店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 16日

お買い物

 先日、TSUTAYAへ行ったら「¥999のCD」なるものが売っていた。70~80年代の懐かしいアーティスト名がずらりと並んでいた。 よく見ると「石川ひとみ」と「八神純子」があるじゃないですか!
b0193874_1331432.jpg

 「石川ひとみ」も「八神純子」もCDやカセットテープ(死語?)は持っている店主だが、曲目の構成を見てみると、どうやら既存のアルバムの再販とは違うらしい。TSUTAYAオリジナルのCDということか。 これはゲットしないわけにはいきません! 
 それにしてもジャケットの石川ひとみ、カワイイね!歌唱力も素晴らしい。 八神純子の透き通った歌声にも感動する。
 そういえば、姉妹店North CreekのNさんも石川ひとみの大ファンだったそうです(笑)。このあいだ、はるばる北海道から彼が遊びに来たとき、移動中の車のカーステレオで石川ひとみやキャンディーズを流してオッサン二人で合唱したっけなぁ~(キモイ!)。

 この¥999CD、邦楽版はもちろん洋楽版も「ちょっと欲しい」ものばかり。 少しずつ揃えようかなぁ~。TSUTAYAへ行くのが楽しみです。
[PR]

# by ccacc99 | 2010-11-16 13:39 | マニアック
2010年 11月 15日

オーバーホール

 昨日からヒマを見つけてはアンバサダーのオーバーホールをしている。 商品として入荷したリールはもちろんだが、お客さんからのご要望があれば持ち込みのアンバサダーのオーバーホールやレストアも受けている。
b0193874_12341823.jpg

 分解、各部をクリーンナップ、劣化した部品があれば交換、グリスアップ&オイルアップして、再度組み立てる。 自分のアンバサダーたちも含めて、もう何台のリールのオーバーホールをしただろう。 最近は、リールの症状を見ただけで、どこが悪いか分かることもしばしば・・・。 

 それにしても、ビンテージ・アンバサダーって凄いリールですね。 不調と思われるヤツのほとんどが、キチンと整備をするだけで元のコンディションに戻ります。 基本設計がシンプルだから壊れる箇所も少なく、そしてタフなのでしょう。 
 同年代の他メーカーのベイトリールをライギョ釣りに使ったりすると、そのほとんどがことごとく壊れてしまいますが、アンバサダーは40年以上の年月を経ても第一線で活躍します。 オーバー・クォリティ。 これぞヘビーデューティーな釣り道具の見本ですね!




 

 
[PR]

# by ccacc99 | 2010-11-15 13:10 | マニアック
2010年 11月 14日

カリフォルニア通信

 当店のカリフォルニア支局の特派員から、サンフランシスコの海でのレポートが届いた。 場所はサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ付近。ゴールデンゲートブリッジと言えば、近くに憧れのゴールデンゲート・アングリング&キャスティングクラブがある聖地。フェンウィックやウィンストン、スコットやセージ、Gルーミスなどという有名メーカーも、このクラブ抜きには語れない。 ルー・ストーナー、ダグ・メリック、ゲーリー・ハウェルズ、E.C.パウェル、ハリー・ウィルソン、ジム・グリーン、スティーブ・レイジェフ、ペア・ブランディンetc・・・という巨人たちが名を連ねた、米国で二番目に古い由緒あるフィッシング・クラブだ。店主もいつか訪れてみたいところ。 ・・・だいぶ話が逸れたが、そんな由緒正しき聖地のすぐ足元で、釣りではなく、なんとなんと、蟹捕りをしてきたらしい!
b0193874_13165624.jpg

 「魚釣りと一緒のライセンスが必要な、立派なスポーツフィッシング」とのこと。
 ゴールデンゲートブリッジ沖9マイルでキャッチしたダンジネスクラブたち。もちろん、リリースなんて致しません!


b0193874_13171718.jpg

 昨日、お医者さんで「肝臓に脂肪が・・・」と言われたばかりなのに、この画像を見たとたん、店主のお腹はグーグーと鳴り始めました。 これ以上、店主を苦しませないで~~~!
[PR]

# by ccacc99 | 2010-11-14 13:27 | マニアック
2010年 11月 12日

初冬の小物釣り

 ここのところなぜか咳が続き、体調がいまいちすぐれない店主。 昨日は定休日だったが、午前中はずっと家の中で静養していた。が、せっかくの休みの日に家の中に篭りっきり・・・なんて、店主にはやっぱり無理! せめて、お日様が出ている暖かい時間帯だけ・・・ということで、午後から近くの池へ小物釣りに行った。
 上州屋さんでグルテン(ヘラブナのエサ)を調達し釣り場に到着すると、そこはロマンスグレイのオジサマ達でいっぱい。ブッコミ釣りをしているオジサマに愛想を振りまきつつ、端っこへ入れてもらう。
b0193874_15321532.jpg

 鯉のブッコミ釣り、ワカサギ釣り、小物釣り・・・と各々が思いのままに楽しんでいるオジサマたち。 店主がこの釣り場の平均年齢を下げているなんて!

