人気ブログランキング |

店主のマニアック日記

creeknikki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ロッドビルディング ( 92 ) タグの人気記事


2019年 04月 16日

AGLシステムについて。

今回は「初心者でも投げやすい」「ベテランでも楽しめる」とご好評をいただいているフライロッド、AGLシリーズについてのお話です。

b0193874_12473899.jpg

1.  AGLとは何を意味するのか?
AGLとは 'Advaned Guide Layout' の略で、直訳すると「前進的な(高度な)ガイドの配置」となります。 このAGLシステムはOutdoor Division ESTさんとカーティスクリークとで試行錯誤の末にたどり着いた「ある種のフライロッドブランクに対しての、キャスティングに於けるより最適なラインガイドの配置方法」です。

2. AGLの条件とは?
まず初めの注意点として、AGLシステムは全てのフライロッドブランクに採用できるものではなく、いくつかの条件を満たしたフライロッドブランクに適応するものです。条件を満たしたロッドブランクを精査・評価・あるいは改良を施し、最適なガイド位置やガイドの個数、グリップデザインなどを決定しています。

3. AGLとフライラインの関係
AGLシリーズのフライロッドは、企画・開発の段階から「このブランクには、このメーカーのこの番手のこのフライライン」というように、ロッドとフライラインのマッチングに重点を置いています。 なぜなら、フライラインはたとえ同じ番手であっても、シリーズやメーカーが違えば、表面のコーティングの種類やテーパーデザイン、重さ(先端から9m以上の部分)がまちまちだからです。シリーズやメーカーが変われば投げ心地や快適性が変わるのは当然のことで、フライフィッシングに於いては、ルアー釣りなどの他の釣りよりもライン選びがとても重要なキーなのです。 今までは、フライロッドとフライラインのマッチングさえ知らずに別々に購入するスタイルが普通でした。これでは、星の数ほどもあるフライラインの中から自分のロッドに合ったものを選ぶのは、労力的にも資金的にも大変な作業となってしまいます。とくに、始めたばかりのビギナーの方々や通販を利用される方々には大変難しい作業となってしまいます。
AGLシリーズでは、そのロッドにマッチングするフライラインを実名で公開しています。また、製作サイドの我々も随時いろいろなフライラインを試し、マッチングが良いラインは公開することにしています。
*上記の説明は情報公開したフライラインしかマッチしないということではありません。 例えば、遠投には向かないが、渓流釣りなどのような近距離を投げるには最適というラインもあったりします。まずは情報公開したフライラインをお試しいただけると、ロッドの性能をすぐに体感していただけると思います。

4. AGLの具体的な内容とは?
我々はAGLシリーズの企画・開発にあたり、今までのフライロッドの概念や構造を一度白紙に戻しました。具体的に言うと、ガイドやグリップも含めた「こうあるべき」という既存のフライロッドの製作方法を無視することから始めました。同時に、自分たちの頭の中も全く白紙の状態に戻してから開発に取り掛かり、「投げやすいとはどういうことか?」を追求した結果、いちばんはじめに下の画像のMD76Bが完成しました。 文字で書くより下の4枚の画像をご覧いただいたほうが早いと思いますが、ガイドの数や配置が「まったくフライロッドらしくない」と思う方も多いと思います。7フィート半のフライロッドでガイド数は5個となります。これは一般的なフライロッドのガイド数のおよそ半分の数でしかありません。


b0193874_11032772.jpg
b0193874_11025668.jpg
b0193874_11030979.jpg
b0193874_11024126.jpg
このMD76Bはバスバギングロッド(ブラックバス用のフライロッド)としてバスバグテーパーライン(エアセル・バスライン#7/8)に合わせて開発しました。「フロートチューブやカヤックに乗り、岸に向かって獣毛やバルサ、コルクなどで出来ている空気抵抗の大きなバスバグ(バス用フライ)を快適に投げていくには、フォルスキャスト(前後に何度もロッドを振ってラインを出していく行為)をなるべく少なくしたい」というコンセプトの元、試行錯誤してこのデザインにたどり着きました。8フィートバージョンのMS80Bともども、バスバギングでよく使う7~15m前後のワンキャストのしやすさは十分ご満足いただけるロッドとなりました。
また、副産物として通常のウェイトフォワードラインやシューティングヘッドとの相性も良く遠投性能も良いので、湖や管釣りでのトラウトフィッシングも楽しいロッドだと思います。
b0193874_11041374.jpg
上画像:AGLシリーズとバスバグ




