」みたいな意味。水面をバタバタと左右にターンしながら泳ぐ様から名付けました。

b0193874_14430097.jpg
b0193874_14382290.jpg
b0193874_14383179.jpg
b0193874_14384032.jpg
b0193874_14384906.jpg
b0193874_14385965.jpg

より多くの方に使っていただきたいので、ある程度販売価格を抑えるためにボディの素材は発泡樹脂といたしました。試作品はウッド製でしたが、発泡素材でもほぼ同じ動きが再現できました。レッグは引き続きウッド素材を採用します。

せっかくボディの生産性を上げたのですが、ペイントは相変わらずのハンドペイント。ベースカラーは絵の具で筆塗りして、その上から細筆や極細ペンでカエル模様を描き込んでいきます。ペイントは2~3日に1個くらいが限界です(泣)。

現在発泡素材版の最終サンプルを製作中です。発売時期や価格等が決まったら、またこのブログ上でお知らせいたします。 お楽しみに!!


↓ フラッピン・フロッグのスイム動画です。






by ccacc99 | 2019-08-31 15:38 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2019年 06月 21日

張り子製バスプラグ

知人のtanakaさんは張り子製法のルアーの製作者。
張り子とは、紙を素材として伝統的製法で作られた工芸品のことを言います。縁起物の「達磨さん」などがそれにあたります。
tanakaさんの職業は張り子職人。その技術を活かして紙素材のバスプラグなどを作っています。

嬉しいことに、サンプルをいただいたので、早速近くの野池へ泳がせにいってきました。





琵琶湖の釣りを想定して30ポンドのナイロンリーダーを装着していますが、クイックターンが素晴らしいルアーでした!
このルアーを携えて、早くバス釣りに行きたい今日この頃です!!






by ccacc99 | 2019-06-21 13:00 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2019年 02月 02日

Glass Caster

新年一発目の投稿でお知らせしていた新生グラスキャスター、ついにリリースとなりました!

詳細は当店のホームページに掲載しておりますので、是非ご覧になってください!
http://www.c-creek.jp/itemlist7.html


b0193874_16525098.jpg
b0193874_16532680.jpg
b0193874_16530812.jpg


by ccacc99 | 2019-02-02 16:57 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2018年 12月 24日

ハンドペイント!

今日は店主が製作しているカーチスクラフトのバルサ製バスプラグ 'サーペント' をご紹介します。
b0193874_11430150.jpg

御覧の通りツチノコをイメージしているバスプラグで、寸胴なボディに4連結のテールを持っています。 ボディの素材はバルサです。セルロースセメントに十数回浸けてバルサを補強したあとアンダーコート、そしてペイントとなります。
リップはかなり「立ち気味」に取り付けてますので、リールをただ巻きの場合は水面をウネウネと引き波を立てながら泳ぎ、水面下にはほとんど潜りません。チョン、チョンとロッドティップを煽れば、移動距離の少ないテーブルターンが楽しめます。 4連結の高浮力木製テールは重いヒートンは使わず、PEラインを中通しで連結していますので、ボディの動きと引き波を受けてまるでヘビが泳ぐかのような動きが可能となりました。




b0193874_11423991.jpg
b0193874_11424647.jpg
b0193874_11425497.jpg
ボディの模様は全てハンドペイントです。オレンジやグリーンのベースカラーを塗った後、筆やペンで顔やウロコや蛇腹を描いていきます。頭の先から尻尾の先まで模様を描いていくこの作業は数日間を要します。

b0193874_11430934.jpg
完成図。
お店を運営しながらの製作となりますので大量に製作はできませんが、ご興味のある方は何卒よろしくお願いいたします。
なお、現在お待ちいただいているお客様、1月中にはいくつか出来上がる予定でおりますので今少しお待ちください。何卒よろしくお願いいたします。

お問合せ先
メール curtiscreek99@gmail.com
お電話 027-289-2307
カーティスクリークまで。




by ccacc99 | 2018-12-24 12:18 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2018年 11月 21日

Serpent デビュー!

かねてより製作していたツチノコ型バスプラグ ’サーペント’ 、25日のJLFCC大阪にてついにデビュー予定です。

ボディはバルサ製、そしてカラーリングもすべてハンドペイントで仕上げています。 夜、お店を閉めてから一生懸命作った渾身の一本。みなさんに気に入ってもらえるといいなぁ~!!

今回はごく少量しか持っていけませんが、フライロッドルアーのアニューラともども何卒宜しくお願い致します。

b0193874_18180655.jpg
b0193874_18182210.jpg
b0193874_18183331.jpg


by ccacc99 | 2018-11-21 18:28 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2018年 11月 17日

Frog Lure painted by Kustom Baits 'H'

カスタムベイツ'H'がハンドペイントしたフロッグが入荷しました。
どれもみな、個性的な出で立ちに仕上がりました!
詳しくは当店のホームページを御覧ください!
www.c-creek.jp/itemlist13.html

b0193874_20381097.jpg
b0193874_20374691.jpg
b0193874_20375760.jpg
b0193874_20373405.jpg
b0193874_20381905.jpg
よろしくどうぞ!!



by ccacc99 | 2018-11-17 20:42 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2018年 09月 10日

Bug! Bug! Bug!!

