店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハンドメイド ( 90 ) タグの人気記事


2019年 02月 02日

Glass Caster

新年一発目の投稿でお知らせしていた新生グラスキャスター、ついにリリースとなりました!

詳細は当店のホームページに掲載しておりますので、是非ご覧になってください!
http://www.c-creek.jp/itemlist7.html


b0193874_16525098.jpg
b0193874_16532680.jpg
b0193874_16530812.jpg


by ccacc99 | 2019-02-02 16:57 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2019年 01月 25日

フライタイイングへの誘い

最近、フライフィッシングの初心者の方々とお話しする機会が増えました。
フライと言えばよく「敷居が高い」とか「難しい」と形容されますが、そのネガティブイメージ中のひとつにフライタイイング(毛鉤作成)があると思われます。
そもそもフライ(毛鉤)は自作しなければいけないのでしょうか? 答えはNOです。現代では出来の良い毛鉤が釣具屋さんやネットでいくらでも売っていて、自分の行くフィールドや対象魚に合った毛鉤を好きなだけ購入できます。ルアーみたいに手軽に毛鉤を購入できる時代なんです。 ・・・でもでも、もしもあなたがフライタイイングを「ちょっと面白そうだ」と思われたなら、是非とも挑戦してみることをお勧めいたします。 なぜなら、自分で作った毛鉤でお魚が釣れた時の感動は、言葉では言い表せないインパクトがあるからです。また、自分で毛鉤を作ってみることで、市販の毛鉤を買うときにも「より自分の釣りに合った」毛鉤をチョイスする一つの指針となるからです。
自分の手作りの毛鉤と市販の毛鉤が混在するフライボックスも大いに結構です!

今回は、管釣りでも渓流でもオールマイティーに使えるビーズヘッドニンフと呼ばれるフライを例にとり、その巻き方の手順を追っていきます。フライタイイングをちょっとだけ面白そうだと思った方向けの投稿です。


b0193874_16041048.jpg
いらなくなったカセットテープあるいはビデオテープを用意します。僕のカセットテープはTDKですが、AXIAやMAXELLでもオーケー(爆)!
中のテープを引き出して15~20センチ前後にカットします。ビデオテープの場合はカットしたテープを縦に短冊状に切って使用します。 テープはビニール製なので、引っ張って引き延ばすと正常よりも細い紐状になります。*強く引っ張りすぎると切れてしまいますのでご注意を。


b0193874_16042485.jpg
オモリ代わりのビーズを通したフライフックをバイスに固定し、8/0(太さを表します)以下のスレッド(巻き糸)で下巻きをします。フックのベンド(曲がり角)付近まで下巻きを巻き進めたら、先ほどの細く引き伸ばしたカセットテープを画像のように巻きとめます。


b0193874_16043800.jpg
まず、スレッドだけをビーズの後ろくらいまで巻き戻してから、カセットテープを隙間の無いように前へ巻き進め、ビーズの後ろあたりでスレッドで巻きとめます。虫のお腹みたいなリアルな感じになります。


b0193874_16045173.jpg
余分なカセットテープをカットしたら、ピーコックハール(クジャクの羽根の毛)2本を画像のように巻きとめます。


b0193874_16050453.jpg
b0193874_16051806.jpg
ピーコックハールをスレッドに絡めます。ピーコックハールは弱い素材なので、こうすることで毛鉤の耐久性が向上します。


b0193874_16052892.jpg
スレッドに絡めたピーコックハールを前方へ巻き進め、ビーズのところまできたらピーコックハールの余分をだけを切り取ります。あとはビーズの後ろでスレッドを数回片結びします。


b0193874_16054011.jpg
片結びしたスレッドをカットして結び目にツマヨウジなどで少量の接着剤を塗れば、ビーズヘッドニンフの完成です。 この毛鉤は水中に沈む毛鉤ですので、釣り場ではマーカー(ウキ)などの先の糸に結んで使用します。ビーズの輝きとボディー後半の「虫っぽさ」で魚を誘います。


