人気ブログランキング |

店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:西洋式毛鉤釣( 88 )


2019年 09月 10日

秋から始めるフライフィッシング

9月も10日を過ぎ、日に日に秋の気配を感じる今日この頃ですね。
読書の秋、食欲の秋、そして行楽の秋と言いますが、休日も多い9月・10月は絶好の釣りシーズンとも言えます。 本来、春と秋は魚たちの生態面から考えても釣りの絶好のシーズンと言えます。厳しい冬を乗り越え、魚たちが行動的になる春はもちろん釣りに良い季節ですが、厳しい冬に向けて体力をつけるため多食する秋も釣りには最適な季節す。そんなベストシーズンの秋に新しいジャンルの釣りを始めてみる・・・なんていかがでしょうか?

たとえばフライフィッシング。「難しそう」とか「敷居が高そう」とかよく言われるフライフィッシングですが、実際に始めてみるとそんなに難しくはないことにスグに気づかれると思います。


b0193874_11131225.jpg
↑管理釣り場でのマーカーフィッシング(浮き釣り)で釣れたサクラマス。


まずはお近くのフライ用品を扱うお店へ行って、道具の事、魚の事、釣り方の事、釣り場のことなどを訊ねてみましょう。きっと親切丁寧に教えてくれるはずです。 ルアー釣りをされていた方なら、投げ方の違いや釣り方の違いを訊ねてみるのも良いでしょう。  そして、フライフィッシングの道具が揃ったら、管理釣り場を始めとしたフィールドへどんどん出かけてみましょう!

b0193874_11140391.jpg
↑管理釣り場での釣り風景


管理釣り場とは、ニジマスやイワナなど主に鱒の仲間を放流した有料の釣りの施設です。冷たい水が好きな鱒類を飼育しているため、比較的山間にある場合が多く、スタッフに釣り方のアドバイスを聞いたりすることも可能です。
*冷水性の鱒類ではなく、温水性のブラックバスなどを放流している管理釣り場もあります。

管理釣り場をお探しの時はは こちら をご覧になると便利です。

上画像のような池型の管理釣り場でしたら、まずはマーカー(浮き)をつけたフライフィッシングがお勧めです。マーカーの先の毛鉤(沈む毛鉤)を魚が咥えると、浮いていたマーカーが動いたり、水中に沈んだりします。そのとき「アワセ」をして魚の口に針を掛けます。「アワセ」とは、釣り糸がピンと張るまで竿先を動かす動作です。

b0193874_11124364.jpg
↑管理釣り場で釣れた良い型のブラウントラウト


管理釣り場には魚も多く放流されているうえに、本格的な装備がなくても気軽に楽しめるため、入門にも最適な釣り場です。まずは管理釣り場で魚の釣り方や投げ方を覚えてから徐々に自然のフィールドへ出かけてみるのも良いでしょう。


一方、自然のフィールドへ目を移してみます。
多くの都道府県では鱒類が棲む河川(渓流と呼ばれる場所)は9月いっぱいくらいで禁漁となってしまいます。これは、秋に産卵するヤマメやイワナの保護を目的としています。多くの場合、翌年の3月くらいまで禁漁期間が続きます。ですので、秋以後の渓流釣りはNGの場合がほとんどです。 こんなときは、鱒類以外の対象魚を狙ってみるのも一興です。 温水性の魚の中でも、ブラックバスやブルーギル、ライギョやナマズなどはフライフィッシングでよく釣れる魚たちです。

b0193874_11120424.jpg
↑ブラックバス


b0193874_11114303.jpg
↑ブルーギル



b0193874_11112426.jpg
↑ライギョ



鱒類も含め、上記のような魚たちは肉食性(あるいは雑食性)ですので、虫や小魚、カエルやザリガニなど自分の身の回りにいる小動物を餌としています。フライフィッシングで釣る場合もこれらの小動物をイメージさせる毛鉤を使用します。
b0193874_11121781.jpg
↑バスバグと呼ばれるブラックバス用の毛鉤


釣り場は池や沼や湖、河川の下流域や水路、湿地帯などです。いちばん身近な釣り場は、やはり農業用などの野池でしょう。北海道を除く地域の野池の多くにはブラックバスやブルーギルが生息しています。とくに小型魚のブルーギルは、渓流や管理釣り場用のフライ道具をそのまま流用して楽しめるので、お勧めの釣りものです。

b0193874_11132585.jpg
鯛のような形をしたこの魚は好奇心が強く、いろいろな毛鉤に反応してくれます。引きも強く、三枚におろしてバター焼きなどにするととても美味しい魚です。10月いっぱいくらいまでは活性も高く、野池の浅場で群れているのをよく見かけます。