今シーズンはバスバギングにかなりハマり気味の店主。アニューラのようなフライロッドルアーの製作のかたわら、ヘアーバグのタイイングもまた勉強し直しています。

b0193874_17342326.jpg
b0193874_17343289.jpg
b0193874_17344164.jpg
b0193874_17345281.jpg
b0193874_17350172.jpg
b0193874_17351165.jpg
b0193874_17351930.jpg
b0193874_17353573.jpg
☝ 最近巻いたものとしては、この四角いヘアーバグが早く使ってみたい筆頭です! ディアヘアーを四角く刈り込むことで、通常のラウンド形状のヘアーバグとどのような違いがあるのかとっても楽しみです!!




b0193874_17354591.jpg
b0193874_17355511.jpg
b0193874_17360462.jpg
b0193874_17361457.jpg
☝ こちらはヘアーバグの製法で作ったハツカネズミのアクセサリー。アニューラのピンバッジバージョンと一緒に記念撮影です。 製作をはじめてから気づいたのですが、アクセサリー製作用のフライフックは服などに装着するためのピンなどの付属品があったりするので、通常のフライフックより巻きにくいことこの上ありませんでした(笑)

まだまだ納得のいく仕上がりにはなりませんが、バスバグタイイングの楽しさ、奥深さにハマっている今日この頃です。




by ccacc99 | 2018-09-10 18:05 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2018年 08月 29日

アニューラ、第三次製作開始しました。

この春より店主がハンドメイドしているフライロッドルアー、アニューラ(Anura)。
Anuraとはカエル属を意味する単語で、その名の通りカエルをイミテートしたバルサ製のバスバグです。

b0193874_16534618.jpg
b0193874_16535927.jpg
現在まで2回に分けて製作してきましたが、おかげさまでご好評のうちに完売となりました。 そこでこの度、第三次の製作に入りました。お店の運営もありますので製作はスローペースですが、「それでも良い」という方のご予約を承っております。 ご予約いただければ、完成の暁には確実にお手元へ届くのはもちろんですが、グリーン、イエロー、レッド、オレンジ、ピンク、ブルーのうちのお好きなカラーにて製作させていただきます(上画像参照)。

価格は¥4,860(税込み)です。送料は別途となります。
今回は9月10日を一応のご予約締切日とさせていただきます。

ご注文の際には、アニューラのタイプ(頭の小さい方がSH、大きい方がBH)、ご希望のカラー、お名前、ご住所、郵便番号、お電話番号をご明記の上、メール(curtiscreek99@gmail.com)、お電話(027-289-2307)、フェイスブックからの場合はメッセンジャーにてご連絡願います。

b0193874_16541100.jpg
ご注文をお待ちしております。何卒よろしくお願い申し上げます。



by ccacc99 | 2018-08-29 22:26 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2018年 08月 27日

Bugging for Snakehead

お盆を過ぎても暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

それにしても、今年の暑さは異常ですね~。毎日暑すぎて釣り人も魚もバテ気味ですが、そんなときの釣りものとしてライギョ釣りはいかがでしょうか?
菱藻や蓮が生えそろう真夏がシーズンのライギョ釣り、愛好者も多いと思います。専用のフロッグ系ルアーで釣るのが一般的で、もちろん店主もルアーで楽しんでいますが、最近はライギョのルアータックルと一緒にバスバギング用のタックルも釣り場へ持参しています。 岸際に水生植物が少な目のエリアなどで、バスバギングならぬ「ライギョバギング」するのがマイブーム(笑)。
b0193874_11371185.jpg
b0193874_11364625.jpg
しっかりとウィードガードで武装したヘアーバグを持っていきます! タイイング自体も楽しい作業です。

b0193874_11361105.jpg
ポコン・ポコンとヘアーバグをポッピングしていると、フライの後ろの水面が「モワモワ~」と揺れ動きます。 すかさずリトリーブをスローにしてヘアーバグをユラユラさせていると・・・「バフッ!!!」という独特の捕食音とともに水柱がたちます。が、ここで合わせるとまずスッポ抜けします。数秒間ガマンしながらラインスラッグを取り、ラインを持つ手にテンションが伝わったらラインを引くと同時にロッドのバットで合わせを入れます。上手くいくとフッキングが成功し、そのあとの狂ったようなファイトが楽しめます。
b0193874_11373211.jpg
ライギョを一匹釣ったあとのヘアーバグ。目玉は無くなり、ボディーのディアヘアーやハックルは鋭い歯でバサバサに・・・勲章ですね!

b0193874_11374893.jpg
もちろん、ルアータックルも持って行って両方を楽しみます。


フライマンがライギョバギングで気を付ける点は・・・
1. #7以上のしっかりとしたロッドで。
2. ティペットはかなり太めのものを使用する。僕の場合は最低でもフロロの30ポンドを基準にしています。
3. フライを飲まれたときのために、必ずマウスオープナーを携行する。
4. 同じくロングノーズプライヤーも携行する。トラウト用フォーセップは使い物になりません。
5. ライン各部の結束は念には念をいれて結びます。
以上です。ほかにも注意点はありますが、上記は最低限の注意点とご理解ください。


みなさんもライギョバギングを楽しんでみてはいかがでしょうか? そこには未体験ゾーンが待っていますよ!!



by ccacc99 | 2018-08-27 14:01 | 大口黒鱒・雷魚・鯰