人気ブログランキング |

店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 10日

雷魚通信2011 ~ナマズも釣れたよ!の巻~

 先週の定休日は、懲りもせずにまたしてもライギョ魚釣り。同行者は友人H。 朝、暗いうちに釣り場へ到着。しばし休んでいると、手元が見えるくらい明るくなってきたので釣り開始。

 数投目、店主のキャストしたルアーの辺りで(ルアーはハスの葉っぱの向こう側で見えない)、「パフッ!」という感じの音が・・・。 Hに向かって「今の、オレのルアーかなぁ? アワセてみようか。」なんて話してからアワセを入れると、見事にフックアップ! 
b0193874_13511251.jpg

 アレレ~~~。 上がってきたのは大好きなナマズちゃんでした。 どうも、アタック音や引きがおかしかったんだよなぁ~。 ナマズ釣りにはよく行くけど、ライギョ釣りでナマズを釣ったのは初めて。でも、嬉しいゲストに気分は上々。
 
そうそう、今日の相棒は当店オリジナル・雷魚専用六角竹竿、” アルガスティック・ケーン ”。 近々、販売開始です!


b0193874_1351474.jpg

b0193874_1352215.jpg

 その後、アタックも無ければ何も無い平和な時間が流れる。 蓮の花たちが、釣れない二人を慰めてくれる。


b0193874_13521910.jpg

 蝶々? いや、違います。この時期に低地の池や沼で良く見かけるチョウトンボ。 ヒラヒラと飛ぶ姿や立ち振舞いまでが蝶に似ている。 ライギョやカエルたちの重要な餌でもあります。


b0193874_13523724.jpg

 夕方、Hのロッドが曲がった。 急いで駆けつけると、かなり良いライギョを上げていた。 70半ばのサイズだけど、異様に太い。すごくカッコイイ! 羨ましいなぁ。 店主は、今日はこのまま終了となってしまうのか? 

b0193874_13525748.jpg

 そんなことを思いながらキャストを続けると、店主にも待望のアタックが・・・。 アワセもバッチリ上手くいって、マンズフロッグを咥えて上がってきたのは60クラスのライギョ。 超うれしい! やっぱり、釣りは最後まで諦めてはいけませんね~。

 その後、日没まであと少しを残して大雨となり、ジ・エンド。 終わってみると、ナマズにもライギョにも出会えて、店主的にはとってもハッピーな一日でした。 梅雨も明けたし、本格的なシーズンに突入ですね!

by ccacc99 | 2011-07-10 14:40 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2011年 07月 09日

またまた大物!

 今年は季節の進行具合がおかしいようで、釣りのほうも良いのか悪いのか判断に困る感じだ。
b0193874_1311653.jpg

 画像は、店主が北海道へ遊びに行っている間にMIYADA CRAFTのMRDさんがウェットフライで釣った50cmのヤマメ。ウチに持って帰って焼いて食べたため、画像はすでに腸が出してある。 本人曰く、「すごく美味しかった」とのこと。 自然の恵みに感謝して、たまには釣った獲物を食してみるのもいいものですね。 それにしても、大きいですね!


b0193874_132576.jpg

 こちらの画像のヤマメは、常連M君の弟が一昨日ルアーで釣ったもの。シンキングミノーを瀬で食ってきたとのこと。 サイズは48cmだって! 弟君、おめでとう!

 店主も大ヤマメを釣りたいなぁ。 いつもお客さんの話を聞いているだけだものなぁ~。

by ccacc99 | 2011-07-09 13:36 | 今日の利根川
2011年 07月 08日

渓流ガイド

 水曜日は、お客さんのKさんからの要請で、渓流のフライフィッシングのガイドをしてきました。
 東京から電車を乗り継いで来られたKさんが、朝7時半過ぎに当店に到着。 店主の車に乗り換え、9時半頃に釣り場へ到着。
b0193874_15395990.jpg