いかがでしたか? まずはこんな感じのシンプルな毛鉤から巻いてみるのもいいと思います。 「面白そう!」って思った人は是非フライタイイングを始めてみてください!  面倒くさいって人はフライを買いに釣具屋さんへLet's Go!109.png





by ccacc99 | 2019-01-25 18:20 | 西洋式毛鉤釣
2019年 01月 18日

ルアーマンのためのフライロッド LM70TP キャスティング動画

おかげ様でリリース後ご好評をいただいている「ルアーマンのためのフライロッド」L&Mシリーズ。 キャッチコピーの通り、誰にでもフライフィッシングを楽しんでもらいたい一心でESTの大ノ木さんと ’簡単に投げられるロッド’ というテーマで開発いたしました。

当店または大ノ木さんの工房へ来られるお客様は、実際に手に取って、ラインを通して振っていただけるデモロッドがありますが、遠方の方にはなかなか体験していただくことができませんので、今回はキャスティング(投げ方)の動画を撮ってみました。

まずは、渓流や管釣りのトラウト&ブルーギル用のオレンジ色のフライロッド、LM70TP(7フィート #5/6 グラスファイバー製)の投げ方をご覧ください!
ルアーロッドみたいに手首を動かして投げるだけです。釣り人の右側からの撮影です。演者(笑)はEST大ノ木さん、取材協力は宮城アングラーズヴィレッジさんです。



今度は左側からの撮影です。ロッドを前に倒したとき、スピニングみたいにラインを掛けた指を離します。10メートルくらいの距離なら左手(左利きの人は右手)でラインを持たなくてもオーケーです!



最後は引き気味での撮影です。数回の渓流の距離のキャスティングの後に、ラインをリリース(シュート)しています。 近距離でのキャッチボールの手の動きとほぼ同じだと思います。ラインをシュートするタイミングもボールを離すタイミングとほぼ同じです。

いかがでしたか? 分かりやすかったでしょうか? 撮影者としてはちょっと不安です(爆)。 
さらに詳しくは当店のホームページを御覧ください!
http://www.c-creek.jp/itemlist.html

次回はもっとデタラメな投げ方動画や「ルアーマンのためのバスバギングロッド」MD76Bでのキャスティングの動画などをアップしていきますので、どうぞおたのしみに!!




by ccacc99 | 2019-01-18 20:53 | タックル
2019年 01月 14日

Anura Flyrod Lures

店主がハンドメイド&ハンドペイントしているカエル型フライロッドルアー ’アニューラ’ を当店のホームページ上にアップしました。 
http://www.c-creek.jp/itemlist5.html


b0193874_21503263.jpg
b0193874_21501727.jpg
b0193874_21505831.jpg
b0193874_21504767.jpg

是非ご覧ください!! 尚、少量生産のため、品切れの際はご容赦願います。


注)フライロッドルアーとは、フライキャスティング用のルアーのことです。



by ccacc99 | 2019-01-14 21:57 | 入荷
2018年 12月 24日

ハンドペイント!

今日は店主が製作しているカーチスクラフトのバルサ製バスプラグ 'サーペント' をご紹介します。
b0193874_11430150.jpg

御覧の通りツチノコをイメージしているバスプラグで、寸胴なボディに4連結のテールを持っています。 ボディの素材はバルサです。セルロースセメントに十数回浸けてバルサを補強したあとアンダーコート、そしてペイントとなります。
リップはかなり「立ち気味」に取り付けてますので、リールをただ巻きの場合は水面をウネウネと引き波を立てながら泳ぎ、水面下にはほとんど潜りません。チョン、チョンとロッドティップを煽れば、移動距離の少ないテーブルターンが楽しめます。 4連結の高浮力木製テールは重いヒートンは使わず、PEラインを中通しで連結していますので、ボディの動きと引き波を受けてまるでヘビが泳ぐかのような動きが可能となりました。




b0193874_11423991.jpg
b0193874_11424647.jpg
b0193874_11425497.jpg
ボディの模様は全てハンドペイントです。オレンジやグリーンのベースカラーを塗った後、筆やペンで顔やウロコや蛇腹を描いていきます。頭の先から尻尾の先まで模様を描いていくこの作業は数日間を要します。

b0193874_11430934.jpg
完成図。
お店を運営しながらの製作となりますので大量に製作はできませんが、ご興味のある方は何卒よろしくお願いいたします。
なお、現在お待ちいただいているお客様、1月中にはいくつか出来上がる予定でおりますので今少しお待ちください。何卒よろしくお願いいたします。