この他にも、オイカワやカワムツ、ウグイ、ハスなどの鯉科の魚たちも毛鉤、とくにドライフライによく反応します。これらの魚たちは近所の用水路や小川や池などに多く生息しているはずですので、まずは毛鉤を投げてみましょう! ドライフライは渓流のヤマメやイワナ釣りの時に多用される「浮く毛鉤」です。渓流釣り用のドライフライを使ってオイカワやウグイを狙えば、来るべきシーズンの渓流釣りの練習にもなります。 




b0193874_11113444.jpg
↑渓流のイワナ釣り

b0193874_11173706.jpg
↑来シーズンの渓流デビューを目指して!

b0193874_11135152.jpg
↑イワナ

b0193874_12570155.jpg
↑ヤマメ



秋からフライフィッシングを始めることで、渓流や湖が解禁する来春までに釣り方や投げ方が覚えられ、春のベストシーズンを十分に楽しむことができます。
フライフィッシングに興味がある方は、この秋に始められてはいかがでしょうか?

カーティスクリークでは「これからフライフィッシングを始める方々」へのサポートも万全です。これから始めてみたい方は是非ご相談ください!

お問合せ先
お電話 027-289-2307
email curtiscreek99@gmail.com
カーティスクリーク
担当 伊井


b0193874_11125750.jpg
↑初心者にも投げやすいAGLシリーズフライロッド
http://www.c-creek.jp/itemlist.html





by ccacc99 | 2019-09-10 13:11 | 西洋式毛鉤釣
2019年 08月 08日

あずさちゃんと源流のイワナ釣りへ行ってきました!!

長雨だった7月も終わり、8月に入ってからは猛暑の日々が続いてますね。
そんな猛暑の下界を離れ、今回はあずさちゃんと源流のイワナ釣りへ行ってきましたよ! 今回は、ESTの大ノ木さんのガイドで彼のホームグラウンドを釣ります。

この春から本格的にフライフィッシングを始めたあずさちゃん。 ヤマメやブラックバス、ブルーギルはキャッチしましたが、なぜかイワナだけは釣れず、鬼門となっていました。今回はマイロッド(AGL オーダーライン Azusa Sp.)もデビュー戦です。さて、どうなることでしょう!?


それでは恒例のオープニングトークからスタートです!!




↓こんな感じの山道を1時間数十分。





いよいよフィッシングスタート!
b0193874_16134486.jpg



b0193874_16142208.jpg



↓ 釣り開始からほんの20分くらい、ついに念願のイワナがあずさちゃんのAGL オーダーラインロッドを曲げます! あずさちゃん、生涯初のイワナ、おめでとう!!






↓ さすがホームグラウンド。大ノ木さんも早々に尺イワナをキャッチ!! いいなぁ~!!




↓ あずさちゃん、NG集三連発(笑)







↓ 源流のイワナ釣りにも慣れてきたあずさちゃん。自分で見つけて自分で選んだポイントでの嬉しい良型。

b0193874_16135440.jpg
b0193874_16140416.jpg
↑ 良型のイワナに満面の笑顔のあずさちゃん。




↓ 店主だって負けてられません! 太いイワナをキャッチ!!(嬉) 
b0193874_16144858.jpg




この日はオープニングの宣言通り、10数匹のイワナと遊んだあずさちゃん。
鬼門だったはずのイワナ釣りが、もしかしたら得意分野に???(爆)

帰りは3時間近く歩いてやっと車にたどり着きました。 オジサンたちだってヘトヘトだったのに、あずさちゃんは今回もホントによく頑張りました。

次回はどんな釣りに行こうかな。 今から楽しみだね、あずさちゃん!!

b0193874_16143156.jpg



https://creeknikki.exblog.jp/29369224/

http://www.c-creek.jp/itemlist.html




by ccacc99 | 2019-08-08 17:57 | 西洋式毛鉤釣
2019年 07月 01日

AGLガール・あずさちゃん、初めてのフローター、初めてのバス・ギルフィッシングに挑戦!