  Kさんはすばやく釣りの仕度を済ませ、キャスティングを始める。 雨が少ないのかちょっと減水はしているが、エメラルド色の水が流れる源流域に足を踏み入れる。やっぱり源流釣りはキモチがいい。


b0193874_15401920.jpg

 ベテランのKさんには、「ああしてください、こうしてください」という店主の下手なアドバイスなど全く必要なく、いきなりドライフライで良型のイワナをキャッチ! サスガです。


b0193874_15404070.jpg

 この日の店主の相棒はNCA製グラスフェルールのバンブーロッド。Makoさん手描きのアングラーマークが渓に映える。 一方、Kさんは昔々のスコットグラスのパックロッド。チョコレート色のブランクがとてもキレイ。


b0193874_1541215.jpg

b0193874_15412011.jpg

 季節はすでにテレストリアルのシーズンを迎えていて、ハナアブやバッタの幼生などの陸生昆虫たちが我々を出迎えてくれた。 店主の手にとまっているハナアブは、汗に含まれる塩分を舐めているようで、払っても払っても気が付くと手にとまっている。とってもくすぐったい。


b0193874_15413691.jpg

 日が暮れて真っ暗になるまでイワナたちと戯れ続けたKさん。 大物こそ出ませんでしたが、一日を十分に堪能されたようでした。 お腹が空いていたので、帰りに食べたラーメンは最高でした。

 また一緒に釣りをしましょうね、Kさん。

by ccacc99 | 2011-07-08 19:05 | 西洋式毛鉤釣
2011年 07月 05日

ダーデブル入荷情報

 大好評のダーデブル製品が入荷して参りました。
 ルアーだけでなく、これからのシーズンに最適な”100周年記念Tシャツ”などのグッズも入荷しております。
b0193874_14204594.jpg

 詳しくは 当店のHP をご覧下さい。 業務連絡でした。

by ccacc99 | 2011-07-05 14:26 | 入荷
2011年 07月 03日

Fishing Trip in Hokkaido Vol.3 ~Payneはイトウ釣りが苦手?!の巻~

 北海道釣行も中盤。
 初日に念願の鬼退治を済ませた店主は、緊張が途切れたせいか、次ぐ日から早起きが出来なくなってしまった。Makoさん、Nさんは朝4時頃にそそくさと出掛けていくのだが、店主はシュラフの温もりから逃れられず遅刻がち。イケマセンね~。

 朝夕のイトウ釣りの合間を見て、近くの渓流へ出掛けるというパーターンを繰り返す。
b0193874_16454251.jpg

 Makoさんのラインの先でライズが始まる。 この直後、とてもキレイなニジマスをドライでキャッチ! さすが。 一方の店主はまるでダメ。やはり気合の違いか・・・。


b0193874_16455856.jpg

 釣り場へ向かう道の両脇の牧草地に生えたタンポポに癒される。道北は6月がタンポポの時期なんだね~。


b0193874_16461248.jpg

 釣り場までの道程は、いつも早足に・・・。

 曇天のこの日、お日様が顔を覗かせたつかの間の時間、ヤツは現れた。 
 目の前の柳の倒木のキワで小さなライズを発見。 3Xのティペットの先にはいつものドライ・マドラーが結んであったが、何も考えずそのままライズへキャスト。 「ポチョ」というような控えめな出方だったので、アワセてからの強烈な走りにビックリ。ライズから察するに、せいぜい尺クラスの魚だろうと思っていたが、ティペットの先には信じられないサイズの魚が付いている。反転したとき、横腹のレッドバンドが鮮明に見えた。ニジマスだ。一度下流へ20mほど走ったが、今度は店主の前まで川を遡ってきた。店主の立ち位置から、たった4~5mのところにカケアガリがあるのだが、ヤツはそのカケアガリの際で全身を見せつけている。#4ロッドでポンピングするが、グリップの中まで曲がるだけで、ヤツはビクとも動かない。 近くで釣っていたMakoさんも、いつの間にか店主のそばで見守ってくれている。 向こう岸には、ヤツがライズをしていた柳の倒木が・・・。「あそこに走られればアウトだ」と思ったが走りを止められる自信はまるでない。 倒木に入られるのは仕方ないにしても、せめてダッシュの衝撃でティペットが切れるのを防ぎたいと思ったので、予めリールからフライラインを2周分ほど出しておく。・・・しかし、これが悪かった。 魚は店主の考えが分っているみたいで、頭を倒木の方へ向けダッシュを始めた。フリーにしておいた2周分のラインはアッという間に出て行く・・・と思ったら、最後のところでフライラインがリールのハンドルに絡まり、3Xのティペットは簡単に切れた。  愕然とその場にへたり込む店主に、「残念だったねぇ。70はあったんじゃない?」とMakoさん。