お問合せ先
メール curtiscreek99@gmail.com
お電話 027-289-2307
カーティスクリークまで。




by ccacc99 | 2018-12-24 12:18 | 大口黒鱒・雷魚・鯰
2018年 12月 14日

試投会のお知らせ。

ルアーマンのためのフライロッド、L&Mシリーズの試投会 いよいよ明後日の日曜日に開催です!

L&Mシリーズは、ルアーのようにたった一回の振りで投げられるフライロッドです。フライフィッシング未体験の方でも難しい練習無しですぐ投げられます。
当日は共同開発者のOutdoor Division ESTの大ノ木氏と一緒にお待ちしております。 お近くの方は是非体験してみてください!

試投用ロッド
LM70TP ・・・ 5番・6番のラインが適合するトラウトとブルーギルをターゲットとした竿です。オレンジ色のブランクが特徴です。

MD76B ・・・ フローターやボートからのバスバギング(フライによるバス釣り)をメインに考えた竿です。7番・8番ラインが適合します。ライムグリーンのブランクです。

MS80B ・・・ フローターやボート、そして岸釣りでのバスバギング(フライによるバス釣り)も考慮した竿です。7番・8番ラインが適合します。ライムグリーンのブランクです。


開催日   12月16日(日)
時間    AM11:00~PM3:00
http://www.anglers-village.com/map/map.htm

上記の通りとなります。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

b0193874_13304840.jpg
b0193874_13311068.jpg


by ccacc99 | 2018-12-14 11:33 | イベント
2018年 12月 05日

ルアーマンのためのフライロッド L&Mシリーズ 試投会のお知らせ

ご好評をいただいている ’ルアーマンのためのフライロッド’ L&Mシリーズ。 多くの方々から「投げてみたい」「振ってみたい」というお声をいただいておりますので、この度、群馬県の宮城アングラーズヴィレッジさんにて試乗会ならぬ’試投会’をさせていただくこととなりました!106.png

b0193874_13312846.jpg
b0193874_13304840.jpg
b0193874_13311068.jpg



L&Mシリーズは、ルアーのようにたった一回の振りで投げられるフライロッドです。フライフィッシング未体験の方でも難しい練習無しですぐ投げられます。
当日は共同開発者のOutdoor Division ESTの大ノ木氏と一緒にお待ちしております。 お近くの方は是非体験してみてください!

試投用ロッド
LM70TP ・・・ 5番・6番のラインが適合するトラウトとブルーギルをターゲットとした竿です。オレンジ色のブランクが特徴です。

MD76B ・・・ フローターやボートからのバスバギング(フライによるバス釣り)をメインに考えた竿です。7番・8番ラインが適合します。ライムグリーンのブランクです。

MS80B ・・・ フローターやボート、そして岸釣りでのバスバギング(フライによるバス釣り)も考慮した竿です。7番・8番ラインが適合します。ライムグリーンのブランクです。


開催日   12月16日(日)
時間    AM11:00~PM3:00
http://www.anglers-village.com/map/map.htm

上記の通りとなります。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


P.S. 遠隔地の方々のために貸し出し用のデモロッドも検討しております。詳細が決まったらまたご案内いたします。今しばらくお待ちください。




by ccacc99 | 2018-12-05 15:20 | イベント
2018年 12月 02日

バラージの新色、入荷しました!

メダリオンタックルデザインさんのバラージ、装いも新たに再入荷です!!
先ほどカーティスクリークヤフー店へ掲載いたしました。是非ご覧ください!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/curtiscreek/a5eba5a2a1.html?X=99#CentSrchFilter1

b0193874_19510488.jpg
b0193874_19502556.jpg
b0193874_19505345.jpg
b0193874_19503738.jpg
b0193874_19500828.jpg




by ccacc99 | 2018-12-02 19:54 | 入荷
2018年 11月 27日

JLFCC大阪 その1

11月25日(日)、JLFCC大阪アンティークタックル&ビルダーズショーへOutdoor Division ESTの大ノ木さん、店主の弟と一緒に出展者として参加してきました!