ご好評いただいているAGLシリーズフライロッド。そのイメージキャラクターのあずさちゃんは、フライフィッシング体験まだ数回のビギナーです。
これまでは渓流に2回ほど行き、その模様をこのブログでもお伝えしてきましたが、今回はちょっと趣向を変えて、フローター(釣り用浮き輪)に乗ってブラックバスやブルーギルに挑戦してきました。 まずは恒例の朝のご挨拶から。



今回サポートしていただくのは、いつものESTの大ノ木さん、幼少期は店主のご近所さんだった久保くん、そしてちょっと遅刻であの西山徹さんの愛弟子・梅澤さん。 もう、鬼に金棒のメンバーですね! それではさっそくスタート・フィッシング!!


店主が「キャスティング(投げ方)はこうやって・・・」なんて言ってる間に、見事に初ブルーギルをキャッチ! 釣り開始1時間の出来事。ビックリです(笑)。ヒットフライ(毛鉤)はエルクヘアカディス。 あずさちゃん、おめでとう!





ちなみに、今回あずさちゃんが使っているオレンジ色の竿は、AGLシリーズのLM70TPというロッドです。TPとはTrout & Panfishの略。Troutは鱒、Panfishはブルーギルの仲間の総称です。つまり、イワナやヤマメ、ニジマスなどの鱒釣りはもちろん、ブルーギル釣りにも最適な竿なのです。 重量も軽いので、女性が一日振っても大丈夫! オレンジ色も可愛いと評判です。



さてその後も、今日の目標のブラックバスを釣るべく頑張るあずさちゃん。
お昼過ぎ、水藻が生えているポイントでついに目標のブラックバスをキャッチ!!

b0193874_14040168.jpg





その後も彼女の快進撃は続きます!

b0193874_15011990.jpg

今度は大物ブルーギル!!


b0193874_15033871.jpg
遅刻の梅澤さんも到着! 夕方、ボーマーのモデルAにてしっかりバスをゲット!!
もちろん、久保君もゼンマイルアーでバスをキャッチ!!





その後も絶好調のあずさちゃん。



キャスティング(投げること)も上達しました!


夕方、サポートのオジサンたちは疲れ果てて釣りを止めましたが、「大きなバスが釣りたいんです~」と、あずさちゃんは最後まで釣りを止めません。 結局、お昼ご飯休憩のほかは、朝4時から夜の7時過ぎまで竿を振り続けたあずさちゃんに、サポート役のオジサンたち全員が脱帽(爆)。 

あずさちゃんはこの浮き輪のバス・ギル釣りがとても気に入ったみたいです。次回は大きなバスが目標ですね~。


AGLフライロッドのページ http://www.c-creek.jp/itemlist.html
AGLシステムとは  https://creeknikki.exblog.jp/29369224/



by ccacc99 | 2019-07-01 15:26 | 西洋式毛鉤釣
2019年 06月 11日

Crazy Keiさん、群馬県の渓流でイワナを釣る!・・・の巻

ヘドン クレイジークローラーのコレクター、そしてヘドン最狂軍団のリーダーとしても有名なクレイジー・ケイさん。とあるご縁で数年前から仲良くさせていただいてますが、この度、関西からはるばる群馬県までお越しいただき、ケイさん自身はじめての渓流フライフィッシング、初めてのイワナ釣りに挑戦とあいなりました。

6月初旬のある日、ケイさんは何と高崎駅にウェーダー&フィッシングベスト姿で登場~!(爆)

b0193874_16011247.jpg
前日の電話では「ウェーダー姿で登場しますからよろしくです~」と言ってましたが、まさか本当にウェーダーで改札を出てこられるとは・・・!! このパフォーマンスこそケイさんの真骨頂ですね! 大ノ木さんも店主も度肝を抜かれました(笑)

そんなこんなで高崎駅を出発! 高速を飛ばして一路北へ。
あっ、そうそう、今回のサポートはやっぱりいつものESTの大ノ木さんと店主のふたりです。

先週下見した時調子よかった渓流に到着。ケイさんにとっては初めてのフライフィッシング。そして初めてのイワナ釣り。いよいよドキドキのスタートです!

今回ケイさんが使用するロッドはAGLオーダーラインフライロッドの7フィート4番。 駐車スペースで支度しながらちょっとだけキャストの練習後、すぐにぶっつけ本番です!!