 今日の道具は、店主が小学生の時に父親に買ってもらったグラス製のヘラ竿3.6m。小さなヘラウキに鉤は袖3号。道糸とハリスは0.6号の通し。エサは先ほどのグルテンにスイミーを少々。
 釣り始めて約2時間。店主のウキにはクチボソ(モツゴ)のアタリばかり。マブナ(ギンブナ)狙いの店主の鉤はクチボソの口には大き過ぎる。かといって、本命のマブナのアタリはまるでない。 鉤を小さくしてクチボソを釣ろうか・・・という考えがよぎるが、今日はどうしてもマブナに会いたい。 そんな葛藤をしているうちに、初めに作ったエサ(グルテン)が終わる。
 再度エサを練り直すついでに、タナの調整もやり直す。 いままでよりウキ下を若干伸ばし、エサも硬めに練ってみた・・・ら、これが的中! 相変わらずクチボソのアタリもあるが、クチボソのいる層をかいくぐり、エサが底に着きウキがなじむとスグに「ツン!」と良いアタリが! エサを代えて一投目の釣果は・・・

b0193874_15323752.jpg

 小ゴイでした。寄せてくる途中は、一瞬、本命のマブナに見えた。 でも、今日の第一号。ちょっと嬉しい!


b0193874_15325511.jpg

 続いて上がってきたのは、良い型のクチボソ。 雑魚と呼ばれる魚の代表格だが、良く見るとその魚体は繊細な色合いがとても美しい。


b0193874_1533870.jpg

 そして本命登場! コンディションの良い、丸々太ったマブナ君。美しいね~。 このあと、先ほどまでの不調がウソのように、練り直したエサが終了するまでマブナたちは店主と遊んでくれました。 楽しい一日のおかげで体調も回復傾向です。 


 小物釣りと言えど、マブナやクチボソ釣りなどにはそれなりの難しさがあり、とても奥深い世界が存在します。 普段、僕たちが釣り慣れている鱒属やバス、ライギョなどとは違う、また別の美しさもあります。 こんな素晴らしいターゲットを、オジサマたちだけに譲ってしまうのは惜しい気がします。 小春日和の暖かい休日、みなさんも小物釣りに出掛けてみてはいかがでしょうか。そこには懐かしくも新しい世界が待っていますよ。
[PR]

# by ccacc99 | 2010-11-12 16:51 | マニアック
2010年 11月 10日

Lamiglasの4ピーース

 もうかれこれ10年近く前になるだろうか。店主がお店を始めて間もなくのこと。 ラミグラス(Lamiglas)社へ特注して、グラスファイバー製の4ピース・フライロッドブランクを輸入したことがあった。 6ft6in、7ft、7ft6in、8ftと4モデルを仕入れたのだが、後にも先にも4ピースのラミグラスはウチで入れたモノ以外は見かけたことがない。
b0193874_1724873.jpg

 画像のロッドは、店主の手元に残った唯一の一本。8ft #4/5 4pc。 フィリップソンなどのアメリカン・グラスロッドを意識して、その当時自分で組み上げた。


b0193874_1725841.jpg

 下手な字で当店の名前を入れ、各部にスパイラルラッピングを施した。リールシートもオールアルミのバーマック製。ストリッピングにはFuji社製の古~いセラミックガイドをチョイス。 結構拘って作ってたんだね~。

 久々に継いで振ってみると、グラス独特のトルク感とフルフレックスなベンディングカーブが何とも心地よい。 今思えば、ブランクを何本か手元に残しておけばよかった・・・と、ちょっと後悔(笑)。 当時このブランクをお買い求めいただいたオーナー諸氏は、今でも釣り場へ連れて行かれてますか? 大切にしてくださいね。

 手元に残ったこの一本、来年は利根川のヤマメやニジマス相手に、ひと働きしてもらいましょう!


 
[PR]

# by ccacc99 | 2010-11-10 17:31 | 西洋式毛鉤釣