当日は新発売のオリジナルハンドメイドルアー ’サーペント’と、やはり新発売のバスバギングロッドL&Mシリーズの発表もさせていただきました!109.png

今回はまず、会場の雰囲気をお伝えいたします。

b0193874_13565193.jpg
こんな感じで、お客さんは各ブースを順番に見られる構成です。オールドタックルの販売やハンドメイド品の販売と、ほとんどのブースはブラックバスのルアー関係です。

b0193874_13560783.jpg
当店のブース。ロッドやルアーなどのオールドタックルはもちろん、カスタムベイツ’H’、KASTA、メダリオンタックルデザインのハンドメイドルアー、UOSOのフライタックル関係、そして店主製作のバスプラグ 'サーペント'、さらにはフライロッドルアーのアニューラなども展示/販売しました。


b0193874_13562180.jpg
Outdoor Division EST・大ノ木さんのブース。当店と共同開発の「ルアーマンのためのフライロッド」L&Mシリーズを中心にバンブー、グラス、カーボンのルアーロッド、フライロッドを展示/販売です。


b0193874_13563523.jpg
店主の弟 'Tackle Nobby' のブース。長年貯め込んだバスルアーやロッドなどユーズドタックルを販売。 ちなみに、その向こうにはチャートリュースポッパーの大田さんのブース!


b0193874_13550825.jpg
初期物のアングラーズハウスのチャストハイウェーダーに自作のO型フローターで会場を闊歩する大田さん(爆)。知る人ぞ知るバスバギングの第一人者! 大田さん、ピンボケですみません105.png


b0193874_13554673.jpg
大田さんとOutdoor Division ESTの大ノ木さんのツーショット! 新作の「ルアーマンのためのフライロッド」L&Mシリーズ(後日ゆっくりご紹介します)をテストキャストしていただき、とても良い評価をいただきました!


b0193874_13553391.jpg
もちろん、多くのお客さんたちにもL&Mシリーズをテストキャストしていただきました! 会場ではフライキャスティングをまったくしたことがない方々にも「投げやすい」「フライをやってみたくなった」などなどの評価をいただき、大ノ木さんともども感無量でございます!!


b0193874_13571955.jpg
製作途中のハンドメイド・フライロッドルアー 'アニューラ'たち。是非「ルアーマンのためのフライロッド」L&Mシリーズでキャストしていただきたいです!


b0193874_13573496.jpg
こちらが新発売の 'サーペント'。 店主がハンドメイド&ハンドペイントしているツチノコ型バルサ製バスプラグ です。今回は手書きの台紙ですみません119.png


次回の投稿は、今回ショーに出品した商品についてもっと詳しくお伝えいたします。


当店及び関連ブースにおいでいただいたたくさんのお客様、誠にありがとうございました。
協力していただいた大田さん、誠にありがとうございました。
出展者の方々、そして実行委員の皆様、本当にお疲れ様でした。

次回は来年4月の名古屋で行われるショーに伺う予定でおります。その節はまたよろしくお願い申し上げます。




by ccacc99 | 2018-11-27 15:00 | イベント
2018年 11月 21日

Serpent デビュー!

かねてより製作していたツチノコ型バスプラグ ’サーペント’ 、25日のJLFCC大阪にてついにデビュー予定です。

ボディはバルサ製、そしてカラーリングもすべてハンドペイントで仕上げています。 夜、お店を閉めてから一生懸命作った渾身の一本。みなさんに気に入ってもらえるといいなぁ~!!

今回はごく少量しか持っていけませんが、フライロッドルアーのアニューラともども何卒宜しくお願い致します。

b0193874_18180655.jpg
b0193874_18182210.jpg
b0193874_18183331.jpg


by ccacc99 | 2018-11-21 18:28 | 大口黒鱒・雷魚・鯰