注:AGLシステムとは・・・こちらを参照ください。
https://creeknikki.exblog.jp/29369224/

b0193874_16075594.jpg
b0193874_16080908.jpg
釣りはじめて小一時間、キャストもフライの操作もすでにサマになってきているケイさん。しかし魚の反応がイマイチ。

b0193874_16081938.jpg
☝倒木にはバッタの群れが・・・

b0193874_16083124.jpg

先週の下見ではポイントごとにイワナが顔を出してくれたのに、何故かこの日は沈黙・・・と思ったら、先行者の釣り人がいっぱい153.png そんなシブい状況でも、ケイさんのフライには2バイトあったとのこと。野生の勘でしょうか? さすがです。恐れ入ります~。  でも、人の多さにすぐに移動を決意します。 



次の川も先週下見しましたが、核心部へ行くにはちょっと時間があるので上流域を試してみることにします。 時刻はすでに午後4時。大ノ木さんに先行してもらって、魚の反応が良い場所に当たったら連絡もらうことに。
ところがところが、釣り始めてすぐに上流のケイさんが店主を呼んでいるように思い振り向くと、なんとケイさんのロッドが曲がっているではありませんか146.png
急いで駆けつけると・・・

b0193874_16085982.jpg
b0193874_16091138.jpg
ケイさんついに念願のイワナをキャッチ!! ヤッタ~~~!
はるばる関西から来ていただいた甲斐がありました!! ガッチリ握手です!!
バス釣り界のレジェンド・浜松 光さんから譲り受けたというタラスブルバのフィッシングベストも、初のイワナを前に喜んでるみたいです! 
ケイさん、おめでとうございます!

b0193874_16084343.jpg
          ☝イワナの棲む渓はこんな感じです。

「次はサイズアップだね~」と、ケイさん。

その後、日が傾きだしたので今日のメインイベントの核心部へ移動します。それは堰堤下のポイントで、先週の下見では夕方になると水生昆虫の羽化が始まり楽しい釣りができました。

b0193874_16092596.jpg
水生昆虫が出るにはまだ少し早い時間ですが、ケイさんにキャストを開始してもらいます。 大きな沈み石の周りを丹念に探るケイさん。たまたまよそ見した時にイワナがフライに出るというハプニングがあったり、かなりドキドキです。

・・・そしてクライマックスは突然訪れました。大ノ木さんと店主が見ている前で、ついにケイさんのドライフライにイワナがバイト! アワセもバッチリ決まりました。それも一匹目より良いサイズ!

b0193874_16093939.jpg
b0193874_16095111.jpg
「走るね~」なんて言いながら無事にランディング。23~4センチはあるでしょうか。丸々太った見事なイワナでした。有言実行のサイズアップ。ケイさん、重ねておめでとうございます!

この後、真っ暗になるまで三人でロッドを振り続けたのは言うまでもありません。
初めての渓流フライフィッシング、初めてのイワナ。ケイさんにとってはすべてが初めて尽くしで、いつものバス釣りとまるで勝手が違ったと思いますが、「また来年も楽しみにしてます」という一言がすべてを物語ってました。

こちらこそ、来年もよろしくお願いします。とても楽しいひと時でした。今度は尺イワナが目標ですね、ケイさん!!




by ccacc99 | 2019-06-11 17:19 | 西洋式毛鉤釣
2019年 06月 08日

AGLオーダーラインフライロッドでの試釣

新作のAGLオーダーラインフライロッドで渓流釣りのテストをしてきました。
その模様をどうぞご覧ください!








by ccacc99 | 2019-06-08 20:19 | 西洋式毛鉤釣
2019年 01月 25日

フライタイイングへの誘い

最近、フライフィッシングの初心者の方々とお話しする機会が増えました。
フライと言えばよく「敷居が高い」とか「難しい」と形容されますが、そのネガティブイメージ中のひとつにフライタイイング(毛鉤作成)があると思われます。
そもそもフライ(毛鉤)は自作しなければいけないのでしょうか? 答えはNOです。現代では出来の良い毛鉤が釣具屋さんやネットでいくらでも売っていて、自分の行くフィールドや対象魚に合った毛鉤を好きなだけ購入できます。ルアーみたいに手軽に毛鉤を購入できる時代なんです。 ・・・でもでも、もしもあなたがフライタイイングを「ちょっと面白そうだ」と思われたなら、是非とも挑戦してみることをお勧めいたします。 なぜなら、自分で作った毛鉤でお魚が釣れた時の感動は、言葉では言い表せないインパクトがあるからです。また、自分で毛鉤を作ってみることで、市販の毛鉤を買うときにも「より自分の釣りに合った」毛鉤をチョイスする一つの指針となるからです。
自分の手作りの毛鉤と市販の毛鉤が混在するフライボックスも大いに結構です!