 その後、ニンフで攻めていたMakoさんにも、ビッグサイズのニジマスが掛かり、ジャンプ一発で3Xをブッちぎって行ったらしい。 その光景の一部始終を見ていたNさんは、「ジャンプのとき見えた魚体は、すごいサイズだったよ」と言っていた。  来年はお互いにリベンジですね、Makoさん!


b0193874_16462633.jpg

 翌日の早朝、疲れ果てたMakoさんをロッジに残して、Nさんと二人でイトウ釣りへ。 しばらく釣っていると、Nさんが釣っている下流の方が何だか騒がしい。 もしや・・・と思って駆けつけてみると、Nさんが70クラスの立派なイトウを上げていた。 ロッドはNCA製ベイトロッド、ルアーはダーデブルのデブルドッグだ。完璧! おめでとう、Nさん。 Nさんの隣で釣っていた、金沢から来たというフライフィッシャーマン氏も手伝ってくれた。彼は、もうすぐ100匹達成予定なんだって。スゴイの一言。

 この日はMakoさんとNさんが帰路につく日。 お昼頃、二人と「さよなら」したあと、イトウ釣りを続ける。 夕方、現地の友人・西洋毛鉤Yさんが、一人になって寂しい店主を不憫に思って駆けつけてくれ、一緒に釣りをしてくれる。 ありがとう、Yさん!
 昨年の恨み竿・Payneの両手投竿を引っ張り出す。どうしてもこの相棒にカタキを取らせたい。 川は相変わらず沈黙を守っている。 午後7時頃、唐突にティップが持っていかれると同時に、店主の前の水面が真っ赤に爆発する。イトウだ! 「ゴンッ、ゴン!」と首を振った感触が伝わってくる。 「キタ~~~」と叫ぶと同時に、下流で釣っていたYさんが駆け出した。 イトウが対岸へ向かってダッシュし、リールが逆転する。「止めなければ!」と思った途端、イトウは急旋回して手前に走った。 その瞬間、ロッドからイトウの感触は消えてしまった。 「・・・バレた~~~」。 店主もガックリだが、ダッシュの途中のYさんもガックリ。 

 昨年と言い今年と言い、相棒Payneはイトウをバラしてばかり。 Payneとイトウとの決着は、またもや来年に持ち越しとなってしまった。 それにしても、Payneはイトウ釣りが苦手なのかなぁ~(笑)。 まぁ、ホントは店主の腕のせいなんだけどね!

 

by ccacc99 | 2011-07-03 16:43 | 西洋式毛鉤釣
2011年 07月 01日

雷魚通信2011

 北海道釣行の時は別として、ここ一ヶ月間の休日のほとんどを雷魚釣りに費やしてきた。 しかし、全くの泣かず飛ばずで、雷魚の顔が見られない日々が続いた。 自分の下手さは十分に分っているけど、ここまで釣れないと本当にイヤになってくる。   そんなことを言いつつ、昨日も懲りもせずに雷魚釣りへ・・・。

b0193874_1644156.jpg

 店主に昼寝を邪魔されたヤマカガシ。雷魚釣りの定番ゲスト。 まるでコブラのように喉の部分を平らにして怒っている。美しい模様にしばし見惚れる。


b0193874_16443080.jpg

 この時期、雷魚たちは繁殖のシーズン。 店主の足元には生まれたばかりの雷魚の幼魚が群れをなしていた。この群れの下には親雷魚がいて、外敵に対して目を光らせている。 こんな光景を見たら、そっと見守って上げましょう。 それにしても、雷魚の子供って、金魚みたいなオレンジ色だね。ヒシモの茎の色にそっくりなんだね~。

 結局、夕方になって50クラスの中学生雷魚が釣れました。久しぶりの感触でしたが、まだまだ子供なので写真も撮らずにすぐにリリース。 数年後にはさらに大きくなって我々を楽しませてくれることでしょう。

by ccacc99 | 2011-07-01 17:06 | 大口黒鱒・雷魚・鯰