*MD76Bのワンキャストの動画


5. AGLシリーズの展開
ライムグリーンカラーのバスバギングロッド2種から開発が始まったAGLシリーズに、オレンジカラーのトラウト&パンフィッシュロッドのLM70TPも加わり、現在では3モデルで展開しています。どれも「投げやすさ」をコンセプトに開発したものです。

このLM70TPは、ほかの二種よりもライトなアクションなので、管釣りや渓流のトラウト、そしてブルーギルや小型のブラックバスなどの引きを十分に楽しんでもらえます。 事実、管釣りや渓流用に購入される方が非常に多いロッドです。 ビギナーの方でも、渓流で多用する3~7mの距離、管釣りのマーカー(浮き)釣りでの5~15m前後の距離もすぐに習得できると思います。 また、本格的なフライキャスティングを覚えれば、27ヤード前後のフルラインキャスティングも楽しんでいただけます。
b0193874_12470892.jpg
b0193874_11121475.jpg
上画像:LM70TPと渓流のヤマメ





*LM70TPの渓流での実釣とキャスティングの動画



6. AGLオーダーラインシリーズ
よりマニアックにAGLシリーズを楽しんでいただけるよう、完全受注生産の「オーダーラインシリーズ」を企画しています。
ブランクは6フィート半 #4、7フィート #4、7フィート#5、7フィート半 #6、8フィート#7の5モデル。ブランクカラーはブラウン、バーガンディー、カーキ、ホワイトの4カラーから選べます。 ガイドはスネークガイドを用いフライロッドらしく数も増やしています(*カリカリのチューニングが良い方には、より抜けの良いワンフットシングルガイドのガイド数最少バージョンも承ります)。 まるで車やバイクのチューニングやカスタマイズのように、リールシートやグリップのデザインそのほかのコスメもお客さんと相談して決めていくスタイルです。
詳細は近いうちにお伝え出来ると思いますので、今しばらくおまちください。

b0193874_11112406.jpg
上画像:オーダーラインのサンプルロッド(フェンウィックデザインとフィリプソンデザイン)


AGLシリーズは当店のホームページにて掲載しております。お問合せやご注文はこちらからお願いいたします。
http://www.c-creek.jp/itemlist65.html


AGLシリーズ取り扱い店舗

A'Z MOTOR CYCLE
〒564-0002
大阪府吹田市岸辺中1-1-6
tel 06-6385-0819
azmc.jp/

Outdoor Division EST
〒344-0064
埼玉県春日部市南3-18-24
tel 080-3414-6362
https://outdoor-est.jimdo.com/

Curtis Creek(カーティスクリーク)
〒371-0116
群馬県前橋市富士見町原之郷951-1
tel 027-289-2307
http://www.c-creek.jp/

b0193874_11110941.jpg


by ccacc99 | 2019-04-16 13:46 | タックル
2017年 09月 28日

サイラフレックス /ZEALグリップ用フェルール

当店オリジナル商品のご紹介。ブローニング・サイラフレックスのグリップやZEALのトリガーレスグリップに適合するアルミ製フェルールです。

b0193874_14142082.jpg

価格は税込みで¥4104です。

b0193874_14144517.jpg
b0193874_14145508.jpg


これを探してた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 一本一本ハンドメイドでアルミから削り出しているので、外観には多少の誤差はございます。内径は数種類ご用意しております。 尚、品切れの際は受注生産となります。予めご了承下さい。

先ほどカーティスクリークヤフー店に掲載いたしました。 サイラフレックスやZEALロッドのオーナーのみなさん、是非ご覧になってみてください!




by ccacc99 | 2017-09-28 14:27 | タックル
2017年 09月 25日

ロングロッド完成

リザーバーでのバス釣り用ロングロッド、完成しました! 長さは6フィート半より少しだけ長くなっています。


b0193874_14143196.jpg
b0193874_14144612.jpg
b0193874_14150131.jpg
b0193874_14151398.jpg

まぁ、画像からは長さは伝わらないと思いますが、このロッドを早く試してみたいですね~! 後でインプレも掲載したいと思います。




by ccacc99 | 2017-09-25 14:21 | タックル
2017年 09月 22日

リザーバー用ロングロッド

過ごしやすい気温となり、いよいよ秋のバス釣りシーズンを迎えますね! みなさん、釣りには行っていますか?