今回は、管釣りでも渓流でもオールマイティーに使えるビーズヘッドニンフと呼ばれるフライを例にとり、その巻き方の手順を追っていきます。フライタイイングをちょっとだけ面白そうだと思った方向けの投稿です。


b0193874_16041048.jpg
いらなくなったカセットテープあるいはビデオテープを用意します。僕のカセットテープはTDKですが、AXIAやMAXELLでもオーケー(爆)!
中のテープを引き出して15~20センチ前後にカットします。ビデオテープの場合はカットしたテープを縦に短冊状に切って使用します。 テープはビニール製なので、引っ張って引き延ばすと正常よりも細い紐状になります。*強く引っ張りすぎると切れてしまいますのでご注意を。


b0193874_16042485.jpg
オモリ代わりのビーズを通したフライフックをバイスに固定し、8/0(太さを表します)以下のスレッド(巻き糸)で下巻きをします。フックのベンド(曲がり角)付近まで下巻きを巻き進めたら、先ほどの細く引き伸ばしたカセットテープを画像のように巻きとめます。


b0193874_16043800.jpg
まず、スレッドだけをビーズの後ろくらいまで巻き戻してから、カセットテープを隙間の無いように前へ巻き進め、ビーズの後ろあたりでスレッドで巻きとめます。虫のお腹みたいなリアルな感じになります。


b0193874_16045173.jpg
余分なカセットテープをカットしたら、ピーコックハール(クジャクの羽根の毛)2本を画像のように巻きとめます。


b0193874_16050453.jpg
b0193874_16051806.jpg
ピーコックハールをスレッドに絡めます。ピーコックハールは弱い素材なので、こうすることで毛鉤の耐久性が向上します。


b0193874_16052892.jpg
スレッドに絡めたピーコックハールを前方へ巻き進め、ビーズのところまできたらピーコックハールの余分をだけを切り取ります。あとはビーズの後ろでスレッドを数回片結びします。


b0193874_16054011.jpg
片結びしたスレッドをカットして結び目にツマヨウジなどで少量の接着剤を塗れば、ビーズヘッドニンフの完成です。 この毛鉤は水中に沈む毛鉤ですので、釣り場ではマーカー(ウキ)などの先の糸に結んで使用します。ビーズの輝きとボディー後半の「虫っぽさ」で魚を誘います。


いかがでしたか? まずはこんな感じのシンプルな毛鉤から巻いてみるのもいいと思います。 「面白そう!」って思った人は是非フライタイイングを始めてみてください!  面倒くさいって人はフライを買いに釣具屋さんへLet's Go!109.png





by ccacc99 | 2019-01-25 18:20 | 西洋式毛鉤釣
2018年 12月 01日

ルアーマンのためのフライロッド、L&Mシリーズ!!

こんにちは。
今回は先日行われたJLFCC大阪にて発表させていただいた ’ルアーマンのためのフライロッド’ L&Mシリーズをご紹介させていただきます!101.png

b0193874_13072572.jpg
共同開発者のOutdoor Division ESTさんのブースにて展示&試投用のロッドを用意しました。

b0193874_13052006.jpg
b0193874_13053536.jpg
b0193874_13054764.jpg
ライムグリーンのブランク2種は7番/8番のバスバグテーパーラインが適合するバスバギング(ブラックバスのフライフィッシング)用。上からMS80B、MD76B。それぞれ長さが違い、釣り場に合わせてお選びいただけます。
いちばん下のオレンジのブランクは5番/6番のウェイトフォワードラインまたはパンフィッシュテーパーラインが適合するトラウト/ブルーギル用のLM70TP。これ一本で管理釣り場から渓流、野池の釣りまでをカバーできます。


b0193874_13060756.jpg
b0193874_13061730.jpg
グリップやリールシートにもこだわりました!


b0193874_13074256.jpg
会場では、フライマンはもちろん、バスフィッシングなどをされているルアーマンの方々にも試し投げしていただきました。おかげ様でどのモデルも「まるでルアーの投げ方で投げられる!」と、皆さんからとても良い評価をいただきました。

b0193874_13080219.jpg
バスバギングの第一人者、チャートリュースポッパーの大田さんにもテストしていただき、高い評価をいただきました! ちなみに手前は、Outdoor Division ESTの大ノ木さん。


MD76Bのキャスティング(投げ方)動画

LM70TPのキャスティング(投げ方)動画


どちらの動画もルアーキャスティングような手首の使い方で、たったひと振りでラインが飛んでいきます。

さらに詳しくは当店のホームページを御覧ください!
www.c-creek.jp/itemlist.html

このL&Mシリーズは、フライ竿を振ったことが無いルアーマンはもちろん、釣り自体が初めてというビギナーの方々にこそ使っていただきたい竿なんです。誰でも気軽にフライフィッシングを楽しめるように設計しておりますので、皆さん是非お試しください!

P.S.  近々、管理釣り場で試乗会ならぬ’試投会’を行いたいと思っています。管理釣り場なので、投げてみるだけでなく実際に魚を掛けて竿の性能を体感できるかもしれません。 詳細が決まり次第報告したします!!
 また、毎週日曜日の朝キャス練(朝のキャスティング練習会 もちろん無料!)でもこの竿を持っていきますので、お近くでお時間の有る方は是非ご参加ください!! 詳細はメール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(027-289-2307)にて問合せください。


by ccacc99 | 2018-12-01 14:07 | 西洋式毛鉤釣
2018年 09月 07日

Shima Net シマネット 

知人の代理でヤフオクにシマネットを出品しています。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d307156623

寄木細工というのでしょうか、クラフトマン・スピリッツ溢れる作品ですね。
専用ケースについているブローチまで寄木細工です。
詳しくは上のリンクをご覧ください!

b0193874_19224080.jpg
b0193874_19225455.jpg
b0193874_19231268.jpg
b0193874_19232351.jpg
b0193874_19233568.jpg
もし探していた方がいらっしゃったら、この機会に是非!!



by ccacc99 | 2018-09-07 19:31 | 西洋式毛鉤釣
2018年 01月 08日

Fly Tying

ブログの投稿は今年初めてでした。・・・ということで、皆さん明けましておめでとうございます101.png

最近、コルクポッパーの製作やフライのタイイングがマイブームの店主ですが、昨日はお客さんの前でタイイングデモ(というほどの事ではありませんが105.png )をしました。お題はマドラーミノー。タイイング初心者でなくても、ディアヘアーのヘッドの作り方など「よく分からん!」という方もいらっしゃると思います。もしそういう方がいらっしゃったら、当店に遊びに来た時にお気軽にお訊ねください。ちょっとしたコツなど、店主の知る限りのことは親切丁寧にお答えいたします!

b0193874_17415937.jpg

画像はディアヘアーをフレアーさせてマドラミノーのヘッドを作っている図。バスバグなどにも同じ手法を用いるので、是非とも知っておきたいテクニックですね!
あっ、そうそう、バスバグで思い出したけど、つい先日当店オリジナルのコルクポッパーメイキングキットを発売いたしました! 詳しくはまたの機会にご報告いたします!109.png



by ccacc99 | 2018-01-08 17:55 | 西洋式毛鉤釣
2017年 12月 16日

さっそく、フライタイイング体験会です!

昨日告知したばかりの「フライタイイング体験会」ですが、さっそく今朝、第一回目をやりました106.png

受講(というほど大層なことじゃないけど・・・笑)してくれたのはフライ歴ン十年のK君。フライ歴はベテランの域ですが、ずっと渓流のドライフライの釣りを続けていて、最近ウェットフライの釣りに目覚めたばかり。 当然ウェットフライのタイイングもあまり経験なし・・・ということで、体験会の始まり始まり~!

b0193874_15180812.jpg

ダッククイルのウィングの取り付けに四苦八苦のK君。教えてる店主も久しぶりで四苦八苦105.png


b0193874_15181539.jpg

最後にブラックのヘッドセメントでフィニッシュ。これをするだけで、ワンランク上のフライに昇格したような気になるのは、店主だけでしょうか(爆)

まぁ、体験会ですので、肩ひじ張らずに楽しくやってます。 お近くの方で「面白そう」と思った方はどしどしご参加ください!


*お問合せはメール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(027-289-2307)にて承ります。



by ccacc99 | 2017-12-16 17:08 | 西洋式毛鉤釣