さて、群馬県内のバス釣り事情として、ほとんどの野池が「立ち入り禁止」あるいは「釣り禁止」となってしまった昨今。店主的には自然湖あるいはダム湖といったある程度広さのある「大場所」へ釣行する機会が多くなっています。 そして、それらのフィールドの多くが通常はクリアウォーターである場合がほとんどです。 水が澄んでいて尚且つエレキの音などの影響を考えると、どうしても自然とボートポジションを遠めに(沖めに)とることが多くなります。そこで要求されるのが正確なロングキャスト。 5フィート台、長くても6フィートくらいまでが主流を占めていた店主所有のバスロッドですが、朝から晩まで一日中ロングキャストをキープし続けるのは結構な労力を要します。 「キャスティングがもう少し快適だったら釣りに余裕もでてきて、結果的に釣果に結び付くのでは・・・」 なんて思いが強くなってきました。 高校生の頃、買ったばかりのスーパーストライクGO-102で、軽々とキャスティング繰り返していた友達の姿が脳裏に浮かんできました。

そんなことを考えていた頃、一緒に釣行した同船者が6フィート半のベイトロッドを使っていて、ちょっと投げさせてもらう機会がありました。 キャストに入った途端、バックキャストでロッドが鞭のように撓るのが分かります。フォワードキャストに移ると、今までにないフワっとした投げ心地と思いのほかのロングキャスト性能にビックリ。それまで使っていた6フィートロッドの半分くらいの力でプラグが飛んでいきます。 「友達のGO-102もこんな感じだったのかなぁ~!」「う~ん」と唸りましたね。


・・・ということで現在、ダム湖用のロングロッドを製作中。 お店の隅でずっと売れずに眠っていたスチールヘッドのムーチング用(?)アメリカ製カーボンロッドブランクのティップとバットを「イイ感じ」のところで6フィート半前後にカット。昔のコノロン社のグラスロッドみたいな、ティップ部分が長くバット部がかなり短い変則的な2ピースとなったけど、自分で使うのだからこれでOK!

b0193874_11054792.jpg

ガイドを仮止めして広場でテストキャスト。ガイド位置やガイドの数をいろいろ試行錯誤して、あの「フワっとした投げ心地」にかなり近づきました。 ロングキャスト性も問題なし。



b0193874_11052852.jpg


この秋のシーズンはこのロッドを使い倒したいなぁと思っています。 早く完成させなくちゃ!!




by ccacc99 | 2017-09-22 13:37 | タックル
2017年 03月 03日

NCA Kameglass 4pc Fly Rod

岩手のNCAの工房より、カスタムメイドのフライロッドが到着。 早速荷物を開けると、いつも通りの美しい仕上がりのグラスロッドがお目見え。

b0193874_14464297.jpg
NCA Kameglass 693 4pc


b0193874_14460683.jpg
b0193874_14462314.jpg
お客様のご要望で、リールシートのウッドフィラーはトチの木、ストリッピングガイドは往年のパーフェクション社製ホワイトクッションリングのセラミックガイド。ゴールデンエイジのグラスロッドのテイスト満点!

オーナーのH様、とてもカッコよかったので、納品前にブログで発表しちゃいました、スミマセン(汗)!




by ccacc99 | 2017-03-03 14:53 | タックル
2017年 01月 22日

Garcia Fiberglass Rod その2

ガルシア製グラスロッドのレストアの続報です。 まずはガイドを外し、まるで紙のように劣化しているスレッドをキレイに剥がしていきます。

b0193874_12195149.jpg
b0193874_12205769.jpg
上画像は、各ガイドを外し、劣化したスレッドを除去した状態。スレッドはなるべく慎重に除去し、ブランクに塗られた白い塗装部分が剥がれないように気を付けます。いつも、このように上手くいくといいのですが・・・。


b0193874_12213090.jpg
そして、再度スレッドでガイドを固定していきます。オリジナルに近いカラー、近い太さのスレッドを使用して、巻き方も元の状態になるべく近づけます。 最後にカラープリザーバーで色止めしてからバーニッシュで仕上げます。


店主、こういう仕事、嫌いじゃありません(笑)。 当店では、ロッドの修理レストアなどいつでも承っております。 まずはメール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(027-289-2307)にてお問合せください。





by ccacc99 | 2017-01-22 15:50 | 古典的釣道具
2017年 01月 13日

Garcia Fiberglass Rod

自分のロッドが完成したと思ったら、引き続きオールドロッドのレストアの依頼が入ったので作業してます。

b0193874_12201065.jpg
昔々のガルシア社製スピニングロッド。ブランクはグラスファイバー製。

b0193874_12195149.jpg
レストアのご依頼内容は、各ガイド部のスレッドの劣化がひどいので巻き直してほしいというもの。まずは各ガイドを外し、古いスレッドを除去します。

b0193874_12203242.jpg
ガイドを外した図。これから古いスレッドを除去していきます。 今となっては貴重なロッドなので、なるべくオリジナルに近い感じに仕上げられたらいいなぁ~と思ってます。 *以下、次回に続く。





by ccacc99 | 2017-01-13 12:34 | 古典的釣道具
2017年 01月 09日

My Trout Rods Vol.3


またまたトラウトロッドの続きです。もう一本は、カーボン製の渓流用ベイトロッド。
b0193874_14051067.jpg
5ft6inのワンピース、ウルトラライト。グリップは往年のガルシア製はめ殺しタイプを加工して、ブランクを着脱可能にしました。


b0193874_14050056.jpg
b0193874_14055504.jpg
ガイドはFuji社製チタンSicガイド。PEラインの使用も視野に入れています。


b0193874_14054367.jpg
b0193874_14052910.jpg
ラッピングはガイド部はシースルーですが、バット部のみスレッドをカラープリザーバーで色止め。ちょっとだけ、往年のウィンストン・バンブーロッド風のテイストに。


b0193874_14044755.jpg
アベイルのパーツでチューンした1500cと合わせて楽しもうと思います。今シーズンの渓流釣り、今から楽しみです!


カーティスクリークでは、ロッドの製作や修理・レストアも承っております。ご用命はメール( curtiscreek99@gmail.com )またはお電話(027-289-2307)まで。





by ccacc99 | 2017-01-09 15:20 | タックル
2017年 01月 07日

My Trout Rods Vol.2


昨日の続きになりますが、自作の渓流用トラウト・スピニングロッドです。ブランクはワンピースのカーボン製ウルトラライトアクション。長さは4ft8in。

b0193874_15463958.jpg
はめ殺し式の往年のFujiラバーグリップは着脱式に改造しています。

b0193874_15471974.jpg
ウィンストン社のフライロッド風に、グリーンとレッドのスレッドでバット部を巻きましたが、やっぱり、カラープリザーバーで色止めしました。この方が、ルアーロッドっぽいですね。

b0193874_15464803.jpg
当店のマスコット、アンクルカーチスのマークをバット部中ほどに。


b0193874_15470001.jpg
b0193874_15471088.jpg
ガイドはFuji社のチタンSic。ガイドのラッピングは色止め無しのシースルー・グリーン。

b0193874_15472907.jpg
ラバーグリップを採用することで、1980年代風のテイストになりました。銘木を使用したリールシートにコルクグリップが定番の現代トラウトロッドですが、こういう異端児がいてもいいですよね?


カーティスクリークでは、ロッドの製作や修理・レストアも承っております。メール(curtiscreek99@gmail.com)またはお電話(027-289-2307)までお問合せください。




by ccacc99 | 2017-01-07 16:07 | タックル
2017年 01月 06日

My Trout Rods

新年を迎え、来たるべきシーズンに向けてタックルの準備に余念のない方も多いかと思いますが、そう言う店主も自分のためのロッドを製作したりして、すでに臨戦態勢です(笑)。

かねてから、このブログでもチラチラお話ししてましたが、トラウト釣り解禁に向けて渓流用のスピニングロッドとベイトロッドを製作してみました。

b0193874_19012189.jpg


b0193874_19013052.jpg

b0193874_19013954.jpg
b0193874_19011441.jpg

どちらもワンピースのウルトラライトロッドですが、店主の拘りで、グリップは着脱式に細工してあります。 次回は細部の画像なども交えながらもう少し詳しくご覧いただこうと思います。





by ccacc99 | 2017-01-06 19:11 | タックル